中学受験とネガティブイメージ

「中学受験」と聞くと、
それだけでネガティブに捉えてしまう人もいると思います。
実は僕もそう。そして今でも若干そうです。

ですが、片足というか両足を完全に突っ込んでしまっているので
間髪入れずに眉をひそめる訳にはいきません。
いやいやながら、意を決して、恐る恐る、歯を食いしばって、
「中学受験」に関して少し考えてみました。

では、まず「中学受験」と聞いて、
あまり良いイメージを持たない人がいる理由はなんでしょうか?

「子供に勉強ばかりさせて」
「子供には勉強だけじゃなく、他のこともさせなきゃ」
「体を動かすことも大事」
「そう。そう。スポーツとか」
「うちの子は勉強はからっきしだけど
 サッカーが大好き。毎日遅くまでサッカーの練習してる」
「大体、中学受験なんてお金持ちのすること」
「そうそう。私立中学なんてものすごくお金がかかるんだから」
「いいよね。お金持ちは。ウチだってお金があれば
 中学受験させて中高一貫の学校に入れたいよ」

「お金持ちが親のステータスのために
 無理やり子供に勉強をさせて私立中学にいれる」

こんな感じでしょうか。
まさしく最後のコメントが全てを要約している気がします。

「金にモノを言わせて子供に無理やり勉強する事を強いている」

はい。まさしく僕のイメージもその通りでした。
今も他人様からそう見られることが嫌です。

これが中学受験に対してネガティブなイメージをもっている方々の
大多数の意見な気がします。
地方出身で「小中高と町立県立校に行くことが正義」のように
育った僕はずっとそう思っていて、子供が3年生の時に
嫁が持ってきた中学受験話にも眉をひそめていました。

しかし、実際、小学校高学年の子供を持つ今の立場に
立ってみると、それは少々偏ったモノの見方だったなっと
気づきます。

まず、お金の事です。

中学受験をし希望の中学に合格するには
相当量の勉強をしなくてはなりません。
たしかに塾に行かず自分で猛勉強して合格するという
こともありますが、それは非常に稀なケースです。
大概は塾に行き、プロのテクニックで頭に叩き込んでもらい
受験することになります。
そういった意味で、お金はかかります。
少しではありません。結構大金がかかります。

しかし!、「大金ではあるけど払えない額ではない」
というのが実際の所です。

お父さんの大好きな毎日のビールを我慢すれば、
タバコを止めれば、パチンコを止めれば、
もう少し家全体で生活費を節約すれば
「払えなくはない」という額です。

聞いた瞬間に「はい。無理~」となる額では
ありません。それはイメージでしかない。

ただし、受験して私立に合格した場合は
話が変わると思います。
私立中学の学費というのは
ちょっとがんばって節約すれば払えるって
レベルのもんではないです。

そこはハッキリ申し上げておきたい。
私立中学の学費は高いです。

子供を私立中学に入学させるということは
親もそれなりの覚悟をしておかなくてはなりません。
なぜなら、学校は6年間というロングタームなわけで
「はい。もう限界です。支払えないので辞めます」
と、塾やその他の習い事のようにおいそれと
リセットボタンは押せません。
子供の一生がかかってますから。

ですから子供を私立に行かせるということは
それ相応の覚悟を決めておかなければ
ならないということです。

この部分が中学受験の
ネガティブイメージの根源でしょう。
「金持ちじゃないと無理」という。
それが実はそうじゃないのです。

中学受験をする理由は様々ですが、
なかでも中高一貫教育であるということを
挙げられる人が多いのではないでしょうか。

高校受験が無いため、3年+3年と刻まず
6年通期のスケジュールで学習カリキュラムが
進められるということです。

つまり中高一貫であればイイわけです。

であれば、無理に私立に行かなくても
公立の中高一貫校というものがあります。
これは実際子供を持つ立場に立ってみないと
あまり知らない方が多いかもしれません。
僕もそうでした。

中学受験には2方向あります。
私立中学受験と公立中学受験です。
公立中高一貫校は私立と同じように
受験をして合格した子供たちだけが
入学できるわけですが、
いわゆる各地域にある公立中学と
同じように中学3年間の学費は無料です。
高校になると公立の高校と同じように
学費がかかるようになるわけです。

つまり、中学受験はお金持ちしかできない
わけではないということです。

この段階で
「あ~、そうなの?」
という人がいるんじゃないかと思います。
そういうことなんです。
お高いイメージが払拭されるんじゃないかと思います。

では、次。
「子供に勉強を強いる」というイメージ。

これは正直言って少なからずあると思います。
自ら率先して机に向かう子供がそんな多くいる
わけがないですから。
「強いる」事があると思います。

しかし、コレ。
所属しているサッカーチームの練習が嫌で嫌で
今日は休みたいと言っている自分の子供に
「怠けるな!頑張れ!頑張れ!」と叱咤することと
どこか違うでしょうか?
同じじゃないですか?

やってることが、勉強か、スポーツか、
その違いだけです。同じことなんです。

中学受験をする家庭の親の感覚としては
自分の子供がサッカーの練習を毎日
遅くまで頑張って、親はそれを支え
親子で優勝を目指す事と同じ感覚なんです。

スポーツをがむしゃらに頑張っている子供と
机に向かいコツコツと勉強をしている子供で
どうしても前者のイメージの方が良い。
コレは仕方ないことです。

ですが、先に申し上げたとおり
親子の感覚はスポーツで優勝を目指す事と
同じなんです。
別に椅子に縛り付けて勉強を強いている
わけではないということです。
これは単なるイメージに過ぎないということです。

いろんな方から聞かれます。

「なぜ、そこまでして中学受験させるの?」

今まで前述した中高一貫とか安心だとか言って、
お茶を濁してきましたが、
正直な話、クリティカルな理由なんて無いです。
これがホントに正直なところです。
乗りかかった船的にココまで来てしまいました。

この数年間、子供に「止めるか?」と何度も問いかけ、
そのたび「いや、やめない」と。
「今回ばかりはもうダメだ。もう止めよう。なっ?」
「いや、まだガンバれる。止めない」と
何度も同じような問答を繰り返してきました。

ココに来て感じることは我が家にとって
中学受験の理由とは
「希望の学校に入り、こんな事をやりたい」
ということではなく、
親子でサッカーや野球を頑張っている家庭と
同じように
「それを成し遂げようと
 一つの事に向かって親子で頑張ること」
であった気がします。

まだ本番になっていないので
最終的にどうなるかは分かりませんが、
我々が目標としていたことは
結果ではなくプロセスだったように思うのです。

プロセスが大事とかそういう甘っちょろい事を
言いたいんじゃありません。
最終的に合格しなくては意味が無いと
僕は考えています。
ただ、受験する理由はなんだったか?と
理由を考えた時、それが一番しっくり来るなって
事です。

ココからまだ2ヶ月間最後の
追い込みの時期になります。
まだまだこれからです。

全てが終了したら、これからチャレンジされる方に
少しでも参考になるように詳細をまとめた記事を
素人であるただの一人の親として正直な気持ち、
受験におけるスケジュールの流れ、金銭面などなどを
洗いざらい書いてしまおうと思っています。
(僕もいろいろ探したんですがあまり無いんですよね。)

息子のラストスパートに期待したいものです。



反抗期と良い大人

フジテレビ系列で放映されていた
『続・最後から二番目の恋』が先日6月26日に終了しました。

タイトルの通り最後から二番目の恋シリーズの続編で
このドラマの雰囲気が好きでシーズン1のころから見ています。
このドラマの良い所は「何も起きない」所。
とにかく、毎回何も起きない。いやっ、正確に言えば細かい事件は
毎回起こっているのだれども、デカい物語の柱となるような
出来事はまるでない。
毎回、細かい事件が起こり、ゆっくりとその出来事が流れていくだけ。
アニメで言えば「サザエさん」や「ちびまる子ちゃん」のような感じ。

そこがイイのです。。そのマッタリした空気が。

そして、毎回、中井貴一扮する長倉和平が発する
何とも味のある枯れた大人の一言がたまらない。

その名言の中で僕が「なるほど。コレが理由だったのかもな」
っと自分の中でシックリハマったセリフがあったので
一つご紹介したいと思います。

以下、劇中のセリフを文字に起こしたものです。

(以下、引用)

和平:自由を求めるとか、常識に反抗するとか、
   体制に反抗するとか、ちょっとカッコいいじゃないですか。
   うらやましいっていうより……なんか、
   憧れがあるのかもしれませんね。
   …….でも、私にはできないって思ってます。

千明:ふ~ん。っで、その私にはできないってのは
   若い頃からそう思ってたんですか?

和平:はい

千明:へぇ~

和平:いや、同級生が先生に反抗してね、
   なんか「大人になんかなりたくねぇやっ!」
   なんて言ってる時期に私は早く大人になりたいって
   思ってましたからね。

千明:へぇ~

和平:まぁ、両親が早く亡くなって兄弟の面倒も
   見なきゃいけなかったから

千明:ん~、そうか…

和平:ん~、なんか、そんな「自由とは!」とか
   「反抗してやるんだ!」みたいなこと考えてる
   暇も余裕もなかったしねぇ…..
   それに親戚とか…..ん~、こないだ話したおばさん。

千明:あっ!五千円の!ww

和平:そう!五千円の!ww

和平:この鎌倉の近所の大人たちにホントによくしてもらってね。
   助けてもらってね。ん~…….アレすかねぇ….
   イイ大人ばかり見てたからですかねぇ….
   早く大人になりたいって思ってました。
    ……….いやっ、あなたがアレですよ!

千明:なんですか?

和平:バイクで峠を攻めてる頃ですよ!www

千明:攻めてませんよ!www 峠は!

和平:峠はwww、じゃ、アレだっ!アレ!学校の校舎の窓ガラスを
   こうっ!割ってる時だ!

千明:割ってましたね!こうっ!バンッバンッバンッ!っつって!www

和平:わっ、割ってたんですか!?

千明:ウソですぅ~www

和平:あ~っ、ビックリした~。初めて身近にいると思った。
   そういう人www

千明:wwwそんでっ?

和平:んで、その頃ね。私は心の底から大人たちに感謝を
   してしまっていたわけです。
   んで、そしたら……こんな風になってしまいました。

千明:なるほど……

和平:はい。

千明:それで、「こんな長倉和平」が出来上がったわけですね!

和平:そんな…..こんなって~www、まぁ、そうです…..

千明:いやいやいやいや。まぁ、面白いなぁっと思って。

和平:何がですか?

千明:いやっ、歳を取るのも面白いなぁっと思って

和平:え~?へっへ….。

千明:分からなかった事が分かるようになって、
   っで、分かった!って思ってたことがまた分からなくなって…..
   まだまだですね~。私たち。

和平:そうですね……やれやれです。

千明:やれやれですね…..
    
和平:乾杯しますか?

千明、和平:やれやれに乾杯!

和平:飲みますよ~。今日は。

(以上、引用)

反抗期というか、青春のナルシズムというか、
誰しもそのいう時期があると世間一般的に
言われるわけですが、正直言って僕には
そういう時期がありませんでした。

親とあまりしゃべらない時期ってのはありましたけど
それは親が気に入らないとか、そういうのが原因では
なくて、親に対して「ムカつく」なんて感情は全く
持ち合わせていませんでした。

僕だけじゃなくて、僕の周りにもそこまで
世の中で言われてるように荒れているヤツってのは
ほとんどいなかったように思います。
むしろ、そういう奴がいたら「なんだ、アレは」って
ケラケラ笑ってしまうような感じでした。

それを昔から不思議に思っていたんです。

「なんかTVなんかで言われる同年代のヤツは
 “大人なんて!”みたいな感じだけど
 全然そんなんないけどなぁ」って。

「なんでだろう?オレとオレの周りが少数派なのかな?」
っと。

んで、このドラマをみて「あ~、なるほど」っと
納得してしまった部分がありまして。

たぶん、僕の周りにいるほとんどの大人が
尊敬できる大人達だったんだなぁっと。

尊敬できるとか言うと大袈裟な表現な気がするけど、
「悪い大人」が居なかったんだと思います。
「子供たちを蔑むようなクダらない大人」が。
「全うな大人らしい良い大人」に囲まれてたんだなっと。

そしてそれって少数派なのか?っと考えると
う~~ん。やはり大きく捉えたときには
やはり少数派なのだと思います。
一つでも悪いトコがあれば
それだけで悪い方にカテゴライズされてしまうと
考えるとやはり少数派なのだろうと思います。

中高生の時期ってのはそのくらいデリケートな時期って
ことなのでしょうね。

そういう意味で恵まれていたし、
こういう性格に産んでくれた親に感謝しなくてはならない。
と思います。
メンドクサイ性格にならずホントによかったなと。

それに気づいた時、さてっ、では自分はどうか?
思春期の入り口に立った子供を持つ親として
子供に残念な思いをさせる大人になってないか?
と一度振り返る必要があるかもしれませんね。

