息子のイボ退治!

ウチの息子には、赤ん坊の頃から手にイボがあった。

中くらいのイボが5~10といったトコだ。
結構多いでしょ?
んで、やっぱり気になるので皮膚科に通って
治療をしてたんだけど、イボの治療といえば『液体窒素』で
患部を焼いていくってのが一般的で、コレがまた痛い。

オレも昔やったことがあるので分かるんだけど、
とにかく焼けるように痛い。
んで、これが一回やれば治るってな類のものではなくて
何度も何度も通って治療してやっと根こそぎ取るといった感じ。
イボとかウオノメってのは根強いからね~。

この治療は、小さい子にはツライ。
も~、とにかく痛いので泣いちゃって泣いちゃって(;´Д`)
だから、親が治療を途中で止めてしまうケースが結構多いらしい。
かわいそうだからね…..。

まぁ、ウチの嫁はやると決めたらトコトンやる人なので、
泣こうが喚こうが完治するまでやり続けて、その甲斐あって完治した。

それが、息子が4歳頃の話。

ところが、やっぱりイボってのは根強い。
ゴキブリ並みの生命力。
たぶん、小さな芯がどこかに残ってたんだろうね。

小学生になった頃、フト息子の手を見ると以前にも増して
大量のイボが!!(;´Д`)
その数もさることながら、大きさがハンパじゃない。
以前のように中型のイボって感じじゃなく、デカイのが
両手の甲に無数に点在している。

コレね~。
オレも経験があるのでわかるんだけどね。
イジッてるとデカくなるし、ドンドン増えていくんだよね。

ホントにかわいそうだけど、
親目線でも、ちょっと鳥肌が立つくらいのレベルになってきちゃった。

んで、仕方無しに先月、久しぶりに皮膚科に診せに….。
第一声で、

(医者)『なんで、こんなになるまで放っておいたの!!ヽ(`Д´)ノ』

まぁそうですよね…..。親の怠慢ですよね….。
すいません。

メチャンコ怒られた。

(医者)『んんん…..。これは結構時間掛かるよ。
     一年近くは毎週通って液体窒素で焼かないとダメだね。
     毎週、来れる?』

(オレ)『いや~~、毎週はちょっと無理かもしれないです….』

(医者)『そうだね~….。無理すると中途半端になっちゃっても
     困るからねぇ….。う~~ん。
     そしたら、コレ使ってみるか….。』

先生が最終手段のように出してきたのがコレ。


110704_005722.jpg


『ヨクイニン』
この薬は、ハト麦由来の漢方薬だそうで
ハト麦ってのは昔からイボに効くといわれてるらしい。

(医者)『この薬を1日9錠。できたら3回くらいに分けて、
     できたら空腹時に飲んでください。
     んで、絶対に飲み忘れをしないように。
     脅しじゃないけど飲み忘れると効かなくなるからね。
     それで、これを内服しながら、今イボコロリ使ってるんでしょ?
     じゃ、イボコロリを毎日朝晩2回付けて様子をみましょう。
     この薬は、効く人には、ものすごく効くから。
     それに賭けましょう。』

って言われて1ヶ月服用してみた。

これが、もうビックリ!!
驚くほどの効き目!!

たったの1ヶ月でアレだけ無数にあったイボが一切無しに。
ゼロだよ。ゼロ。
写真撮っておけばよかったな~っと心から思いました。
ホントにヒドかったのに、今は全くゼロです。
たったの1ヶ月だよ!1ヶ月。

イボコロリを付けると患部が白くなって最初シミて痛いんだけど、
そのうち感覚が無くなってきて、いよいよって頃になってくると
皮を剥がすように簡単にペリペリっと剥がせるようになる。

んで、通常であれば剥がしてもしばらくすると、
またイボが復活してしまうんだけど。
今回は、このヨクイニンの効果なのか、そのまま普通のキレイな肌が復活した。

医者もこの効き目にビックリ。

(医者)『彼にはこの薬見事に効きましたね~~!!
     効かない人には、何年飲んでも効かないんですが、
     1ヶ月でココまで改善することって滅多にないです』

イボってのは見た目が悪いし、治りも悪いので
なってしまった本人からするとホントにコンプレックスになってしまう。

悩んでいる人は、是非とも一度皮膚科に受診され
処方してもらうことをオススメします。
効果が出るかどうかは保証できないけど、
悩んでいるなら一度試してみるべきだと思います!!