崎山蒼志という天才

こんにちは。
ブロフロです。

見つかってしまって、かれこれ1ヶ月近く経つので、ブログに上げるのをためらっていたのですが、でもやっぱり近い未来には間違いなく世に出ると思うので記録として残しておきたいと思い一応記事にしておこうと思います。

崎山蒼志(さきやまそうし)さん。

現在高校一年生の彼を最初に見かけたのはYouTubeでした。
普段から名も無いバンドやらをYouTubeで探していた僕にYouTubeがおススメしてくれたのがキッカケです。

それは、5月9日AbemaTVで放映された「日村がゆく!」というバナナマン日村さんの番組企画「高校生フォークソングGP」に崎山さんが出演された動画でした。

この動画です。
ご確認ください。

衝撃的でした。

ギターをやってる(やってた)人だったら、一発で分かると思うんですが独学でギターやってる人間では決して思いつかないコード進行なのです。

それなりに長い事やってて、それなりに音楽の勉強をしていないと決して思いつかない進行。
だとしても「そこ行かないだろ」という感じなのです。

非常にあやうい進行。ステレオタイプな進行ではなく、そこが逆に魅力的です。
それに加え7th、sus、addとテンションコードの雨あられでございます。
よくもまぁ、こんな進行つくったなぁと感心してしまいます。

普通ね。普通のギターキッズがオリジナルで曲作ったらメジャーコードで
C —>G—>Am—>F—>G—>C
とか、
G—>C—>Am—>D
なんてのが一般的な感じです。
大体そんなもんなんです。

あくまで私見ですが、最初この動画を見ていて「おっ!」っと思ったのが、Bメロの「全ての声の針を静かに泪で濡らすように」の「泪で」から「濡らすように」への展開です。
え~っと、今ギター手元にないので裏取りしてないですが、
Em7(9) —> G7(9)へ進行。ココね。
「おっ!」ってなるでしょ。

ここまで良曲の予感がしてたものが、この展開で確信に変わるんですね。自分の中で。

んで、次に「うわ~」っとなるのが、Cメロから最後にかけてです。
歌詞で言うと

冬 雪 ぬれて 溶ける
君と夜と春
走る君の汗が夏へ 急ぎ出す

の部分。
コードで言うと、これもゴメンナサイ。ギター手元にないので確認してないんですが、CM7—>Am7—>A#m7—>Bm7—>D7って進行です。

このCM7からAm7のダイアトニックコードにいくあたりがシブい。
そこから半音上がってA#m7。
ここで「うぉっ!」ってなります。

んでCメロから最後の「急ぎだす」からCadd9への開けた感じの展開。
ココでスゲ~ってなるわけです。
実際、動画の中で日村さんもおどろいてますね。

コレをみてすぐツイートしてしまいました。

ウチの長男も今年高1なので「これ見ろ。すげぇぞ!」と動画を見せましたが、「へぇ~」っと素気ない反応。
玄人好みなのでしょうかね。いや、そんな事ないと思うんだけど。

その後は、しばらく崎山祭りです。
もう過去の動画を血眼になって見まくりました。
ついでにSound Cloudに上がってた曲もチェックしました。

その中でも、ピカイチなのがコレ。

「造花的Sutekiな夜」

曲名もなかなか逆にイイ感じなのですが、曲が良すぎるのです。
おおたりおさんというこれまた静岡の高校生(現在)シンガーソングライターの方と作った曲だそうです。
音量上げて聴いてもらえると細かい部分がより聴こえて良いと思います。
これ即音源化できるレベルで良曲です。

曲に特化して記事を書いてしまいましたが、歌詞も常人では思いつかないほど詩的です。声もイイ。

彼みたいな人を天才というのでしょうね。
圧倒的です。

始めに書いたとおり、数年のうちに間違いなく世に出てくる人なので、とりあえず記事にしておきました。はい。



P(プシコ)ってなんだ?

