めがね

昼休み。
僕たちは会議室に集まり
思い思いに休憩を取る。
椅子とテーブルが20席くらい円形に並ぶ
部屋でほとんど誰も一言も発さずに
黙々と食事をする。

聞こえてくる音といえば、
コンビニ弁当のプラ容器を箸で擦る音や
おにぎりのフィルムをバリバリとあける音、
レジ袋のシャカシャカという音、
それとモグモグ、ムシャムシャと物を
咀嚼する音だけ。

食事を終えるとほとんどの者が
足を投げ出し目を閉じ昼寝を始める。

もちろん男しかいない。
別に女人禁制なわけでは無いわけだが、
こんな所に自ら来るような女性はいない。

昼のこの会議室を我々は「タコ部屋」と呼んでいる。

今日も食事を終え、容器を片付け、
さぁ!っと昼寝しようとすると珍しく経理部の金子君が
声を発した。

(金子)『見渡してみると大体の人がメガネ外して寝てますけど、
     斉藤さんだけは、いつもメガネしたまま寝てるんですよねぇ』
 
(僕)『あ~、確かに斉藤さんだけはメガネしたまま寝てるねぇ。
   大体の人は外してるねぇ。たしかに』

(金子)『でしょ~。だから、こないだ聞いてみたんですよ。斉藤さんに。
     なんで斉藤さんは昼寝するときにメガネ外さないんですか?って』

(僕)『ほぅ~。そしたら?』

(金子)『そしたらね。斉藤さん変わってるんですよ。
     
     「なんで、メガネを取る必要があるんだ?」って
     
     逆に聞いてくるんですよね』

(僕)『へぇ~。逆に尋ねられたわけだ』

(金子)『そうなんです。僕も困ってしまって。
     たしかに言われてみればなんでメガネ外すのかなぁ?って。
     別に外さなくてもいいのになぁ~ってね。
     んで、続けて斉藤さんが言うんですよ。

     「オレは夜も外さない」って』

(僕)『えっ!?夜寝る時もってこと?』

(金子)『そうみたいなんです。斉藤さん、夜寝るときも外さないし、
     風呂に入るときも外さないって言うんですよ』

(僕)『へぇ~、そりゃ、変わってるわ~。昼寝だけならまだしも。
   夜も外さない。風呂の時も外さないってなると』

(金子)『変わってるでしょ~。そう思いますよねぇ。普通。
     僕も斉藤さんに「斉藤さん。変わってますね~」って
     言ったんですよ。
     そしたらね。また聞いてくるんですよ。
     「なんでメガネを取る必要があるのか?」って。
     
     「俺は、目が異常に悪いんだ。メガネが無ければ何も見えない。
      何も見えないってのは相当不便なんだよ。

      もしも、夜寝てる時に大地震があって、
      水やら食料やらを何とか持ち出せたとしても、
      もしメガネを忘れたら、もうどうしようもないんだよ。

      だからオレは常にメガネをかけるようにしてる。
      できる限り肌身離さず生きているんだ。

      風呂もそう。
      もし、入浴中に大地震が来て裸で逃げることになったとしても
      俺はメガネだけはかけて逃げることができる。

      着るものなんてのは後から何とでもなる。
      でもメガネだけは。メガネだけはどうにもならない。
      だから俺は寝る時も入浴の時もメガネを外さない。

      てか、みんななんでメガネ外すの?」

      って、言うんですよ。』

(僕)『すっ、スゴイな。そこまでポリシーを持っていると、
    もう何も言えないな……。』

(金子)『でしょ~。僕も、なんか「なんでメガネ外すのかな~?」
     って思ってしまって。逆に』

ほんと。
メガネは顔の一部だなぁ~って話…..。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です