上野動物園とパンダ

昨日は嫁方のお墓のある根津のお寺へお参りに。
こういう年中行事ってのは非常にメンドクサイけど、
やっぱり先祖は大事にしなくちゃね。

チャッチャッと仕事をこなし、
帰りは上野駅まで散歩して帰るかということに。
トボトボと歩いていると、
上野動物園付近が普段よりもガヤガヤしています。
なんだ?なんだ?と覗いてみると、なんと!開園記念日のため終日無料。

ツイてる。やっぱり先祖は大切にすべきだなぁ~。

とはいえ、観たいか?と聞かれれば『どっちでもいいです』と
答える程度のモチベーション具合。
別に動物なんか観たくありません。

三人で顔を見合わせて
『じゃ、無料だし、ショートカットがてら入ってみるか』
ということになりました。
わざわざ遠方から上野動物園に来た方にとってみれば、
なんとも失礼極まりない話ですが…..。

入園してみると、まぁそれなりに混雑しています。
入って早々にキリンがいて、それに続いてサイ、カバ、小動物館などなど
さすがは、成り行きで入園しただけあって工程が次々と消化していきます。
スゴイ瞬発力。
そのままズンズン西園から東園へと進みます。

カピバラ、バク、ニホンザル、ゾウ。
だいぶ表門の出口も近づいてきました。

さらに、そのまま進みます。
プレーリードッグ、リス、パンダ。

パンダ……..。

パンダ?

こいつが問題でした。
流行りモノ好きの嫁。
パンダと、それを観るための長蛇の列を観た瞬間に
火がつきました。

(嫁)『パンダ観るわよ』

えっ!?
でたぁ~~!鶴の一声。
我が家は嫁が『白』と言えば黒いモノも白になる家です。
無論、僕も息子も快諾せざるを得ません。

列の最後尾に掲げられているボードを確認すると、

『パンダご鑑賞まで約30分』

の文字が。

数多くの動物を鑑賞しながら
ここまで30分で駆け抜けて来た動物園。
たった一匹のパンダのために、
同じだけの時間を費やすのです。

費用対効果を考えるに、
それはそれはイイものを見せてくれるに違いありません。

寒空の下、列は進みやっとのことで我らの番です。
全然、興味だった息子も費やした時間の元を取り返すべく

『やっときたぁ~!パンダ見てぇ~!』

っと自分を奮い立たせ血気盛んに叫びます。
そして……….
そして、ついにパンダが我らの眼前に姿を現したのです!



120320_161922.jpg

(;´Д`)・・・・・・・

(息子)『お父さん。お父さん。見て!ほらっ!見て!
     パンダ寝てるよ!』

息子よ。お前必死だな………..。元を取り返すことに。
ある意味、エライぞ。

いつもそう。
いつもそうです。
パンダを見るとき、あいつらはいつだって

寝てやがる………..(;´Д`)

これだけ必死に並び、やっと見れたと思ったら
携帯のノーマルズームでは拡大できないくらい奥で、
ピクリともせず寝そべっている姿ばかり。

相当Mっ気のあるヤツじゃなくちゃ割が合いません。

みんな何故にパンダを見るために並ぶのでしょうか?
ほとんどの場合、いつだって奥で寝てるのに。
みんな、同じような仕打ちに合っているはずなのに

『かわいい~』

これがですか?
こんなピクリとも動かず、死んでるのかどうかも分からない
白黒の動物のドコがカワイイんでしょうか?
僕には皆目検討がつきません。

パンダよ。
あんま調子のんな!!コラッ!ヽ(`Д´)ノ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です