こんにちは。
ブロフロです。

前回の記事が「Pな彼女」ってタイトルだったんですが、「Pってなんですか?」っていうお問い合わせをいただきまして….。

はい。
説明不足でした。

っていうか僕もそんな詳しくは知らないんですよ。
すいません。
実はウチの奥さんがよく言う表現なんです。

医療業界の隠語なんだそうです。
(ウチの奥さんは看護師です)

使い方としては
「あの人、Pだね」
「あの人、プシコだね」
というように使うようです。

P=プシコだそうで、Psychiatry・Pscychology「精神病患者」の意味になります。
ネット上でいう所のメンヘラってやつと同義ですね。

ですから、患者さんなんかでも説明しても全然意味が通じない人とか、全然決められない人とか、パニックになったりする人、突然泣き出す人とか、いろんな方がいるみたいですけど、そういう人のカルテには概ね「P」とマークが書いてあるそうです。はい。

医療業界の隠語なんて馴染みがないので分かりませんよね。
大変失礼しました。

ってことで、他にもウチの奥さんがよく口走る業界用語をご紹介します。

  • アポる・・・ 脳卒中を起こすこと。 Apoplexy(脳卒中)から
  • ステる・・・ 亡くなること。sterben(ドイツ語)(死ぬ)から
  • アッペ・・・ 虫垂炎。appendicitis(虫垂炎)から
  • ウ ロ・・・ 泌尿器科のこと。Urology(泌尿器科)から
  • ギ ネ・・・ 産婦人科のこと。Gynecology(産婦人科)から
  • カイザー・・・帝王切開のこと。ドイツ語(der Kaiser)やオランダ語(Keyser)から
  • ヘ モ・・・ 痔のこと。Hemorrhoidから
  • デコる・・・ 心不全の状態に陥ること。decompensation(代償不全)から

面白いですね。
普段、生活してたら、お目にかからない言葉ばかり。

病院で「〇〇号室がステった」なんて会話してれば、誰か亡くなったんだなと分かりますね。

結構挙げましたが、Pとかプシコとか奥さんからよく聞くので、よく使われる言葉なのだと思います。



「笑いたくない」と言えるアイドル

破竹の勢いでアイドル業界を牽引する欅坂46。

一部で「欅坂劇場」とも揶揄される彼等のスタイルは、たしかにアイドル業界に新たな形を作ったように思う。

こんなエピソードがある。

コンサートの煽りをする時、メンバーの志田が真顔でやってたので、キャプテンの菅井が「もう少し盛り上げてほしい」と言ったところ、志田が

「自分を偽ってまで笑いたくない」

と言ったという。
これはインタビュー中の笑い話のようなものでウソかホントは分からない。
けど、これって象徴的なエピソードだと思う。

インタビューでコレを言えるということは欅坂46は、自分が笑いたくない時「笑いたくない」と言えるアイドルだという事である。

かつてのアイドルは自分がツラくても応援してくれる人のために笑うし頑張るという健気さがあって、それに心を打たれたファンが神輿を担ぐという側面を持つ文化であったと言える。

欅坂46はそうではなく周りから何を言われても
「自分らしく生きる事を主張して、それに同意してくれる人は、付いてきてくれればいいし、わかってくれない人は別にいいです」というスタンスが取れる。
それはかつてないアイドルのスタイルである。

「お客様は神様です」という買い手市場であったアイドル業界に、「私達の主張やセンス、スタンスが分かる人だけ買ってくれればいいよ」という、いわゆるハイブランドの洋服のような売り手市場なチャネルを作ったと言える。

その上、さらに凄い所は、彼等にはそれだけ売り手市場になれる特質すべき点がないという所である。

歌も格段うまいわけではない。
容姿も他のアイドルとそれほど変わらない。
ダンスもそんなズバ抜けているわけでもない。
喋りがうまいわけでもない。

でも、そんな私達だけど
「他人からの評価は関係ない。自分の意思を貫くんだ」
というスタンスなのである。

「不器用で取り柄もないけど、自分の意思だけはしっかり持ちメッセージを発信する」
この部分に共感する新たなファン層を開拓したと言える。