嫁のスマートなフォ~ン

ついに、というか、
今さらながら、というか、
先日、嫁とともに携帯電話をガラケーから
スマートフォンへと変更した。

僕自身は数年前から
iPhoneに変更したくて仕方なかったわけだが、
嫁がウダウダとうるさいのでお付き合いして、
ずっと変更せずにいたわけだ。

今回もDocomoからSoftBankに変更して
iPhoneにしたいと申し出たのだが二つ返事で
ダメ出しされた。
まぁイイか。子供の携帯も僕名義だし
色々とメンドクサソウだからDocomoの
スマートフォンのどれかにしようと
納得したのだった。

変更してみて実感したが、
やっぱりイイね。スマートフォン。
ガラケーが日本国内なら、
スマートフォンは全世界だ。
そのくらいの世界の広がり方である。

なんでもできるな。こりゃ。

入力方法など不慣れな部分はあるものの
こんな感じでブログやってるだけあって
デジタル大好きなわけだから。
このやれる事の広がり方には、
ただただアドレナリンがダラダラと
流れてしまった。

一方、我が嫁は……。

もう、見るも無残な状況であった。
キーボードの文字配列さえも覚えていない
彼女にとってスマートフォンは、
街角で異国の方に異国の言葉で何かを
尋ねられてる状況と同じである。

チンプンカンプン。

そう。チンプンカンプンという言葉が
こんな似合う女は、口を半開きにして
スマホを必死でポチポチイジッている
君以外他にいないだろう。

アナログ。

アナログってコレをいうんだなぁ~
っと今回の嫁を見て感じた。

アナログ=手書き
デジタル=例えばワード
っとすると、
手書きの場合、例えばペンで
文字を書いたとき書き直すことが
できない。
だから手書きの場合、
慎重に丁寧に厳選して文字を選び
書いていくことになる。

一方、ワードとかパソコンで文字を
書いている場合、いくらでもやり直しが
できるから、とにかく思いついたとおりに
ザ~ッと書いていって後でトルツメ、
そして繋ぐ編集作業をしていくことになる。

デジタル機器があまり得意じゃない人って、
この手書きの感覚なんだよね。たぶん。

今回、嫁がスマホにパソコンから音楽を
入れたいっていうのを手伝ってたんだけど、
彼女はどれを入れるか、散々悩みながら
スマホに取り込んでいくんだよね。
『え~~っと、じゃ、次は4曲目お願い』
とか言って。

僕の感覚だと、そうはやらないなぁ~っと。

僕ならたぶんアルバムだったらまるごと全て。
パソコンに入っている曲ならそのまま全て丸ごと
スマホにコピーしてしまうと思う。
んで、スマホ側のリスト作成で
好きなものを取捨選択していくだろう。

皆さんもそうしませんか?

もう、その何を入れるか悩んでいる時間が
歯痒くて歯痒くて。

アナログ、デジタルの違いって
こんな感じなんだろうと感じた次第です。

良い悪いは別として。

彼女がスマホを使いこなすようになるのは
いつのことやら。