2月3日公立中高一貫校受検日に思うこと

2月3日。
今年だけでなく、これからも毎年。
僕はこの日になると思い出すでしょう。
2月3日は都立の公立中高一貫校の受検日です。(2016年現在)

皆さんご存知の通り、公立は私立と違い一校しか受検できません。ワンチャンスです。
これが私立受験をメインとしている方々との大きな違いです。
私立の場合は何校か併願することができ、数回チャンスがあります。
しかし、公立校をメインとしてしている方々は、数年間の努力をこの一回に掛けることになります。
私立と公立を併願している子には選択肢が残されていますが、公立に受からなかった場合、様々な要因(例えば経済的な事情など)で私立には行かず各地域の公立中学にいくことになる子も多数います。

ほんの一点のために努力を重ねる、その桜のような儚さ。
僕にはとても切なく感じます。

去年の2月3日。
僕も都立大駅前のジョナサンで嫁と一緒にお守りを握りしめながら無言で試験終了を待っていました。
結果はどうあれ悔いのないように。息子にはコレだけを伝えました。
公立中高一貫校受検を結果だけで見てはいけないと思います。なぜなら倍率6.5倍の狭き門だからです。単純に6人中5人は落ちる計算になります。結果だけ求めたらやってられない。ここまで努力したプロセスを認めてあげないと。いずれにしろ経験はあとにいきる事は間違いない。

ぶっちゃけた話をすれば、去年、子供の試験終了を校門付近で待っているとウチの息子は、既に半泣き状態でコチラに歩いてきていました。そして帰りのバスではもう目を真っ赤にして泣いていました。分かっていたんですね。合格できないことを。

彼からしたら4年間、二度とない小学校高学年の貴重な時間の大半をこの時のために賭けてきたのです。その時間と思いは他人が思うより断然大きい。
泣きなさい。思う存分。
僕はバスの中に知り合いも居たのですが構わず、そのままにしておきました。カッコ悪くなんかないもんな。頑張ったんだから。4年間も。

予想通り、試験結果は不合格でした。
その後、家族で話し合った結果、彼の思いを尊重する形で私立の中高一貫校に通うことになりました。

彼はこの時の経験を決して忘れないでしょう。
そして、この経験や思いは、これから何かやらなきゃいけない時の彼の屋台骨になるでしょう。
この経験は絶対に価値があることなのだ。と、そう思いました。

彼は運よく私立校に通う事ができましたが、不合格の子達の中には、これだけ努力して地元の公立中学に通うことになる子が大勢います。そういう子達は、今度は3年後の高校受験のために頑張ることになります。
双六でゴールの一歩手前で振り出しに戻るような感覚になると思います。

だから、文頭に書いた通り、努力したプロセスを認めてあげないとダメなのです。公立中高一貫校の受検は結果だけ求めたらやってられないのです。

是非とも試験会場から出てきた彼らを褒めてやってください。
何はともあれ、とりあえず褒めてやってください。
まずは数年間の努力を認めてやってください。
それだけで彼らは救われると思うのです。

結果は一週間後です。その結果どうなるのかは分かりません。
結果はともあれ、その数年間の努力はかけがえのないモノだと彼らが理解することは絶対にプラスになると思います。

頑張れ!受験生!



嫁の子離れ

また嫁さんが長男のことをガミガミ怒っていて、もう毎日のようにあれやこれやと怒っているのでどうしたどうした?と話を聞いてみると、学校終わって18:00までに電話をいれることになってたのに、どうして電話しないんだ!ということだった。

長男の意見としては、学校終わって新宿まで部活の先輩と一緒だったから連絡できなかったとのこと。

嫁の意見としては、なにがあろうと約束なんだから電話すべき。一本電話するくらい携帯持ってるんだから簡単なこととのこと。

双方の言い分ともに理解できる。

今回の場合、第三者から騒ぎを見た場合、単純に嫁が電話のなかった事に怒っているってだけだ。ただそれだけ。
長男の言い分はとてもよく分かる。
先輩の前で電話するのは確かに気が引けるだろう。

アレだな。アレ。
嫁の子離れが長男の親離れに追い付いてないんだな。
それが原因。

仕方無しに間に入る。
長男が可哀想だから後方射撃してやることに。
「まぁまぁ、仕方ないだろ。先輩と一緒だったって言うんだから。やっぱり状況ってのもあるから。今回は大目に見てやろう」

この一発に対して、嫁がマシンガンを乱れ打つ。

「何もやってないくせにガタガタ文句言うな」
「お前の稼ぎが悪いから私が必死で働いてやってる」
「気が付いたらお前が電話しろ」
「つか、なんでお前が電話しないんだ」
「だからお前(オレ)が悪いんだ」

と、まぁ訳の分からん理屈で散々文句を言われオレのせいって事でその場がおさまった。

んで、散々怒鳴り散らしてたくせに、翌朝、長男が「お母さんごめんね。これからきちんと連絡するから。今日も部活終わって18:00過ぎには電話するからね」と言われたらおとなしく「うん。分かった。絶対だよ」って。

なんだこのやり取りは。お前ら付き合ってんのか?

お前ら何なんだ。つか、オレはなんなんだ。コラッ。

お前、旦那持ちじゃなかったっけ?それオレじゃなかったっけ?
おや、もうオレは用済みか…..カマキリと同じだな。カマキリと。
交尾後は食べられちゃうんだ。用済みだから。

女親にとって子供(男)は自分の彼氏なんだな。
間違いない。

もう二度と仲裁になんて入らない事を固く心に決めるオレなのであった。



遠そうで近い『小1の壁』

皆さん『小1の壁』ってご存知ですか?

