未分類

スクラップ & ビルド

「スクラップ&ビルド」
一般的には老朽化したモノを壊し新たなモノを作るといった意味で使われる。

建築業界だったり、アパレル業界の店舗開発なんかでも使われる言葉だ。
平たく言うと「テコ入れ」するってのと同じような意味だと思う。
それだとどうも古いモノへの憂いを帯びた感じになってしまいイヤな感じだ。
だから、僕はこう解釈している。

「今ある(古い)モノを壊し再び作り上げることでより強固なものにする。」

古くなっちゃったから一度フラットな状態に戻し
新しく作り変える(テコ入れする)って意味とは真逆になる。
「捨てる」のではなく「拾う」のだ。
例えば、筋肉なんてのは破壊と修復を繰り返すことによって鍛えられる。
これは破壊して捨てるのではなく拾っていることになる。
僕は「スクラップ&ビルド」をそのように解釈している。

僕は人間関係ってのはこれによって鍛えられていくものだと思っている。
自分の腹の中のことを吐き出し一度関係を壊し精査し、そして再生する。
これを繰り返すことでより強いものになっていく。いや、違うな。
強いものにしていく。が正しい。
これすなわち「絆を深める」という意味になるだろう。

それがもっとも強くなったものが「家族」なのだろう。
違うか。二人の人間が向かう方向を決め共に進むことを決め、日々トライし、
それがうまくいった結果。それが「家族」なのだ。そうだ。そういうことになる。
つまり僕たちは日々人間関係のスクラップ&ビルドを繰り返して強くなっていくわけだ。

大切な人、尊敬する人と話をするとき、僕はできるだけバカ正直に
自分の気持ちを伝えるようにしている。それが恥ずかしいことでも。
それで先に進まない関係なんてのは、そこで終わりだし、
そこからうまく積み上がっていくモノを大切にしたいと思うからだ。
取捨選択の基準にもなるし。

もちろん人間関係いつでもバカ正直にやっていけるわけがない。
体裁をつくろう事も多々あるよ。
けど、この相手は自分にとって大切な人だと思う場合は
恥ずかしかろうが、カッコ悪かろうができるだけ
そのままの自分を晒すことが大事だと思う。

もし、それで壊れても、そこからビルドアップしない関係は
いずれにしても育ちはしない。その辺の見極めも大事。

って、そんなうまくはいかないのが現実。
理想ね。理想。

スポンサーリンク



-未分類

Copyright© 目黒からブログ , 2020 All Rights Reserved.