知らない人にはついていかない!?

オレが小学生だった、かれこれ20数年前….。

コレが一部の地域だけのものなのか、はたまた全国的なものなのか、
その辺は不明だが、校門の前で待ち構えて下校してきた小学生に声を掛け
学研の科学の付録のような実験道具やら手品道具やらをエサに
なにやら怪しい教材を売りつけようとする業者のオジサンがよく見受けられた。

人を疑うなんて言葉を知らなかった純朴な僕達は、
オジサン達の巧みな話術と目の前にぶら下げられたニンジン欲しさに、
差し出された書類に住所と名前を電話番号を書いてしまうのだった。

それらの個人情報を手に入れたオジサン達は、決まってこう言う。

『じゃ、コレをお父さんとお母さんに渡してね。
 渡してくれたらオジサン達がお家にこの道具を持って行くからね』

と、百科事典シリーズやら、学習用テキストシリーズやら、
小学生からの英語シリーズやらが載っているパンフレットを手渡される。

アイテムが欲しい僕たちは、ダッシュで家に帰り、
親にパンフレットを手渡し、その結果、鬼のように叱咤されるのであった…..。

無論、この後、我が家には毎日のように業者からの勧誘電話が
鳴り響くようになり、その電話の度に怒り狂った母親から怒鳴られ
挙句、『とうぶんはファミコン禁止!!』の刑に処される。

そんな苦い思い出がトラウマのように強く残っている。
そして学ぶ。
『知らないオジサンに話しかけられても、ついていってはならない』
『むやみやたらと、自分の名前や自宅の住所、電話番号を教えてはならない』
と。

先日、息子がこんな書類を持ち帰った。


BBQ.jpg

…………..怪しい……(;´Д`)

(オレ)『お前、コレどこでもらったんだ?』

(息子)『えっ、学校の帰りにもらったよ』

(オレ)『誰から?』

(息子)『えっ!?社長から~( ̄Д ̄)』

(オレ)『しゃっ、社長?…….(;´Д`)』

(息子)『そうっ。社長!』

(オレ)『だっ、誰だ?社長って….?』

(息子)『社長は、社長だよ。
     この近くの会社の社長なんだってさ』

(オレ)『なんで、お前がどっかの会社の社長さんと知り合いなんだよ』

(息子)『う~~ん。なんでだっけな~~?
     忘れちゃったけど、話しかけられて、それから友達になった』

(オレ)『………….(;´Д`)
     う~~ん。埒があかんな~…….』

(嫁)『ど~したのよ?』

(オレ)『コイツがこんな紙もらって帰ってきたんだよ。
     見ず知らずのオジサンから。
     お前からも言ってくれよ。
     知らないオジサンに話しかけられても相手にしちゃダメだって』

(息子)『え~~、知らないオジサンじゃないって。社長だって( ̄Д ̄)』

(オレ)『社長だかなんだか知らないけど、ダメだっての。
     ねぇ~?ダメだよね~?母さん?』

(嫁)『へぇぇ~~。面白そうじゃない。電話してみるか( ̄▽ ̄)』

(オレ)『えっ!?ダメダメ!なに言ってんだよ。
     そんな見知らぬオッサンからの誘いなんて!
     ましてや、自ら電話するつもりか!?』

(嫁)『え~~….。なんでよ。電話しなくちゃ分かんないじゃない』

(オレ)『電話しちゃ、マズイだろ。
     なんか訳の分かんない勧誘とかだったらどうすんだよ?
     昔、居たろ。校門のとこで、子供に話かけてるオッサン』

(嫁)『あ~~!!居た居た!
   なんかオモチャみたいのエサにして、なんか売りつけてくる輩でしょ?』

(オレ)『そうだよ。そういうのだったらどうすんだよ。
     オレ小学生の時、それでこっ酷く怒られたんだから。
     しつこく、電話かかってきてさ~』

(嫁)『そう。ウチにも電話かかってきたわよ。
    んでも、大したこと無かったけど。』

(オレ)『マヂ!?
     あ~ゆうのってしつこくしてナンボみたいなトコあるんだけどな~?』

(嫁)『ウチのお母さん。業者に電話して、家に呼び出してさ~。
    説教してたわよ。

    ”アンタ等がオモチャあげるとか言うから、この子が
     その気になってメンドくさい事になっちゃってるじゃない!!
     なのに、後になってからモノ買わないとあげられないなんて
     どういうつもりよ!!
     責任とりなさいよ!!”

     
    って( ̄▽ ̄)』

(オレ)『スっ、スゴイな…..(;´Д`)
     んで、その後、どうしたの?……』

(嫁)『もちろん、泣く泣くオモチャ置いて帰ったわ。
    1,2時間粘ったけどね』

(オレ)『契約もしないで?』

(嫁)『契約もしないで』

(オレ)『…….(;´Д`)』

(嫁)『粘り勝ちね!( ̄ー ̄)』

海千山千のインチキ業者も呼び出された挙句、返り討ちに合うとは
思いも寄らなかっただろう……。
上には上はいるもんだ…..。
それに、そんなヤツが敵じゃなくてホントに良かった….。

(嫁)『……….んで、電話してもイイ( ̄▽ ̄)』

(オレ)『………どうぞどうぞ….』

オレの真っ当な忠告は今日も空を切るのだった…..

ちなみに。
後日、嫁と息子はBBQに行って楽しく過ごしましたとさ…..。

てか、なんで、ウチの息子、どこぞの社長と知り合いなんだ。
う~~ん。嫁の血だな。完全に。
   



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください