金八先生と大人の余裕

※以下の文章はツイッターに呟いたことを
チョコッと再構成したものです。

先日、財布を忘れた時の事。

つくづく便利な世の中になったものだと思う。
財布を忘れた事に全く気付かず会社に着き
仕事をしていてコーヒーでも買おうとバッグを
確認した時に初めて気づいた。
わずか35円とPASMO、nanacoが
入っている小銭入れ。
それは持っていたのでPASMOで通勤し
nanacoで朝飯を買った。
そして、財布の無い今からもLAWSONで
PASMOを使って昼飯を買い、
何不自由なくこのまま一日を過ごすだろう。

財布を忘れても何不自由なく過ごせる世の中。
便利だけど、やっぱりちょっと恐い。
これだけ便利だと人は退化するよね。絶対。
いつか道具に人間がつぶされる。

っていうか、既に潰されてたな。
LINEのメッセージを読んでんのに
返信しないとかそんなことで自殺しちゃったり
してるわけだから。人が作った便利な道具の
せいで既に人が潰されてた。
なんか歪んでるなぁ。

まぁ、それは置いといて。

いや~、しかし財布忘れて別に不便が
無いとはいえ丸腰ってのは若干不安なもんだ。

だって手元にはPASMOとnanacoと
数十円しかないんだよ。怖いじゃん。ど~すんだよ。
帰りに夜道でオヤジ狩りに遭ったら。
ど~やってそのシチュエーションを乗り越えんだよ。
「おっさん金出せよ!」って言われて
「これしかないっす」って35円出すのか?
それ状況悪くするだけだろ?

「おいっ!オッサンなめてんのか!ジャンプしろ!」
っと脅されて
「すいません。今日財布忘れてこれしかないんです」
とか返したらタコ殴りにされるぞ。
せめて狩られたら狩ったヤツの希望に
応えるくらいは持ってないと。
おっさんらしく。「コレ持って行きたまえ」みたいな。

つか、もうオヤジ狩りされる歳になってきたなぁ~。
悲しいけど、これが現実なのよねぇ。

カッコ悪いって声が聞こえてきますがね。
実際問題、突然後ろから飛び蹴りされて
振り返ったら十代後半の若者たちが5人も居たら
「勝てない」って思うよ。絶対。
んなの、無理するよりカッコ悪くても
一番無難な道を選ぶのが正解だって。
世の中何も悪くないホームレスの方々が
何人犠牲になってると思う?学ばないと。

そんなヤサグレた彼らの大半は、それから数年経って
結婚して家庭を持って、そのうえ子供ができたら
家族のために一生懸命働き始めるんだって。
そんないつまでも悪い奴なんて一握りなんだよ。
だから彼等のためにも無難にその場を納めるのが得策。
カッコつけて殺されたら。
いや、殺させちゃったら彼等の人生に悪い。

そこまで読み込まめないと大人とは言わない。
っと僕は思いますがいかがですか?

そう考えるとさ。我がリスペクトする金八先生とかさ。
やっぱり、ちょっと違うかな?って思っちゃうよね。
だって、思春期真っ只中の10代の少年少女を
自分の思い描く理想の10代の型にはめるべく
孤軍奮闘するわけでしょ。
「違う!お前そうじゃない!」ってさ。
嫌がられてもしつこく説き伏せるわけでしょ。

今、こうして30代後半になってみて思うことは
彼等には彼等なりの言い分があって、
いろいろと回り道したり、時には警察のお世話になる
ような悪いことしたりもするわけだけど。
自分の経験上、さっき言ったたとおり、
歳行けばそれなりに落ち着いてきて
それなりやっていくわけで。

金八みたいにグイグイ短期間で軌道修正させるのは
やっぱり大人のエゴっていうか、
マスターベーションでしかないと思うな。そこだよね。
大人に余裕がなくなって中長期的に子供の動向を
見てやれなくなったのが問題なんじゃないかと。
別に中学時代じゃなく20歳超えてからでも
マトモになればいいじゃんね。

余裕のない大人が多くなったっていうか、
そんな大人を生み出す世の中にシステムに
なったっていうか。
尊敬する倉本聰さんの「一寸引き」話じゃないけど、
即席の時代に入ってみんなが結果を
すぐに求めすぎるっていうのか。

まぁもう少し様子見ましょうよって思えば
なんとでもなるよね。子供に対して。
なにも殺さなくてもいいし。
適当にやらしときゃいいんだよ。
大人なんだから。バカバカしいよね。
殺した。殺されたって。子供と大人が殺しあってさ。

また理想論掲げちゃったよ。すいません。
そんなうまくいくかってね。
うまくいくわけないよね。そんなん。

でも、この理想って僕にとっては
ホントに目標とするところで。
自分の思い描く理想の大人ってコレだなって思う。

会社の上司でもキリキリとホウレンソウを要求して
何でも自分でジャッジしないと気がすまない人
っているでしょ?
そういう人のもとで優秀な人材は育たない。
なんでもお伺いをたてて仕事を進める人間しか
育たない。

それに対して、ある程度余裕をもっていい意味で
適当に管理している上司のもとの部下ってのは
自分で判断して動ける人材が育つ。これ間違いない。

ウチの会社にも掃き溜めみたいな部署があって、
この部署には各部が「ダメの烙印」を押した社員が
集まってくる。ここの部長がとても器のデカい男でさ。
なんでも彼らに任せちゃう。
結果、時間はかかってもいつのまにやら
ダメの烙印をおされた社員たちがガンガン仕事を
回すようになってる。いつのまにやら。
つか、なにが一番凄いって。ここ数年、
この部署から辞めた人間がいないってこと。
これってスゴイことなんだよ。
会社にとって数年働いてフェイドアウトされるほど
不利益なことないわけで。
その社員がデキるデキないに関係なく。

今の大人に欠けてることって「時間」なんだな。たぶん。
「待つ余裕」っていうか。まさしく大人の余裕っていうか。
そしてそれこそ必要なものなんじゃないかと。

神経質にすぐに目くじらを立てる世の中だけど。
例えば「差別だ!」とかさ。ちょっとした事でも
本人たちより周りの第三者がピリピリと
過剰反応しちゃって。味噌クソ関係なく騒ぎ立てる。
別に笑って済ませりゃいいんじゃないかと思う。
当事者が対して気にしてないなら。
こちらも笑ってあちらも笑って。適当に。程々に。
そこに差別はあったとしても差別で傷付く人がいなけりゃ
何もないのと同じこと。

皆が精神的余裕のある世の中。
理想ですけどね。あくまで理想。



金八先生と大人の余裕” への2件のコメント

  1. ある程度、即効性のある教え方とか管理して押しつける、と言うのは付け焼刃にしかならないと思いますよね(^_^)

    結局は、自分が経験・体感して納得したモノだけが残っていく気がします。

    仰るとおり、時間の流れが速すぎるんでしょうね。仕事に対しても、人に対しても、結果を求めるのが。

    人ももっと自由に転職などをして、好きなコトや適ったコトを探したら良いと思いますけれど、それを許さない環境がなんとも笑

    自分の歳ですら、そう感じるのですから更に上の世代の方々となると、新しいコトに挑戦するにはかなりの勇気がいると思うのですけど、一歩踏み出してみると意外と思っている程厳しくなかったりするモノだと思います。

    上の方々の世代的な考え方は、また違っているのかもしれませんが。

    • @etre様:
      コメントありがとうございます。
      広く考えてしまうと、なかなか結論出すのは難しいですが
      個人的には平たく言えば、「懐の深い」大人になりたいなと思います。
      あくまで理想ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です