北の国から 2002遺言

昨夜、思い立って『北の国から 2002遺言』を観た。
何回目だろう…..。
いや~、長い長い。
ぶっ通しで観て、今日の明け方3:30頃までかかってしまった。
寝不足です…..(;´Д`)ぐったり。
相変わらず、何度観ても泣いちゃうね~。
たぶん歳を重ねるごとに浸みやすくなるんだな~。北の国からウイルスは。

「・・・・でも。ぼくはその父さんに感動していた・・・・父さん。あなたはすてきです。あなたのそういうみっともないところを,昔のぼくなら軽べつしたでしょう。でも今,ぼくはすてきだと思えます・・・・人の目も何も一切気にせず,ただひたむきに家族を愛すること。思えば父さんのそういう生き方がぼくや蛍をここまで育ててくれたンだと思います。そのことにぼくらは今ごろようやく,少しだけ気づきはじめてるンです。父さん。あなたは・・・・すてきです」

上記セリフは、ラストのあたりで蛍と息子の快が正吉(たしか、栃木だったか?)の住むところへ
旅立つ際に、泣きながら電車を追いかける五郎を見て、純が言うセリフです。

歳をとって、初めて分かる父の優しさや器の大きさを見事に表した素晴らしいセリフだと思います。

若い頃は、カッコよさを求め、スマートさを求め、金を求め、地位を求める。
それはそれでイイ。というか、そうでなくちゃいけない。

若くして、それを求めないことの方がおかしい。
若くして、何も求めず、『分かったような顔をする』ことはおかしいことです。
この『分かった顔』が最悪。
それを通過して、それを通過儀礼として、その先に行き着いた時、
純のようになり上記のようなセリフが言えるといいなぁ~としみじみ思いました。

それにしても夜中の3:30に30男が一人TVの前で泣いてる絵ヅラってのは、
どうにも気持ちが悪い光景だね(;´Д`)我ながら。

んで、感動してしまい、21年間の締めくくりの最後のセリフ、
五郎の『遺言』を書き写してしまいました。
(気持ち悪いでしょ?オレも自分で気持ちわるいな~と思いましたが、仕方ないです)

以下、北の国からシリーズ最後のセリフです。

『遺言』

純、蛍。
オレにはお前らに遺してやるものはなんもない。
でも、お前らには…..うまく言えんが….、遺すべきものはもう遺した気がする。
金や品物は何も残せんが……遺すべきものは伝えた気がする。
正吉や結ちゃんにはお前らから伝えてくれ。
オレが死んだ後の麓郷はどんなか…..きっと何にも変わらんのだろうな。
いつものように、春、雪が溶け、夏、花が咲いて畑に人が出て、
いつものように白井の親方が夜遅くまでトラクターを動かし、
いつものように出面さんが働く。
きっと、以前とおんなじなんだろう。
オオハンゴンソウの黄色の向こうにユッコおばさんやスミエちゃんの家があって、
もしもお前らがその周辺に『拾ってきた家』を建ててくれるとうれしい。
拾ってきた街が本当にできる。アスファルトのクズを敷き詰めた広場で、
快や孫たちが遊んでたらうれしい。
金なんか望むな。幸せだけをみろ。
ここにはなんもないが自然だけはある。
自然はお前らを死なない程度には十分毎年食わしてくれる。
自然から頂戴しろ。
そして、謙虚に、慎ましく生きろ。
それが父さんのお前らへの遺言だ。

以前のイメージでは、
もっと倉本聰 のメッセージ色の強いセリフだった気がするんだけど、
実際、字におこしてみると、思ったよりそうでも無いかな~っと……
五郎らしくあっさりとしているけど、自分の望みを含んでいるし、
ちょっと自分の生き方や考え方の主張があったりとか。
ごく普通にありそうな遺言で、とても『北の国から』らしくてイイ感じと
思い返しました。
たぶん、以前は、『金なんか望むな~慎ましく生きろ』の部分が
記憶に強く残って、強いメッセージ性を感じてしまって、
説教じみて聞こえてしまい、そう思ったんだと思います。

んで、気になることが二つあって調べました。
一つ目が
『出面(でめん)さん』ってなんだ?ってこと。

『出面さん』ってのは、人の足りない農家が
繁忙期に住み込みで雇う季節労務者のことだそうです。
へ~~、勉強になるでしょ。

んで、二つ目が
『白井の親方』って誰だ?ってこと。

この人は実在する人物のようです。
このページ参照です。
白井農園っていう農園を経営している方だそうで、
五郎の石の家のご近所さんだそうです。

へ~~ってページみてたら
このページ『創菓舎』っていう会社のページみたいで。

この創菓舎さん。ネット通販をしてる。
通販ページみてビックリ( ゚Д゚)!!

『蛍のクッキー』
『五郎さんの畑の芋』
『黒板五郎さんの石の家チョコ』

………………(;´Д`)商売しとる……

『金なんか望むな~慎ましく生きろ』って言ってたのに……
『黒板五郎さんの石の家チョコ』って……….
ステラおばさんみたい…..(;´Д`)。
まぁ、これはこれでカワイらしいからいいけどね….。

でも、なんで蛍と五郎さんの商品はあるのに、
純のは無いんだ?

是非、作ってもらいたいもんだ。
『純のペンチ』とか…..ほかにも『凉子先生のUFOチョコ』とか………



北の国から 2002遺言” への2件のコメント

  1. 五郎の遺言を確認したいと思い検索してたどり着きました。
    ありがとう!
    すべてリライトしてくれている方がいたとは!本当にありがとうございます!

    • @toy様:
      コメントありがとうございます。
      いえいえ。本当は違法ですので大きな声では言えませんが、
      喜んで頂けて幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください