オレ

オレのお仕事

仕事柄、中国とのやりとりが多い。

インドネシア、タイ、ベトナムとの絡みもあるが5%にも満たないだろうな~。
だから、一日中ず~~っと中国人か香港人と話していることになる。
ちなみに会社の前の席も中国人だから、
日本人と話しているよりも中国人と話していることの方が多いことになる。

彼らと付き合っていると、どうしても大陸的な感覚になってしまって、
どうも日本特有のイイ意味で言えばキメ細やかな、悪い意味で言えば神経質な感覚が
鈍くなってくる。

だから、会社の営業マンと話してもいても感覚にズレが出てしまって
ど~にも噛み合わない。

『なんで、コイツこんなこと気にするんだ?....(;´Д`)』
とか、
『そんなん焦ったってしゃ~ないだろ?』

っていう.......。

でも、コレって日本で仕事する上で致命的じゃない?....実は。
日本人相手に仕事している以上、
彼らの考え方に対して鈍感ってのはいかがなもんか?と。

そこで反省しまして....。

そう。ヤツらのやり方なんて関係あるか!!こっちが客だっつ~の!
なんとしても『純』日本人的な感覚を中国の人間にも押し通さなければ!!
っと心に決めて仕事をすることにしたわけだ。先日から。

んで、早速、『純』日本人を押し通すチャンスに恵まれた。

ほとんどの取り引き先は英語によるメールのやり取りなんだけど、
一社だけ日本語がしゃべれる中国人担当者がいる会社がある。

やっぱり、英語でガンガン文句言うのは難しい。
日本語じゃないと気持ちは、なかなか伝わらない。

担当者の名は、ディクソン。
彼に対してなら日本語でガンガン突っ込むことができる。

彼に見積りを依頼し、即日返答をするように言ったのだが、
一向に出てくる気配無し。

このディクソン。もともとズボラなのだ。

チャンス!!
いつもなら別に催促することもなく待ってやる所だが、
今日は日本人得意の『言いましたよね!?』攻撃でも
お見舞いしてくれようか!?( ̄ー ̄)
言い訳しようものなら、ガンガン責めたててくれよう!

早速、電話をする。

プルルルル~プルルルル~.....

(ディクソン)『ウェ~イ?』

(オレ)『もしもし、ディクソン?』

(ディクソン)『どもどもども。ディクソンで~す。
        どしましたか?』

(オレ)『見積りど~なったの~?
     今日出す約束だったよね~~?』

(ディクソン)『あ~っ、あっあっ...え~~っと....
        ソーリー、ソーリーですネ~』

(オレ)『ソ~リ~、ソ~リ~はイイから早く
     返答ちょうだいよ。オレも困っちゃうからさ~(`Д´)』

(ディクソン)『........エ~~....
        すっ、すぐには出せないデスね~....』

出た!!
コイツ、まだ全然動いてね~な!(`Д´)

(オレ)『ディクソン!
     まさか、まだ全然手配してないわけじゃないだろうね~?』

(ディクソン)『う~~~ん......まだ、まだ動いてない....デスね....』

コイツ、イケシャ~シャ~と.....ヽ(`Д´)ノ

(オレ)『なんで!?今日中だって約束したじゃない!』

コイツ、なんて言い訳するつもりだ!?






(ディクソン)『今日は、かなりパタパタしてましたネ』

パタパタ.........(;´Д`)

(オレ)『ディッ、ディクソン......それを言うならバタバタだろ?』
     
(ディクソン)『そうですか!?ソ~リ~、ソ~リ~。
        とにかく、今日ダメね。また明日にしましょ。では~』

ガチャッ。

あ~、クソ~。力が抜けてしまった.....
笑いが堪えきれなかった.....。
アイツわざと言ってんじゃね~か?
それにしても全然対応する気ナッシングだな.....アイツら....(;´Д`)
デカイぜ.....大陸....。

-オレ
-

Copyright© 目黒からブログ , 2020 All Rights Reserved.