小さなお子さんをお持ちの方はご存知の方も多いと思いますが、世間一般的にはあまり知られていないってのが実際の所だと思います。

以下、いくつか記事をご紹介します。

入学後にそびえ立つ…共働き家庭がぶつかる”小1の壁”とは? – NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2140254915500891201

共働き夫婦なら一度は考えておきたい! 『○○の壁』って? – LAURIER (ローリエ)(1/2) http://www.excite.co.jp/News/laurier/
mariage/
E1398397185619.html

入学後にそびえ立つ「小1の壁」、ワーキングマザーはどう立ち向かう? – リクナビNEXTジャーナル http://next.rikunabi.com/journal/entry/20150819

どこの会社でも
『保育園(幼稚園)までは手が掛かって大変だけど
小学校に上がってしまえば一気に楽になって
普通に仕事できるだろう』
ってのが一般論になってます。
チラッと読んで頂くとお分かり頂けると思いますが、現実的には学校に入学してから1~3年くらいまでの方が、親の時間的にはかなりタイトになるのです。コレに負けて仕事を辞める人が結構いると。
そういう事です。

ご多分に漏れず我が家もバリバリのダブルインカムツーキッズでございまして時間的にはそれはそれはタイトに過ごしている毎日です。
「小1の壁」他人事ではありません。

現在、次男が保育園2歳児クラスであと3年すれば小学生になります。
我が家の朝は早くて中学生の長男を含め3人とも7:00には家を出てしまいます。そして帰宅が夜19:00。まるまる12時間家にいません。

長男の卒業した小学校に入学したとして登校時刻は朝8:10頃。自宅からの距離を考えると小1の足で15分くらいを見ればいいので、次男が家を出るのは7:50頃と想定できます。
7:00から7:50。
この50分間、小1の次男は一人で自宅で過ごし部屋の電気を消しカギをかけて出かけなくてはなりません。

これができるでしょうか?

いや~、できないでしょう。
長男の時もそうでしたが一人でまともに出かけられるようになったのは小3くらいだったと思います。
嫁が常勤復帰したのが小2の時でしたが,かなり不安でしたから。
小1なんてとてもとても。不安しかありません。
だからと言ってうまく回す手立てはないのです。

まわす方法は1つです。
我が家の場合、嫁の出勤時間はマストですので僕が会社に掛け合って出勤時間を就業規則ギリギリの所に持っていくしかありません。
ギリギリで8:45ですので少なくとも家を7:45には出ないといけません。
次男にもちょっと早めに出かけてもらうとして、コレしかないと考えていました。

でも、言いづらい。会社に。どう考えても。

悩んだ末、嫁、長男にも何かいい手がないか相談することにしました。
すると長男がサラッというのです。

「そんなん大丈夫だよ。実は学校の門は7:30に開いてるんだよ。ただし教室には入れなくて昇降口で、しばらく待つんだけどさ」

「共働きでどうしようもない家の子は、結構待ってる子いたよ。一人親でもっと早く出なくちゃならない家の子とかは特例で7:10に職員室で預かってもらってたりしたし。公にするとみんな早く来ちゃうから、あんまり公言されてないみたいだけど」

やはり経験者に聞いてみるもんだ。
そんなこと親二人は知らなかった。
今まで子供扱いして、そういう事は親二人で決めていたけれど成長したもんだなぁ。
中学生にもなると親二人では思いつかないような考えや知らない情報を知ってたりするんだな。
これからは彼も我が家の幹部会に参加させよう。

っていうか……….そういう大事なことはもっと早く言ってよ~(松重豊風)

とにかくコレで朝はなんとかなるかな。
僕と一緒に7:10に家を出ればいいわけだから。
ホッとした。長男のファインプレイだ。

かといってこれで小1の壁を乗り越えられたかというとそんな事も無くて、朝だけじゃなく夜があるわけです。
我々が帰宅するのが早くても19:00。
学童の最終下校時間が18:15です。
確実に毎日次男坊に家のカギを開けさせて20分くらいは待たせる計算になる。
朝ほど致命的ではないにせよ、できたら避けたい状況。悩みはつきません。

そして、この記事の方向としては「是非とも行政にはその辺を何とかしてほしい」的に行くかと思いきや、僕の場合はそうはいきません。

制度なんてどうせ変わらないから。そんな簡単に。

こういう場合、僕はとりあえず自分達でなんとかできる方法を探すことにしています。
人任せでは一手遅いです。
なんにしても現代は人のせいにし過ぎ。頼りすぎ。

社会が豊かになりサービスが充実してくるってことは=人に任せるってことだから。結果、人任せになって、何かあった時には決断した自分の責任はさておいて、全て人のせいにする。これが良くない。人を退化させる。責任どころか自分で考えることを放棄させる。

最終的には頼ることになるかもしれないけど、その前に自分で考え若干なりとも自分で痛みを知らなければダメ。はなから人に任すことと、最終的に仕方無しにお願いすることは0と1ほど違う。それによって人に優しくできるとか、自分を客観視できるとか、前後を見極めた正しい判断ができるとかに繋がると僕は思っています。

仕事をするもしないも自分たちの判断でやってることだから、これからも、まず自分達でできることを考えて、それが無理なら初めて助けてもらうっというスタンスで物事を判断していきたいと改めて思いました。