ふ~、まさに分からなかったことが分かって、
分かってたことが分からなくなって。

ホントやれやれだな~っと思った次第です。



ダカフェ日記にあこがれて

前々回の投稿で申し上げたとおり、
僕はスマホと写真ブログを没収されました。

スマホは百歩譲ってしぶしぶOkayとしても
写真ブログが痛い……。

誰も見てなかったんですよ。
ホントに。
訪問者が誰もいなかった。
1日1ヒットとかだからね。
つか、1ヒットで僕じゃないのか?と。

まぁ、でも、とにかくそんなの関係なくて
もう自己満足以外の何ものでもないんだけど
かなりの愛を注いで1人楽しく更新をしてたわけです。

このブログは、家族の写真とか近所の風景とか
思いっきり出してたもんで一応嫁にも話を通しといたんですね。
エチケットとして。んで、よく分かってなかった嫁は、
『まぁ、いいんじゃない』ってことで一応了承はしていたわけです。
だから嫁も今回『即閉鎖!』って思いついたわけですけどね。

元々、写真ブログを開くきっかけとなったのは
勝手にリンクさせてもらってるんですが、
ダカフェ日記』という、まぁ今さら説明するのも
おこがましいですが、この有名ブログがきっかけです。

このサイトを運営されている森友治さんの写真の
まぁ、ステキなこと、ステキなこと。
初めて見たとき鳥肌が立ちました。

『オレもこんな写真撮ってみたい!』

その時、一眼レフカメラを買ったばかりで
参考になるような写真をネットで探していたので、
即のめりこんでしまったわけです。

『オレもこんな写真を撮ってみたい!
 こんなステキな写真サイトを運営してみたい!』

その思い一つで、
初心者ながら始めたブログでした。
だから、そこにかけていた愛情の分だけ
閉鎖宣言を受けたときのショックは大きかったわけです。

しかし、家族とはいえ人様の顔を
自分の都合で世間に晒しているのは事実なわけでして
本人からN.Gが出れば、強行に継続するわけにもいきません。

残念ながら現在は閉鎖となっております。

んで、よくよく考えてみると、
ダカフェ日記を筆頭に最近のポートレートをメインとする
写真ブログやSNSなどなどインターネットの世界も個人情報の垣根が
ホントに低くなったものです。
誰でも自分の顔写真と名前、ついでにもっと詳細な個人情報まで
くっつけて公表しているご時勢です。

最近じゃ当たり前になりましたが、ちょっと前じゃ考えられないこと。
やはりこの辺の取り扱いの壁を壊したのはFacebookあたりなんだろうなぁ
っと思うわけですけどね。

でも、やっぱりこれって勇気がいるなぁっと思うわけです。
ダカフェもそうだけど有名になればなるほど誹謗中傷罵詈雑言が
増えてくるわけで、現実的にダカフェ日記なんかあれだけ
ステキなサイト作りして、誰の批判をするわけでもなく
ノンビリと更新を続けているにも関わらず、2ch界隈では
あ~でもないこ~でもないと言われてるわけでして、
自分のことならともかくね。はいはいって聞いてればいいわけだけども。
自分の嫁さんや子供のことを、言われるのだけはホントに
心が痛いだろうなぁっと。

子供達も小さなうちはイイとして、
大きくなってくれば尚更です。
中高生になってネット使いに慣れてくれば
2chとかだって簡単に見れるわけでしょ。
自分のこととか、全然見ず知らずの輩から
あ~だこ~だ言われてるわけです。
それはショックですよね。単純に。

なんで親父のせいでこんな目に合わなければ
いかんのだ…….。

っと思っても仕方ない。
しかも、僕のブログみたいに簡単に停止できるようなブログじゃない
ですからね。
その辺は森さんの心中を考えると
我が事のように胸が痛くなってきます。ホントに…..。

そういう意味で森さんの奥様とか、とてもタフな方だなっと思うわけです。
たぶん2chとかの事もひっくるめて納得されているのだと思います。

そういう理解ある家庭じゃないと、なかなか長期間継続して
家族写真を掲載し続けるのは難しいですよね。

家庭内でもめて『もう止めて欲しい』と言われたって、
もうかれこれ5年もやってるのに、そんな簡単に止められないよ!
って感じになりますもんね。

そういう意味でも稀有なブログですね。ダカフェ日記は。
家族の皆さんが理解しているって意味で。

僕もまだまだ未練タラタラなんですが、
今後やっていくならポートレートって選択肢は断念せざるを得ない
ので、風景やちょこっと人物の特定ができない程度のポートレートを
盛り込んだサイトになるんだろうなぁ。
いまいちだけど、仕方ない。

皆さんもその辺はホントにご注意を。
自分だけならいいですけど、家族や他人に迷惑をかけるってのは
あまりにも後味が悪いです。
5年後、10年後を見据えた行動が必要だと
思った次第です。