『3周年』

本日で、この拙ブログも3周年を迎えることができました。

毎年申し上げていますが、

『いつまで続くのやら』

と思いながら早3年ということになります。
ホントに早いです。

昨年後半あたりからグッと更新頻度が落ちてしまいましたが、
なんとかズルズルと更新できているという感じ。

やはり、3年も経つとさすがにネタが尽きてくるというか
いままでよくもまぁ、毎日のように更新してたなぁっと
自分自身に感心してしまうというか。
それにしてもどうでもイイことをダラダラとよくもまぁ
考えてたなぁというか。

ブログをやっている人、特にテーマ無しのブログを
やっている人は同じように分かってもらえると思うんですが、
最初は更新することが楽しくて、
身の周りのことをただ単純に更新するって
スタイルでバンバンやってくわけですね。

んで、ある程度慣れてくると、単純に更新することに
飽きてきてしまい、ちょっと内容を吟味するように
なってくるわけです。
ちょっとでも読んでもらえるように面白くしようとしたり、
話の流れなんかも吟味し始めるわけです。
コレを超えるとちょっと更新が厳しくなってくるわけです。

・更新したいけどネタが無い。
・なんとか書いてみたけどいまいちなのでお蔵入り。

こんなことを繰り返すようになる。

んで、更新が滞る。
挙句、どうでもよくなってきてゴーストブログ化。

大体こんな感じの流れになります。

今、このブログはまさしく最終段階に入っているとこでして、
ココを乗り越えなくてはゴーストブログ化してしまうでしょう。

ってことで、更新頻度は落ちたものの
なんとか定期的に更新を続けることだけは
忘れずにやっている感じであります。

ホントは初心に戻って、身の周りのことを頻繁に
更新するってのがイインでしょうけどね。
これだけSNSがあるのにブログで、そんな細かいこと書かなくてもねぇ
って気持ちになってしまうわけです。

ブログを読み返してみると
去年2周年を迎えたときの更新で、
僕は以下のようなことをを書いています。

尊敬する倉本聰さん曰く、

『物を作る人間には、
 ふっと神様が降りてきてくれる瞬間があるような気がします。
 でも、その前に技術は磨いておかないといけません。
 ひらめいたときに、それを具体化する能力を、
 技術として持っていないといけないでしょうね。』

私は、そんな大そうなモノじゃありませんが、
そんな能力の無い私にも、フッと神様が降りてきて
大変素晴らしいモノを作らせてくれることが
いつかあるかもしれません。

このブログのように、日々何かを表現している限り
それが素晴らしいモノ、ゴミみたいなモノに関係なく
平等に神様が舞い降りてくる可能性がある。

その時のために、技術というより、
表現するスペースを確保すべくコツコツと更新を続けていこうと思います。

我ながら良いことを書いてますねぇ。
まさしくそのとおり。
いつか大当たりをひくためにコツコツと打ち続けなくては
いけないのです。
なにかしら起こすためには、起こすための場所を
作っておかなくてはならないのです。

まさしくそのとおり。

今年もそのつもりで継続していこうと思います。

昨年の更新で、16,000ヒットということになっております。
今年はどうかというと29,000弱のヒットということで、
今年一年で13,000も見ていただいているということになります。

昨年、ずっと居候させていただいていたFC2ブログさんから
レンタルサーバーを借りてWordpressでの運営にお引越ししました。
ただの思いつき&きまぐれ&Wordpressの勉強。
それと、独自ドメインへの憧れの力が大きかったです。
URLを変更すれば間違いなく訪問数が落ちるだろうなぁ
っと思っていたので13,000というのはホントにありがたい話です。
こんなミもフタもないブログのために
わざわざ時間をさいてお越しいただいているってことですから。
この場を借りてお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。

また、FC2の頃から、毎回更新のたびに
拍手ボタンを押してくださる方がいらっしゃって、
引越した後もわざわざ訪問してくださって
また拍手ボタンを毎回押してくださってることに
ホントにビックリしている次第です。

この人もほぼ3周年ってことになりますね。
このブログとお付き合い頂いて。

こんな嬉しいことはない。
ブロガー冥利に尽きると思います。

この場を借りて、この方にもお礼を。
本当にありがとうございます。

まとまり無く書いてしまいましたが、
今年もノンビリとただ止めることなく継続していこうと
思いますので、変わらぬ御贔屓の程、何卒宜しくお願い申し上げます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です