名前の由来

ブログをやっていて思うんだけど
やっぱり『記事タイトル』とか『ブログ名』とかって非常に大事で、
訪問者数もそれに左右されるみたいね。

そりゃそうだよね。
新規の訪問者のほとんどがgoogleとかyahooで
キーワード検索で来るわけだからね。
SEOってヤツを意識するならば非常に大事だよね。
今まで気にしたことなかったけど。

ただし、ブログ名、記事タイトルって、
全く脈略のないものを付けるのって難しい。
どんなに検索されやすいからって、自分の作ったものと
全く関係ないタイトルをつけることができるかって言ったら
それは無理。
やっぱり自分のモノだから愛着が沸いてきちゃって真剣に
考えちゃうからだと思うんだだけど。
まぁ、実際、名前と内容にあまりにも差があったら
みんな一回来て二回目は無いわけだから、意味無いわな。

だから、
どんなタイトルにも関連する事柄や由来があるわけだね。
それを考えると結構面白くて。
例えば、このブログは『目黒より哀をこめて』という名前だけど
その前身は、『BlockFrogBlog(ブロックフロッグブログ)』という
名前でした。
それこそ由来はなくて、ただの言葉遊び『生麦、生米、生卵』みたいな感じ。
語呂がイイからその名前で始めたんだけど、結局、全く更新せず終いで放置。
んで、ちょうど1年ちょっと前に
『日々のストレスを。愚痴を。膿を。吐き出すためのブログを始めよう』と
思い立って再スタートすることにしたわけです。
二度目はキチンとした動機があったのでこんな風に一年以上も続いているわけです。

それで、再スタートをきるにあたって、ブログ名を変えようと思い立ったわけです。
元々つけてた『BlockFrogBlog』って名前のブログは、世の中に多数あるみたいで
それはどうだろうってこともあって、目黒に住んでるし、愚痴サイトな訳だから
『目黒より哀をこめて』って名前にしたわけです。

これが、このブログの由来です。
恥ずかしながら。

だから、運営者名の『BlockFrog(ブロフロ)』ってのは
オレの本名とは一切関係がないです。
例えば、日本語で石蛙だから本名は石橋さんで蛙みたいな顔したヤツが
運営してんのか?っていうとそんなことはないです。

『由来』を調べていると、やっぱり面白いのが企業名。
どの会社も必ず由来があります。
有名なトコだと、

・バンダイ…….もともとは萬代屋ってのが旧社名で、
          中国兵法書の『萬代不易』(永久に変わらないもの)
          ってのが由来

・ブリヂストン………創業者が石橋正三郎さんで、石橋を逆さにして
             ブリッジ(橋)、ストーン(石)

・サントリー………..寿屋洋酒店時代の赤玉ポートワインに描かれた
             『日の出』ラベルの(サン)と創業者『鳥井伸治郎』の
             (トリイ)をあわせたもの。

などなど。
調べてみればキリがない感じ。
一度、イロイロ調べてみると面白いと思います。
ウンチクにもなるし。

んで、話は戻ってタイトルってできるだけ内容にあってたほうが
いいわけでしょ。
しかも、できるだけ分かり易くてインパクトのあるヤツ。

例えば、弁当屋だったら『株式会社てんこもり』とかね?

超ボリュームありそう。
んで、揚げ物とかガッツリ入ってそう。

オレが弁当屋やるなら、この名前にするなぁ~。
実際にあったりしてね。てんこもりって会社。

でも、電話に出るとき

『はい。てんこもりでございます!』

とか元気に出るのちょっとキツイな(;´Д`)

カワイイ女子社員雇って

『はい。てんこもりの佐藤でございます!』

って言わせてみるとか…..。
おぉ~~。ちょっとしたプレイみたいなもんだな。
『ちょっと、もっと元気に言ってみ!』みたいな。
『佐藤さん。君の何がてんこもりなんだ!?』みたいな。言葉攻め。

あ~、アホか。オレは…..(;´Д`)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です