歌の思い出

先日、息子の同級生の家に家族でお呼ばれした時のこと。

そのお宅は、結構お邪魔していて、いつも息子と嫁だけでなく
オレのことも呼んでくれる。
ありがたいことだ。

先日もいつものように、適当にお酒やおつまみを買って伺った。

1階のインターフォンで”今、一階に着きました~”などと催促し
オートロックを解除してもらい、いざ中へ。

たしか、突き当たりがエレベーターだったはず….。
案の定、突き当たりにエレベーターがあり3人で乗り込む。
すると、入り口付近から小走りする夫婦とおぼしきお二人が….。
他人のお家のマンションだからな~。さすがに待つか…..。
しばしエレベーターの開を押しながら待つと
“ありがとうございます”とはっきりした声で男性にお礼をされる。

んっ!?
ん~~~~。誰だっけ?
どこかで聴いた覚えのある声。

記憶の糸を手繰るが思い出せない。
でも、絶対絶対に聴いたことがある声。
でも、わからない。
この時オレは、相当、この人をガン見していたに違いない。
声でわからないなら眼に焼き付けるしかない。
背後から視線をビンビンに感じて彼も相当気まずかっただろう。

しかし…..誰だっけ?

“失礼します”
挨拶をして彼らが先にエレベーターを降りる。
それにしてもキチンとした人だ。

しかし…..誰だっけ?

その後、食事の間もズ~ッと気になって気になって仕方がない。
絶対に知ってる声だ。間違いない。

“あの~、ちょっとこのマンションに有名人とか住んでないですか?”
悩んでも仕方がないので、口火を切ってみる。
“え~と….たしかね~….有名かどうか知らないけど住んでますよ….。
え~とね~。なんか歌うたってる人なのよ~。なんとかってバンドで….”

バンドだぁ~?
誰だぁ~?
“苗字はなんておっしゃるんですか?”

“え~とね~…..はっ、はま、ハマなんとかって言って….ちょっと前に
理事会長してたから。覚えてたんだけど….。え~と….なんだっけな~。”

ハマ~?
ハマなんていなくね?
……….MCハマ~?ちゃうだろ~。黒くないし….。
浜省?って絶対、浜省じゃない。
……………ん!?アッ!、なんかわかった。
オレの脳裏にビシャッときた!!
“浜崎じゃないですか!?浜崎貴司!!フライングキッズの!!”

“そうそう!!!浜崎さん!!浜崎さん!有名なひとなの?”

“有名も何も!!イカ天の初代グランドキングですよ!!”

すでに40を過ぎてるその人はよく分からないご様子。

そう。
オレたちの青春。イカ天。
オレが音楽を始めたのもこの辺がきっかけだ。
フライングキッズといえば、コピーしてたこともあるバンドだ。
みなさんはご存知だろうか?
たぶん、大体の人はフライングキッズといえば後期のフライングキッズの
ことを思い出すようだ。
けど、オレは初期のフライングキッズが好き。
初期のフライングキッズは、よりファンクっぽい。
黒人音楽に日本語詞をのせるというコンセプトがみえる。
1曲選べと言われたら。そんなもん決まってる。
歌の思い出(アルバム”新しき魂の光と道”)だ。
一回聴いてみて頂戴。
YouTubeにはなかったけど。

代わりに”幸せであるように”を貼り付けます(;´Д`)。よ~、わからんけど….。

ともかく、
あ~、今度あったら握手してもらいたいもんだ。
でも、マンションのエレベーターで突然、30過ぎの男に握手求められたら
怪しすぎるか…..

う~ん。



歌の思い出” への4件のコメント

  1. すっかりうろ覚えになってしまったこの曲の歌詞を、手軽にネットで見つけられないものかと検索してこのエントリを読ませていただきました。俺もフライングキッズでどれだと言われれば迷わずこの曲なので、何か嬉しくなってしまってついついコメントを……。

    おいしそうなサンドイッチの情報にも抜け目なく感謝しつつ、これにて失礼します。ではでは。

    • @Kanamey様:

      コメントありがとうございます。
      久々のコメント返信に緊張してしまいます。はい。
      Kanameyさんも『歌の思い出』が一番ですか!?
      うれしいですね~。
      フライングキッズが好きだという人でも、なかなか初期のしかもこの辺の曲を挙げる方って少ないんですよね。
      個人的にはフライングキッズはこの辺のアルバムがピカイチです。後期よりも全然。

      サンドウィッチの件も、お近くのようなら是非一度。
      朝、通りすがりにちょっと違ったものをってのが心を潤しますね。ホント。

  2. 私も歌の思い出が一番すきです。
    先週それが聴きたくなり、中古CD買いました。
    加藤英彦さんすごいです。
    わかる方いまもいて嬉しいです。
    ではおやすみなさい。

  3. 歌の思い出
    があまりにも25年ぶりに聴いても
    よくて、歌の思い
    で検索して、とてもしっくりくる文章を見つけられて、嬉しく、メールしました。
    工藤俊介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です