2月3日公立中高一貫校受検日に思うこと

2月3日。
今年だけでなく、これからも毎年。
僕はこの日になると思い出すでしょう。
2月3日は都立の公立中高一貫校の受検日です。(2016年現在)

皆さんご存知の通り、公立は私立と違い一校しか受検できません。ワンチャンスです。
これが私立受験をメインとしている方々との大きな違いです。
私立の場合は何校か併願することができ、数回チャンスがあります。
しかし、公立校をメインとしてしている方々は、数年間の努力をこの一回に掛けることになります。
私立と公立を併願している子には選択肢が残されていますが、公立に受からなかった場合、様々な要因(例えば経済的な事情など)で私立には行かず各地域の公立中学にいくことになる子も多数います。

ほんの一点のために努力を重ねる、その桜のような儚さ。
僕にはとても切なく感じます。

去年の2月3日。
僕も都立大駅前のジョナサンで嫁と一緒にお守りを握りしめながら無言で試験終了を待っていました。
結果はどうあれ悔いのないように。息子にはコレだけを伝えました。
公立中高一貫校受検を結果だけで見てはいけないと思います。なぜなら倍率6.5倍の狭き門だからです。単純に6人中5人は落ちる計算になります。結果だけ求めたらやってられない。ここまで努力したプロセスを認めてあげないと。いずれにしろ経験はあとにいきる事は間違いない。

ぶっちゃけた話をすれば、去年、子供の試験終了を校門付近で待っているとウチの息子は、既に半泣き状態でコチラに歩いてきていました。そして帰りのバスではもう目を真っ赤にして泣いていました。分かっていたんですね。合格できないことを。

彼からしたら4年間、二度とない小学校高学年の貴重な時間の大半をこの時のために賭けてきたのです。その時間と思いは他人が思うより断然大きい。
泣きなさい。思う存分。
僕はバスの中に知り合いも居たのですが構わず、そのままにしておきました。カッコ悪くなんかないもんな。頑張ったんだから。4年間も。

予想通り、試験結果は不合格でした。
その後、家族で話し合った結果、彼の思いを尊重する形で私立の中高一貫校に通うことになりました。

彼はこの時の経験を決して忘れないでしょう。
そして、この経験や思いは、これから何かやらなきゃいけない時の彼の屋台骨になるでしょう。
この経験は絶対に価値があることなのだ。と、そう思いました。

彼は運よく私立校に通う事ができましたが、不合格の子達の中には、これだけ努力して地元の公立中学に通うことになる子が大勢います。そういう子達は、今度は3年後の高校受験のために頑張ることになります。
双六でゴールの一歩手前で振り出しに戻るような感覚になると思います。

だから、文頭に書いた通り、努力したプロセスを認めてあげないとダメなのです。公立中高一貫校の受検は結果だけ求めたらやってられないのです。

是非とも試験会場から出てきた彼らを褒めてやってください。
何はともあれ、とりあえず褒めてやってください。
まずは数年間の努力を認めてやってください。
それだけで彼らは救われると思うのです。

結果は一週間後です。その結果どうなるのかは分かりません。
結果はともあれ、その数年間の努力はかけがえのないモノだと彼らが理解することは絶対にプラスになると思います。

頑張れ!受験生!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.