幸福な生活/百田尚樹

koufukunaseikatsu.jpg


『幸福な生活/百田尚樹』を読了。
基本的に短編があまり好きじゃないんだけど百田尚樹作品は別格。
百田尚樹ならO.K( ^∀^)なぜなら、百田尚樹ファンだから。
な~んでもO.K!!
面白かろうが、面白くなかろうが。
ウソウソ。
こんな風に書くと、暗に面白くないんじゃないか?って
言ってるようにですが、それはウソです。

率直に言って面白いです。
短編でこんな面白い本を読んだのは初めてじゃないか?ってくらい。

このブログでも再三再四書いてるけど、
百田尚樹氏のスゴイところは、
「小説家然としておらず読み手への配慮がある」
ところだと思います。
「いいだろ~?オレの小説~。ど~だ?わかるか?この面白さ」
っていう押し付けがましさがないんですね。百田氏の小説は。
読者を飽きさせず読みやすいように物語を構成してるように感じるんです。
どの本も。

以前から、それは思っていたんだけど、
今回の『幸福な生活』は、まさにその極み。

最後の一行に物語の全てを集約させてるっていう。
最後の一行のための前座としてそれまでのあらすじがあるっていう物語の
作り方なんですね~。
とても面白い試みだと思います。

まさに百田マジックとでも言いましょうか?
本当に構成力のある方なんだな~っと感服してしまいます。

今回も一気読みしてしまいました。次回作も楽しみに待ちたいと思います( ^∀^)

これで全部読んだかな?百田作品。
いやっ、一つ読み終えてないものがあるなぁ~。
『錨を上げよ』…..(;´Д`)
これだけ、まだ読み終えてない…。

この本は他の百田作品とはチト毛色が違います。
正直申し上げて、他作品に比べて読みにくい。
仕方ない。こればっかりは。
本を読み慣れている方は、そんなことないんでしょうけど。
オレは簡単で分かりやすいものが好きなので、ちょっと難しいだけで
うわ~ってなっちゃう……。

っというか、
面白い?面白くない?
っていうとこまでも行ってないですね。まだ。
原因はなんだろう?

あのね~。
本が厚すぎるんですよ。
オレは基本的に会社の行き帰りと昼休みに本を読むんですけど、
持ち歩く気になれない…..(;´Д`)重すぎて。

こういう長編は上下巻ではなくて全3巻とか4巻に変更したほうがイイと思う。
今後、業界的に考えたほうがイイと思うんですよね~。
そういうのって作家が考えるんでしょうか?
編集者が考えるんでしょうか?
編集者が考えるなら、その点は反省点だと思う。
作家は別として、編集者は売れてナンボでしょうから。
マーケティングしたほうが良いと思います。

電子書籍に変えれば?って言われそうですが、
今はまだ本がいいです。
CDよりレコードがイイみたいなノリで。
コレクションする楽しみみたいな感じで。

そろそろ『錨を上げよ』を読んでみるか~。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください