ラベル無の水




昨日、ツイッターでもつぶやいたんだけど、
家の近所のLAWSON 100で品質ラベル無しの水が販売されていた。

チョット前に放射能の影響で、
全国的にミネラルウォーターの需要が高まって
『ミネラルウォーター不足』になった。
んで、買占めはやめよう的な風潮になったのは
記憶に新しいよね。

でもね。
コレって。ミネラルウォーターが不足したわけではないんです。
実際は、水自体は全然、採水できるし、
設備的にもそれだけの余裕があった。
PETボトルも十分あった。
まぁ、PETボトルってのはブロー成型するだけなんで、
十分にペレットがあったっていった方が正しいけど。

不足したのは水ではなくて
『商品フィルム』と『ボトルキャップ』だったんです。
この二つが足りなかったために出荷ができなかった。

ボトムキャップは情報不足で適当なことは言えないんだけど
最終的ななんとかなっているとのこと。

しかし、商品ラベルの工場が宮城県に
集中していた為に、この度の震災で被災してしまい
復旧の目処が立たなくなってしまった。
各飲料メーカーともにラベルの注文が、
他県の工場に集中してしまい今回のような
急な需要に供給が追いつかなかったようです。

それを踏まえ、
昨日、LAWSONのラベル無しの水を見て、
その対応に速さに驚かされました…..(;´Д`)

素晴らしい。

被災地向けの水にラベル無しで送ったという話は
チラホラ聞いてたんだけど、一般消費者向けの水として
既に販売を開始しているとは……。

LAWSONという結構な大所帯にも関わらず、
これだけ迅速に客のニーズを捉えて
即座に行動に移せるというのスゴイなと…..単純に思ったわけです。

LAWSON恐るべし…..。

ってか、マジメな記事になってしまった…..
たぶん、早速だけどオレは皆さんのニーズに
応えられていないんだろうな……(;´Д`)アワワワ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください