嫁がモノを失くす

月日の経るのは早いもので、
ついこないだツイッターで「そろそろ年末の仕込み時期で忙しい」
とか言ってたかと思ったら、もうぐるり一周して
「そろそろ年末の仕込みで忙しい」時期がまたやってきた。

はやいな。

誰かが「人生の後半は時間経過にオーバードライブが
かかるから人間はこんな長々と80年も生きてられるんだ」
と言っていたがその通りなのかもしれない。

結婚して13年。我々も39歳になる。
気ばっかり若いが、すっかりいい歳である。
先日、こんなことがあった。

嫁が台所で何かを探していた。

「ないわね~。あれ~。ないわね~」

「どうしたの?何を探してるの?」

「シャケよ」

shake

「シャケ!?」

「そう。今日の夕飯の焼き鮭が無くなったのよ」

「あぁ~~っ!?」

そう。つい大きな声を出してしまったのだが、
嫁が台所でシャケを失くしたのだ。

「お前。シャケって……。
 失くすにしても、もう少しベーシックなもん失くせよ」

「私だって、好きで失くしてないわよ。
 でも、無いモノは無いのよ。もう~。イライラするわ」

結局二人で冷蔵庫だの電子レンジだの探して
見つからず。散々探しつくした挙句、息子が
食器棚から皿を出した時にその皿の上に乗っている
というなんともベタな結末をむかえたのだった。

じいちゃんバカになってしもた。はよ死んだほうがよか。

スクラップアンドビルドのジィちゃんの口癖が
頭の中をグルグルまわる。



嫁の提案

昨夜、嫁から提案を受けた。

「今度さ。私たちの部屋2段ベッドにしない?」

2段ベッド…….?
たしかに我が家は70平米 3LDK 築30年のボロマンション。
子供たち各自に部屋を与えようと思えば与えられないこともないが、
現在納戸として機能している薄暗い8畳の部屋を
長男次男のいずれかの部屋としなくてはならない計算になる。
嫁の計算では、その薄暗い8畳部屋を我々の寝室にして
明るい残りの2部屋を子供たちに与えたいということなのだ。

けど、小学生の兄弟じゃあるまいし。

夫婦で2段ベッドってあまりにも変じゃね?

なんか生物としての役目を終了しましたよ~って
言われてるみたいでちょっとショックだ……



久しぶりに目黒より哀をこめて

弘法も筆の誤り。
猿も木から落ちる。
河童の川流れ。

皆さんご存知の通り、
プロでも時には間違うことがある。
完璧なんてありえない。

という意味だ。

結婚10年を超えて
僕もすっかり家事に慣れた。
最近は、このブログのネタにも困るほど。

目黒から哀をお届けできないくらいに
家庭内の揉め事が少なくなってしまった。

しかししかし、冒頭の一文に戻るが、
完璧なんてありえない。
誰しもミスをおかすものである。

昼間、久しぶりに携帯に嫁から着信。

ブ~~ブ~~~。

ピッ。

(僕)「はい。」

(嫁)「ど~いうことよ!!!!(怒)」

(僕)「なんだ。なんだ。唐突に?何怒ってんだよ。」

(嫁)「あんたやってくれたわね~!」

(僕)「うわっ!なに?オレなんかやっちゃった?」

(嫁)「やっちゃったじゃないわよ。やっちゃったじゃ。
    ホントもう。よりにもよってなんでココでやるかなぁ~っての感じよ!」

(僕)「うっそ!?マヂ?うわ~、久しぶりにやっちゃった?
    なに?オレなにやったの?」

(嫁)「さっき、保育園に迎えに行ったんだけどね」

(僕)「うんうん」

(嫁)「先生から「コレ、かごの中にセットされてましたので~」って
    言われて白い布渡されたんだけどさ」

(僕)「うんうん」

 

(嫁)「コレ、私の下着(パンツ)じゃないのよ~~~!!!(怒)」

(僕)「うわぁ~~!!!やっっても~た!オレやっても~た!!」

(嫁)「やってもうたじゃないわよ!アンタ!!何考えてんのよ!
    火が出るんじゃないかってくらいハズかしかったじゃない!
    なんで、保育園のお着替えセットのトコに私のパンツが
    セットされてるわけ!?え~~っ!?」

(僕)「ん~~~~……寝ぼけてた……寝ぼけてたとしか言えん…..」

(嫁)「何が寝ぼけてたよ!ど~してくれんのよ!?えっ!?(怒)」

(僕)「ん~~~~………何も言えねっ……」

(嫁)「北島康介か!そんなカッコ悪い「何も言えね」いらないわよ!!!怒」

ん~~~。何も言えねっ…….