ソロギター

最近、ソロギターの練習をしてます。
知ってます?ソロギター。

ピアノのソロってあるでしょ。
ピアノ1台でメロディとベースラインを演奏していく。
それのギター版です。
ギター1本で曲のベースラインとメロディーを
同時に弾いていく。

以前、このBlogのココでも紹介しました。
このlonlon.jpさんの演奏をみてください。

これチョ~難いんです。
とりあえず、南澤大介/ソロギターのしらべのジブリ編を購入して
練習して、とりあえず数曲(ラピュタのテーマとか、やさしさに包まれたらとか、トトロのさんぽとか)
は弾けるようになったんだけど。
全然、譜面が覚えられなくて。
譜面見ながらならイケるんだけどね~。
歳かな。
いや、昔から譜面を買ってきて弾くと覚えられなかった気がする。
耳コピするときは、覚えるのよ。
だけど、やっぱり人間苦労しないと覚えないもんなんだね。たぶん….。

それと、弾けることは弾けるんだけど、
消音がスゲェ難しい….。
消音ってのは、余計な音を鳴らさないことです。
例えば、左手はコードを押さえて1つの弦だけを弾くとするでしょ。
その場合、その弦を鳴らし終わったら、その次の弦を弾く前に
最初に弾いた弦を押さえて音を鳴らさないようにするわけです。
わかる?マニアックになってきたね。
だから、常に弦に指を置いておいて、弾くときだけ離す感じ。
わかるかな?

普通にギター弾くときってのは、あまり神経質にならずに
ジャラ~~~ンって感じだけど。
ソロギターの場合、それはまぁ神経質で神経質で。
ピアノと同じだからね。鳴らしっぱなしってのは基本無いわけです。
意図的でないかぎり。
メロディを際立たせなくてはならないから、余計な音はいらない。
ベース音くらいね。必要なのは。

それと、メロディ以外の音は小さく弾くように努力する。
これ意外と難しいんだよね。
こうすると、曲に抑揚が出る。
逆に全部、同じ強さで弾くと、ノッペリした感じになる。

ただ弾くようになるのは結構簡単。
問題はその先。
いや~、奥が深いね。
長いこと、バンドで歪んだギターを弾いてると、クリアなギターはボロが出ちゃって大変です。
裸みたいなもんだよ。

簡単なのでいいので、もっとレパートリーを増やしたいと思っているわけです。
同僚の結婚式とかで披露できたらみたいな感じ。

興味があったら是非。
わかることはお教えします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です