お腹の子供がよく動く

すっかりお腹の大きくなった嫁によれば、
最近、お腹の中で赤ん坊がよく動くという。

長男の時は、腹の中をグニャリグニャリと寝返りを打つように動き、
足や手が内側から押しているように腹の表面(皮膚)が
波打つように動いていた。
しかし、
二人目の場合は、ちょっと勝手が違って、
腹の内側をコブシや足でバンバンとパンチ、キックするらしい。

(嫁)『だから、今回のこの子の場合痛いのよ~。お腹が~』

その痛みは結構なものらしくて、
普通に街中を歩いている時にやられると、ちょっと立ち止まって
腹をおさえて確認してしまうくらいだそうだ。

(嫁)『これは、上の子と違って、だいぶ気が強いかもしれないわね~』

ふ~~~ん。
母はスゴイな。そんな事まで直感が働くのね。

嫁本人は、ドンドンやられるから動きが分かるらしいんだけど、
第三者からみると、長男の時のように大きな動きがないので
表面を見ていても分かりにくい。

(嫁)『ほらっ!触ってみて!』

(息子)『どれどれ!?おっ!ホントだ!
     バンバンやってんじゃん!』

(オレ)『どれどれ。オレにも触らせてくれ!』

(オレ)『・・・・・・・・・・・・・分からねぇな…..』

(嫁)『ほらっ!また動いてる!』

(息子)『うそっ!・・・・・・ホントだ!またバンバンやってる!』

(オレ)『どれどれ?』

・・・・・・・・・・・・・・・・・

(オレ)『う~~~ん。わからん………』

(嫁)『う~~~ん。アレね。
    なんかパパが触ると動かなくなっちゃうわね。』

(オレ)『・・・・・・・・・』

(嫁)『なんでかしらね。
    あんた手からなんか出してんじゃないの?』

(オレ)『んっ!?なんかって、なんだよ?』

(嫁)『わかんないけど。変な”気”みたいなもんとか?
    呪文とか出してんじゃないの?』

(オレ)『・・・・・・・・・・』

その日からオレのあだ名は『ラリホー』になった。
二人目が生まれてからのオレの主な仕事が『寝かしつけ』に決定した瞬間である。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください