喫茶店で昼食を。

最近、昼飯を喫茶店で食べることが多い。

カフェじゃないよ。『喫茶店』ね。喫茶店。

以前は、
『メシを喫茶店なんかで食べるか』ってな感じで、
誰かに誘われない限り、コーヒーを飲むくらいならともかく
メシを食べるという感覚は全くなかった。
もし、行くとしても例えばラーメンを食べた後、
コーヒーを飲みに行くといった感じ。

喫茶店メシに偏見を持っていたのである。

ところが最近は、その逆で喫茶店メシムーヴメントが
オレの中で起こっているようだ。

なんだろうなぁ。歳とったからかな。

最近、ど~もラーメン屋とかファストフード(牛丼とかね)の
慌しい感じが好きじゃない。

ラーメン屋も随分お高くとまり始めたもんだ。
大体いつからだろうか?あの感じは。

店内に入ったら頭にタオル巻いた若い兄ちゃんが
ドスのきいた声で「っらっしゃい!」なんて言って、
カウンターに座って『ラーメン』って注文すると、
ラーメンの味の濃い薄いだの、
脂の具合だの、麺の固さだのいろいろと尋ねられて
カウンター越しに出来上がるのをジ~ッと待って
やっと出てきたらば、勝負でもしているかのように
黙々とラーメンをススリ、食べ終えたら足早に
『ごちそうさま』なんて言って店を後にする…….。

えっ!?ラーメンって、そんなんでしたっけ?
ラーメンって、そんなストイックな感じでしたっけ?

僕の知ってる昔懐かしのラーメン屋といえば、
店内に入ったら、注文よりも先に、端の折れ曲がった
蒸気なんだか汁なんだかわからんけど、何かしらの原因で
フニャフニャになったジャンプ or マガジン、それの頭に
ヤング~を付けてもいいけど。
まず、それを手に取ってカウンターに座って
『ラーメン』と注文するスキームだったはずだ。

んで、おっちゃんが『っあいよ!』とか言って、
作ってる間も黙々と漫画を読み続けるわけだ。

『はい!お待ち!』

っとラーメンが出てきたら黙々とラーメンを食べるなんてこと
しないですよ。
ラーメン+漫画。50%50%。
ラーメン食べにきてんだか、漫画読みにきてんだか
分かんないレベルの状況。

そんなもんだったんですよ。たしか。
ストイックなんて言葉の反対方向にあったはずなのに
いつの間にやら、なんか大変な事になっちゃってて。

どのラーメン屋に行ってもそんな感じで、
全然落ち着かない。

そんな状況に嫌気がさしてきたんだなぁ。たぶん。
昼飯ゆっくり食べたいじゃないですか。やっぱり。

ってことで、喫茶店メシがマイブームなわけである。
喫茶店メシが好きというよりは、消去法で喫茶店に
行ってるって行った方がいいのかもしれないけども。

カフェじゃダメですよ。カフェじゃ。
それとチェーン店もダメね。
落ち着かないからね。
昔ながらのオジサンとオバサンで切り盛りしてるような
トコじゃないと。

チェーン店のコーヒーショップは落ち着かないよね。
例えば、某○○ールとかね。
あの椅子の角度と、腰掛部分の浅さ。
仕方ないんだけどね。彼らからすれば客の回転させてナンボだから。
一杯¥190だもの。長居されちゃ困る。

話を本線に戻して。
店に入ったら、真っ先にソファ席に座る。
片方がソファでもう片方がイスの席とかだったら
確実にソファの方。

んで、
『ナポリタン』

もう、最近はもっぱらナポリタン。ず~~っとナポリタン。
Aランチのショウガ焼きもいいけどね。
やっぱり片手で食べられるスパゲティ系統がいい。
なぜなら、
もう片方の手で文庫本を持たなくてはならないからね。

ナポリタンと文庫本、50%50%

平日の昼休み、このパワーバランスがちょうどいい。
しかし、
喫茶店と本はホントに相性がいいなぁっと思うわけです。



喫茶店で昼食を。” への2件のコメント

  1. 田舎の喫茶店の雰囲気が良いのは納得です。私も休日の朝なんかに家の近くの喫茶店に行くと、田んぼに行く前に一息入れようと周囲の爺様たちが擦り切れた服着て首からタオルを引っ提げて、新聞片手にタバコを吸っておられます。あ~休日ってこうだよなぁと思いながら、私はスマホでYahooニュースを見ながらコーヒーを飲み、モーニングサービスのサラダやパンを食べるわけです。極楽。
    ただ、平日の昼休みに喫茶店は、ちょっと時間的にきつくないですか?1時間程度しかありませんし、職場離れて喫茶店行って文庫本読んでたら、午後の勤務時間に間に合わない気が。

    • @Crow様:
      コメントありがとうございます。
      モーニングいいですよね~。
      ゆっくりした空気の流れがたまらないですね。
      そういう意味で昼休みの喫茶店はたしかに時間的に窮屈です。
      でも、せかせか食べて仕事に戻るとリセットした感じがしないんですよね。
      状況にもよりますが、僕は1時間でもゆっくりしたい派です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です