伊達直人

それにしても”伊達直人”である。

オレの周りでも賛否両論あれど、
“自分のモノを他人にあげる”んだから、
(中身がゴミじゃない限り)
単純に考えてオレは素晴らしいことだと思う。

よく言われる
“しない善より、する偽善”って言葉をふと思いました。
たぶん、そういう言い方する人もいるんだろうな。って。
“こんなの偽善じゃん”、”相手を見下してる”、”こんなのされたほうに対して失礼”
とか、あ~でもないこ~でもないって言ってるんじゃなくて、
匿名で寄付する潔さ。
スゴイなぁ~。( ^∀^)

これなら偽善だ、なんだかんだって言われないしね。
する相手がわかんないんだから。
スゴク頭いいよね。
このまま、伊達直人運動はしばらく続くんだろうね。

でも、忘れちゃいけないのは、
実は、メディアには取り上げられてないけどヒッソリと寄付をし続けている
人たちはずっといるっていうこと。
今までも、これからもその人たちは変わらず慰問活動やら、寄付活動を地道に続けている。
頭が下がります…..。

今回の”伊達直人”運動はあくまでパッとメディアに取り上げられて目立ったのであって、
そんなの関係なく、ズッと活動している人がいることは忘れちゃいかんですよね。

ニュース観てたら、評論家みたいな人が
”この盛り上がりを期に、これを一過性のものではなく、恒常的なものにしなくては…..ナンタラカンタラ”
みたいなこと言ってたけど。
“それは違うんじゃないですかね”(北の国から清吉的に)っていう….。
少数ながら志を持って進行形で活動を続けている人がいるんだから。
その言い方はどうかと。お前やれよっていうさ。
活動されている方は、どう思うんだろうか?
そういう方々は、たぶん
”恵まれない人たちのためになれば、なんでも構わないから、恒常的なものになってほしい”
って言うんだろうな…….やっぱり…すごい。

なのにだよ。
下手したら、そういう人たちが偽善者って呼ばれてるかもしれないって思うと頭にくるっていうより
気持ち悪くなります。そういう事言わせる社会構造に。

PTAの来年の会長がなかなか決まらなくて、現役員みんなで電話しまくったわけです。各家庭に。
でも、みんなイヤだイヤだっていうでしょ。
下手したら怒るヤツとかいるわけですよ。
なんでウチに電話してくるんだ!!って。
何を考えてるんだか分からんけど。コッチだって好きでやってんじゃないっての。
んで、
ある家庭に電話したらやってもいいって言う所があったですよ。
でもね。その家は議員をやっていて、
“下手に会長とかになると、点数稼ぎだって言われてしまって…..”
それって、スゲェかわいそうだよね。
そんな事いうなら、お前やれよ!って言いたくなるよ。
自分はやらない。でも、やってもいいって言う人の文句はあることないこと言うっていうさ~。
んで、さすがにそれは悪いのでコチラから”大丈夫です”って言ったんだけどね。

んで、伊達直人話をしててスゲェ現代社会を象徴してるなって思ったのがこの一言。
“いや~、ウチにも液晶テレビとか届かないかな~。伊達直人から….”

これがTHE 現代日本人なんだろうな~っと寂しい気持ちになりつつ、
自分もその一部なんだろうなって。

反省…..。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です