君は女性の愚痴を上手く聞けるか?

男としての器量の良し悪しを試される一つとして、

・女の愚痴を上手く聞く

というシチュエーションがある。

女性を無条件に褒めるのは、
言ってしまえば非常に単純で簡単。
何も考えずともできる作業である。

誰にでもできる行動であるゆえに、
他人との差がつけ難い。

僕が35年生きてきて感じることだが、
過去、僕の知っている”モテる男”というのは、
ものすごく顔がイイとか、褒めるのが上手いとかではなく

ものすごく”聞き上手”であったと思うのだ。

そして、その”聞き上手”の能力が遺憾なく発揮される
最大のシチュエーションというのが、まさに

”愚痴を聞く”という場面であろう。

かく言う私も”聞き上手か?”と言われれば、
とても胸を張ってうなずける感じではない。

どうしたら”愚痴を上手く聞けるのか?”
調べてみた。

【女性は、意見ではなく、共感を求めている。】

なるほど。まさしくその通りかもしれない。

つまり、愚痴を言われて、それに対して
”あ~した方がイイ。こ~した方がイイ。”というのは
言っちゃイカンわけだ。
自分の過去を振り返ってみると、それはも~確実に
”あ~した方がイイ。こ~した方がイイ。”と言ってしまっているわけで、
そりゃ、嫁にもキレられるわけである。

聞き上手になりたいなら、とにかく、相手の話を聞いとけってことだ。

愚痴を聞いている時、
世の一般男性陣の脳は、こんな感じで動いているんだと思う。

愚痴を聞く

うお~~、早く終わって欲し~

そうだ。ココは一つ即解決策を提案して
早めにこの場を切り上げよう。

”あ~した方がイイ。こ~した方がイイ。”を言う。

女性が”あなたは分かってない!”と怒り出す。

なんだコイツは!オレが聞いてやって、
挙句、解決策まで提案してやってんのに!
なんで、キレられなきゃいかんのだ!

大喧嘩

コレだ。
まさにコレだ。
世の男女の喧嘩の何割かはこのやり取りによって
引き起こされているに違いない。

相手が意見を求めてこない限り、
グッと堪えて自分の意見は言わない。

コレが大事。
これが一番大事。

今日はコレを覚えただけで、とても価値のある
一日になった気がする。

また、相手の意見を聞くときのポイントとして、

【会話の端々で、次の愚痴の呼び水となる相槌を打ってあげる】

はぁ~、なるほどね~。

・そうなんだ~。そうか~。それでどうした?
・それは大変だったね~。つらかったでしょ?

最後に疑問符を持ってきて、次の呼び水にしてあげる。
ということ。

それと、

【相手の言った言葉を繰り返す】

『○○部長が、人に仕事を押し付けてきてさぁ~』

『○○部長、仕事押し付けてくるのか?』

コレ、結構無意識のうちにやってる気がするが、
改めて効果的なことに自信がついた気がする。

よし。
コレをしっかりと心に留めて嫁の愚痴に対応すれば
株は上がらないまでも、今後ケンカにはなり難いだろう。

ブ~~~~ブ~~~~。

なんて、考えているとタイミングよく嫁から入電。

ピッ。

(僕)『もしもし~』

(嫁)『もうっ!聞いてよ!』

きたぁ~~~!!!
早速、きやがった!
自分の意見は言わない。自分の意見は言わない。
再度、心に留める。

(僕)『ど~した~?なんかあったか?』

(嫁)『もう~。チビがさぁ~(ウチの次男坊。生後1ヶ月の意)
    全っ然、寝ないんだけど~、ど~なってんのよ~?』

(僕)『チビが?寝ないの?』

(嫁)『そうよ。言ってんじゃない。チビが寝ないって。
    二回言わせないでよ!』

(僕)『そうか。そうか。それは大変だな~。それでどうした?』

(嫁)『あんっ!?
    だから!!ど~しよ~もないから仕方なしに
    あんたに電話してんじゃない!!』

(僕)『あぁ……..そうか。それは大変だ。つらかったでしょ?』

(嫁)『当たり前じゃないのよ!朝から泣き通しよ~。あんた何とかしてよ!』

(僕)『………………..(;´Д`)』

(嫁)『なんか言ったらど~なのよ!』

(僕)『………………….
   マッ、ママと二人っきりだから甘えちゃってるのかなぁ~?ハハハハハ』

(嫁)『はぁ~っ?なに寝ぼけたコト言ってんのよ!
   全く使えないわね!』

ガチャッ!

ふぅ~………..
嫁の鉄壁の防御の前ではなす術も無し………(;´Д`)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です