我が家の認可保育園入園事情

先週、2月15日に2013年度の
目黒区内認可保育園の選考結果が発表された。

これに向けて、かなりスケジュールと戦略を練りに練ってきた
我が家は無難というか無事というか
予定通り第一希望の保育園に内定することができた。

最近は何人の応募があって何番目だったというのを
教えてくれるらしく我が家も聞いてみたのだが、
具体的な明言は避けるが、400幾人中40幾番であった。

細かい話になるので、保活(保育園活動)したことない方には
チンプンカンプンな話になりますが、
まぁ、ネタ作り程度にお付き合い下さい。

昨年、区を訪れ担当者に話を聞いたところ
2012年度の実績としては、
『42点を持っている家庭は全て第一希望園に入所できた』
とのことだった。

なるほど。

通常、両親共働き、共に正社員で毎日8時間以上働いている
場合、各人20点ずつ計40点を1家庭で持つことになる。
例えば母親がパートの場合はちょっと点数が低くなるわけである。
これがベースで、ここから様々な状況が加味されていくわけだ。
両親の親が近くに住んでるとか。
医療従事者であるとか。
家庭内年収が低い、高いとか。
ただし、これが明確に点数になることはない。

でも、安全圏は42点。40点では2点足らない。
では、残りの2点はどうやって獲得するのか?
他の方法でも点数を獲得する方法があるが、
一般的な家庭が残り2点を獲得するための
ベーシックな方法は一つしかない。

『認可外でもなんでも構わないので
今年度のうちに前もって保育園に子供を預けておく』

ということだ。

この『現在も預けている』という状況で
2点プラスされ、この2点が非常に大きい。
ほとんどの家庭が40点なわけだからね。

もうホントに仕事に復帰しなくちゃならないので
なんでもいいから、ドコかに預かってもらってるんですよ。
っという状況作りが必要なわけである。

これがホントにポイントで、4月に認可保育園に
入所するためには必須条件だと我が家では考えている。

そのためには、いくつかの痛みを伴う。

(1)まだ育休が残っていたとしても
   それを捨てて職場復帰する奥さんの覚悟が必要。

(2)高い保育料を払い認可外保育園へ預ける覚悟が必要。

(2)に関しては、3月までだからガマンガマンと思えば
なんとかなるとして、(1)は結構な覚悟が必要である。
中古マンション購入と同じで即決が求められるからだ。

『今日空きが出ました。入園するなら
 即保育料の振込みをお願いします。』

『はい。今日中に振り込みますので、
 お願いします』

このくらいのスピード感が必要なのである。
このスピード感で何ヶ月も休んでいた職場への復帰を
決断しなくてはならない。
これが、なかなかできそうでできないのである。

我が家は、あらかじめ腹を決めていたので
嫁が即答し、その日に振込みし無事翌月からの
入園が決定したのだ。昨年の11月15日の話である。

順序が逆になるが、そこから職場へ対して
来月から復帰したい旨を伝えることとなる。
職場のほうだって、急に言われてもってことになるが
そこはゴリ押しするしかない。

子供だって大変だ。
生後数ヶ月で突然どこぞの知らない人に預けられることに
なるわけだから。

11月15日に決断し、12月1日には復帰。
その間、わずか15日間しかない。
その15日間で気持ちの整理から
保育園の準備まで全て済ませないといけない。

でも、そこまで無理をしないと
認可保育園には入園できないという状況が
東京にはあるのだ。

12月に復帰後は受託証明を保育園から出してもらい
1月の選考前までに区に出せば晴れて42点獲得となる。
これで、まぁ第一希望園に入所できるかどうかは
定かではないが、少なくとも第2、第3、もしかしたら第4に
なるかもしれないが認可保育園へは入園はできるはずなのだ。

ウチの嫁のママ友さんの中でも、
この状況を甘く見ていた方々がいて、

『厳しいとか言うけど、二人とも働いていれば
 入園できるわよねぇ。大丈夫よ』

なんて言ってらっしゃった方々はことごとく
落選し、4月から預けるところがなく、
あまりの想定外の事態に混乱し泣きじゃくっていた。
2月15日の夜、ウチの嫁の電話が鳴り続け、
電話口でずっと慰め続けている姿を目撃した。

もちろん、一番目に電話されてきた方には
快く今息子を通わせている認可外保育園を
お伝えして、スグ電話してウチが抜ける一枠を
押さえるようにオススメしましたが。

そのくらい都内の認可保育園入園は
狭き門なのである。

街を歩いていると、ボロボロの大きな箱型の車に
同じ色の帽子をカブらされ乗せられている幼児を
目撃したことがある方もいらっしゃるだろう。

その姿をみて大抵の方は『不憫だな』と
思われるだろう。

しかし、実はそうではなく、
彼らは狭き門をくぐりぬけた選ばれし者達なのである。
つまり、ニッチな世界では憧れの存在と言えるわけだ。

そう考えると、あのボロボロの帽子も
王様の王冠に見えなくもない気がしないでもなくなくない…..。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です