京都とロカビリー

我社では、福利厚生として某リゾートクラブに加盟している。

会社で高い会費を払っているだけに、実際に使用する社員は
非常に安価で結構キレイなホテルに泊まれる。
例えば、
『今週末、3連休だけど熱海の温泉でもいくか~』
っと思いたち
『熱海のホテル空いてな~い?』
っと総務に連絡すれば、総務からリゾートクラブ側に仲介をして
空室の確認、予約まで取ってくれる。
ちょっとしたコンシェルジュ状態。気分は大富豪。
まぁまぁ、悪くない福利厚生である。

また、コチラから確認するばかりでなく、
逆に総務側からも
『人気宿の空室が出ました!一組限定ですがいかがでしょうか?』
的な全社一斉メールがきたりする。

今朝もそうだ。

『社員各位
9月の3連休初日、9/23(祝)の〇〇のスイートルームに空きがでました。
(通常、秋の3連休で京都は予約困難となっております)
ご希望の方、限定1組宿泊できます。(1組大人5名まで宿泊可能)
京都駅からすぐ近くの便利な場所にあります。
先着順でお受けいたしますので、ご希望の方はご連絡ください。』

なんと、1部屋¥30,000弱。
マックス5名で行ったとして、30,000÷5=6,000。
ほぉ~~、一人¥6,000か~。
こりゃ、安い。早速、予約しちゃうかな~。
っと返信メールを打とうと思った瞬間、
脳裏によぎる違和感…..(;´Д`)
う~~ん。なんだ?完全になにかが抜けてる気が…….。

その時、ふと大学時代のことが甦った。

大学時代に所属していた音楽サークルに
リーゼントにボウリングシャツ、ギターはグレッチ。
という、あからさまにロカビリーな先輩がいた。

もちろん、グレッチのボリュームノブは白黒のサイコロ。
あたり前田のクラッカーである。
バリバリのロカビリーたるもの、そうでなくてはならない。
ロカビリーとはスタイルだ。
そのスタイルを崩してはならないのだ。

一度、部屋に招かれる機会があり
期待に胸を膨らませドキドキしながら部屋を訪れたことがある。

『当然、床は白黒のブロックチェックだろう……』

まぁ、部屋に通され、その部屋の扉が『襖(ふすま)』だった
段階でその期待はもろくも打ち崩され、
その襖を開け、目の前に真新しいキレイな緑色の畳が
広がっているのを見た瞬間、『ハタチそこそこの貧乏学生の限界』を感じ、
そのあまりのギャップに笑撃を受け、その場で悶絶したわけだが…..。

ともあれ、『できる範囲』でスタイルを突き通してこその
ロカビリーである。

ある日、皆の集まるラウンジで談笑していると、
そのロカビリー先輩がすっくと立ち上がった。

(別の先輩)『おう?ど~した?帰んのか?』

(ロカビリー先輩)『おう。ちょっと原宿行ってくるわ~』

(別の先輩)『原宿~?原宿のどこ?』

(ロカビリー先輩)『クリーム・ソーダ』

(別の先輩)『クリーム・ソーダ?なんだクリーム・ソーダって?
        んで、そのクリーム・ソーダに何しにいくんだ?』

(ロカビリー先輩)『クシ買いに。』

クリーム・ソーダ…..。
ご存知無い方のために補足しておくが、
クリーム・ソーダとは当時原宿にあったロカビリーの聖地(メッカ)の
一つである。
ココのクシというのは、ロカビリーのマストアイテムだった。

(先輩)『マヂかよ~~!お前!
     いくらのクシ買うつもりだよ!!
     ココから原宿行くのに往復で¥760だぞ!
     電車賃足したら、この辺でメチャメチャいいクシ買えんぞ!!』

(ロカビリー先輩)『……..((((;゚Д゚))))))) 』

何度も言うが、ロカビリーとはスタイルである。

この後、この先輩同士が掴みあいのケンカになり
その場にいた皆が割って止めに入ったことは言うまでもない。

当時、中央線吉祥寺の向こう側に住んでいた我々が、
原宿に出るためには、たしかに往復で¥760の電車賃を
支払わなくてはならなかった。

その先輩の言い分は正しい。
近くの店で買ったほうが、良いクシが買えたに違いない。
だが、
何度も言うが、ロカビリーとはスタイルである。
ロカビリーが軟弱なクシで美しいダックテールを作れるわけがないのである。
その辺を考えると、その先輩はタブーに触れたことになる。

まぁ、長くなったが本題に戻すと。
オレは宿代だけを見て、その他の諸費用を完全に忘れていた。
特に運賃。
東京駅から京都まで新幹線を使うと片道で¥13,720かかる。
往復で¥27,440だ。
一人で¥27,440の運賃。
これに食事代が上乗せだ。
ヘタしたら韓国か、台湾あたりに旅行できる。

つまり、いくらホテル代が安いからといって、
京都は気楽に行けるような距離じゃないってことだ。
『行きたい!!絶対に行きたい!』
と思って初めて行ける距離なのだ。

総務のプレミアム感たっぷりのトラップに
危うく足元をすくわれる所だった……。

まさか、ロカビリー先輩のクシに助けられるとは….。
書いてる本人も予想もしない着地点。

まぁ、正直ど~でもいいことですけどねぇ……。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です