未分類

ニュータイプ『頼れる人』の無作為の罪

子供が小学校にあがると、
何かと学校行事に参加する機会が増えます。

PTAやら、なんとか委員やら。
皆、やりたくないわけですから
『もちまわり』ってことになります。輪番制。
そこはね。イヤだ、イヤだと駄々をこねても仕方ありません。
持ちつ持たれつ、民主主義ですからね。

ご多分にもれず、僕も参加を余儀なくされてきました。

んで、いくつか参加してみて『おや~?これは.....』っと気付いたことがあります。
実はですね~。
実は、PTAに参加してる人の中には
表向きは『なんで私がやんなきゃいけないのよ』って体(てい)でいるのに
実際は『まんざら』でも無い人が結構な人数含まれてるってことです。

無論、彼らが『自ら率先して手をあげる』ことはありません。
そりゃそうです。
彼らの目的は『あの人は頼りになる』と思われることですから
最後の最後、本当に誰もやる人がいないってことになった時に『初めて』
『じゃ、仕方ないから私がやるわ』と動くわけです。
そりゃ、その方が効果がデカイですからね。

『父母リテラシー』(って造語ですが)のある人は、
そういう立ち振る舞いを僕と同じように斜めに構えて見ていると
思うんですが、世の中にはホントにピュアで
性善説を信じているような人がいて

『あの人は、嫌な役をいつも引き受けてくれてホントに頼りになる人だわ』

と、本気で信じてしまっていたりします。
この人たちが、2ちゃんねるとかネットの世界に迷いこんだら
確実に可哀相な目に合うんでしょうね。
是非、危険な場所には踏み込むことなく、可哀相な目に合わずに
ずっと純粋なままでいて欲しいものです。
世の中には、そういう人も絶対に必要だと思うんで。

んで、話を『頼りになる人』に戻しますが、
僕自身は、『頼りになる人』が嫌いなわけではありません。
プロセスはともかくとして、結果的に『やってもらえればいい』わけですから。
報酬として
『ホント頼りになるなぁ~』
『いつもすいません』
と声をかけます。
そこはギブ アンド テイクの関係が十分に成り立っています。

『大変よ~。でも、なんとかするわ』
って態度でやってくれる『頼れる人』は可愛げがあって好きです。
その人も実際のところは好きでやってるんだから、
生き生きと働いてくれます。

が!
『頼れる人』の中にはニュータイプがいるんです。
これが非常に厄介です。

それは僕が役員をやっていた時の事です。

その日、PTAの会合のため会社を早退し、
時間よりチョイ早めに会合の開かれる教室に入りました。

個人的にはPTAの為に会社を早退するなんてのは、
はっきり言ってナンセンスだと思っています。
優先順位が違っていると思います。
いつもなら嫁に行ってもらうか、欠席するんですが、
まぁ、たまにはイイかってなノリで出席しました。

教室に着くと、既に7,8名の方がいらっしゃって談笑しています。
この時間に来ているということは、
たぶん、この人たちは『頼れる人』だと気づきました。

男性が1人いて、
その人だけノートPCを開いてなにやら忙しそうにパチパチやっています。
1人の女性が言います。

(女性)『あら~、大変そうですね~。お仕事ですか?』

(男性)『ええ、そうなんです。忙しくて忙しくて全然終わりませんよ~』

(女性)『大変ですね~~。PTAにも参加されて』

出た。
出ました。
男性が心の中で恍惚の表情を浮かべているのが見えるようでした。
もう寸前って感じ。

『忙しければ、PTAなんか別に参加しなくてもいいよ......。』

なんて、口が裂けても言えません。

なぜに、そんなに人から大変だと思われたいのでしょうか?
ホントに。不思議です。
僕は、その逆です。
常に『全然暇だ~』って顔して、バンバンこなしていくって方が
スマートでカッコイイと思ってしまいます。

・『忙しいのはお前の処理能力が低いからじゃないか?』
・『効率が悪いからじゃないのか?』
・『つか、自分の能力が低いってことをアピールしてどうすんだよ』

って発想になってしまいます。

定時になり会議が始まりました。
この日の会議は、PTAの役員全員参加の行事の事でした。

スムーズに内容が決まり順調に進行しているなか、
日程が発表される段になって1人の男性が切り出しました。

『すいません。実は、その日仕事で参加できないんですが......』

この人を除くメンバーは全員参加できる日取りでした。
この人一人のために日程を変更するのも勿体無いし、
仕事なんだから仕方ありません。
全員参加厳守ということでしたが、
この人一人だけだから、1人欠員ってことで
予定通りで進行しようじゃないかという雰囲気で
意見が取り交わされる中、
前述のパソコンをパチパチしていた男性が
こう言い放ちました。

『仕事を休めませんか?
 皆さんだって忙しい中やられてるわけですから。
 一日くらい休んで頂けませんかね~』

出た。
これです。これがニュータイプです。

旧型は、何がよかったかって『可愛げ』があって
よかったんです。
『大変よ~。でも、なんとかするわ』
と、自分自身で処理してくれるだけで
人には危害を加えなかった。

しかし、ニュータイプは違います。
ニュータイプの考え方の根底にあるのは、

『オレは頑張ってる。だからお前も頑張れ。』

コレです。

前後の見境無く、相手の状況も何も考えず、
平気で正義を振りかざしてきます。

しかし....。
それは違うんじゃないか?と。
忙しくやることは自由です。それが嘘でもホントでも個人の自由。
でもね。
それを他人に強要するのは、いかがなものか?と。

しかし、残念な事に
世の中は『忙しく頑張ってる』ものを正義とする風潮がある。

可哀相にその男性は、しぶしぶ会社を休むことになりました。
PTAのために会社を休むんですよ。
意味がサッパリ分かりません。

やはり、多勢に無勢の状態で正論を振りかざされると、
どうしてもたじろいでしまうのが人間の弱い部分です。

この時、僕は決めました。
絶対に、このニュータイプには屈すまいと。
『自分のできることは全力をつくそう。
 けど、できないことはできないとはっきり言おう』と。
たとえ罪人扱いされたとしてもです。

頑張ることは勝手です。
そして、頑張っているあなたはエライんでしょう。
皆が認めています。
しかし、あなたが何気なく振りかざしている
『オレは頑張ってる。だからお前も頑張れ』という正義のほうが
無作為の罪じゃないかと僕は思います。

これって、PTAだけの話じゃありません。
普通にその辺に転がっている話です。
会社でも、いつまでたっても帰宅しない輩がいます。
ダラダラダラダラ。
下手したら休日出勤までします。
その人が評価を受けてドンドン出世するのは構いません。
大いに結構。ドンドン出世して頂きたいもんです。

しかし。

しかし、
その人がいつまでも会社に残っているおかげで、
その人が休日出勤するおかげで、

『アイツはやってるのに、お前らはなんだ。
 全然ヤル気がないじゃないか?えっ!?』

っと、他の人が『とばっちり』を受けることは無作為の罪です。

皆さんもお気をつけて......



スポンサーリンク



-未分類
-

Copyright© 目黒からブログ , 2020 All Rights Reserved.