崎山蒼志という天才

こんにちは。
ブロフロです。

見つかってしまって、かれこれ1ヶ月近く経つので、ブログに上げるのをためらっていたのですが、でもやっぱり近い未来には間違いなく世に出ると思うので記録として残しておきたいと思い一応記事にしておこうと思います。

崎山蒼志(さきやまそうし)さん。

現在高校一年生の彼を最初に見かけたのはYouTubeでした。
普段から名も無いバンドやらをYouTubeで探していた僕にYouTubeがおススメしてくれたのがキッカケです。

それは、5月9日AbemaTVで放映された「日村がゆく!」というバナナマン日村さんの番組企画「高校生フォークソングGP」に崎山さんが出演された動画でした。

この動画です。
ご確認ください。

衝撃的でした。

ギターをやってる(やってた)人だったら、一発で分かると思うんですが独学でギターやってる人間では決して思いつかないコード進行なのです。

それなりに長い事やってて、それなりに音楽の勉強をしていないと決して思いつかない進行。
だとしても「そこ行かないだろ」という感じなのです。

非常にあやうい進行。ステレオタイプな進行ではなく、そこが逆に魅力的です。
それに加え7th、sus、addとテンションコードの雨あられでございます。
よくもまぁ、こんな進行つくったなぁと感心してしまいます。

普通ね。普通のギターキッズがオリジナルで曲作ったらメジャーコードで
C —>G—>Am—>F—>G—>C
とか、
G—>C—>Am—>D
なんてのが一般的な感じです。
大体そんなもんなんです。

あくまで私見ですが、最初この動画を見ていて「おっ!」っと思ったのが、Bメロの「全ての声の針を静かに泪で濡らすように」の「泪で」から「濡らすように」への展開です。
え~っと、今ギター手元にないので裏取りしてないですが、
Em7(9) —> G7(9)へ進行。ココね。
「おっ!」ってなるでしょ。

ここまで良曲の予感がしてたものが、この展開で確信に変わるんですね。自分の中で。

んで、次に「うわ~」っとなるのが、Cメロから最後にかけてです。
歌詞で言うと

冬 雪 ぬれて 溶ける
君と夜と春
走る君の汗が夏へ 急ぎ出す

の部分。
コードで言うと、これもゴメンナサイ。ギター手元にないので確認してないんですが、CM7—>Am7—>A#m7—>Bm7—>D7って進行です。

このCM7からAm7のダイアトニックコードにいくあたりがシブい。
そこから半音上がってA#m7。
ここで「うぉっ!」ってなります。

んでCメロから最後の「急ぎだす」からCadd9への開けた感じの展開。
ココでスゲ~ってなるわけです。
実際、動画の中で日村さんもおどろいてますね。

コレをみてすぐツイートしてしまいました。

ウチの長男も今年高1なので「これ見ろ。すげぇぞ!」と動画を見せましたが、「へぇ~」っと素気ない反応。
玄人好みなのでしょうかね。いや、そんな事ないと思うんだけど。

その後は、しばらく崎山祭りです。
もう過去の動画を血眼になって見まくりました。
ついでにSound Cloudに上がってた曲もチェックしました。

その中でも、ピカイチなのがコレ。

「造花的Sutekiな夜」

曲名もなかなか逆にイイ感じなのですが、曲が良すぎるのです。
おおたりおさんというこれまた静岡の高校生(現在)シンガーソングライターの方と作った曲だそうです。
音量上げて聴いてもらえると細かい部分がより聴こえて良いと思います。
これ即音源化できるレベルで良曲です。

曲に特化して記事を書いてしまいましたが、歌詞も常人では思いつかないほど詩的です。声もイイ。

彼みたいな人を天才というのでしょうね。
圧倒的です。

始めに書いたとおり、数年のうちに間違いなく世に出てくる人なので、とりあえず記事にしておきました。はい。



『8周年』

本日をもって、この拙ブログも8周年を迎えることができました。
ありがとうございます!

恐ろしい事です。
8周年です。
なんてこった。

継続することに意味があると勝手に思い込み、大して更新もせずにズルズルとココまで来てしまいました。

前期も好きな時に好きな事を書く「王様の耳はロバの耳」的な使い方で日々の思いのはけ口として大いに活躍してくれました。

更新が少なくなったという事は不満が少なくなったという事なのかもしれません。

元々、このサイトは家庭内の不平不満を面白おかしく紹介するサイトでした。
つまり「鬼嫁日記のパクリ」みたいな内容でした。
まぁ、パクリとは言っても超零細サイトですので訪問者はほとんど居らず、まさしく僕のウェブログとして書き溜めていったものです。
それを後で読んで、ニヤニヤ笑ったりして気持ち悪く運営していました。
だから「目黒より哀をこめて」というサイト名です。
文句のはけ口でしたのでね。

ある時から、たぶん4~5年前からネタが無くなったんですね。
嫁さんも僕も歳を取ったからかもしれません。
ケンカもそれほどしなくなってしまいました。
パワーが無くなったんですね。お互い。

そのあたりから文句ネタが無くなりまして日々思った事を書きなぐるサイトへとシフトチェンジしてきました。

今後ものんびりと更新していきます。
お付き合い頂ける方は今後とも何卒よろしくお願いいたします。

では、恒例のヒット数ですが、昨年の3/28時点でのヒット数が185,221で
今年の4/2時点でヒット数が214,794です。
1年間で30,000弱くらい来て頂いたことになります。

昨年より若干少なくなりましたが、この更新頻度ですので……。
ほとんど更新していないのに本当にありがとうございます。

次にリピート率ですが、大体約10~15%くらいです。
GoogleとYahoo!から検索されて来られる方がコンスタントにいらっしゃるので、1日50くらいになっています。

サイトのサイドバーにある「人気記事」というとこがヒットが多い記事になります。
その辺のワードで引っ掛かってくるのでしょうね。

ちなみに、その上にある「おススメ記事」というのは拍手の多かった記事になります。
個人的にはそちらの方をおススメしたいです。はい。

今年もノンビリと継続していこうと思いますので、変わらぬ御贔屓の程、何卒宜しくお願い申し上げます。



「鍵がない」の真意

こんにちは。
ブロフロです。

深夜1:00。
いつものように雑居ビルの2階へ。

こんばんは。

いらっしゃい。

本日の先客は、1つ目のテーブル席に男性2名、もう1つに女性2名、男性1名。
カウンターに男性2名、女性1名。
僕が入店すると同時にカウンターに座っていた男性2名が席を立ったので、カウンターには女性1名。

僕はいつものように入口から2つ目カウンター席に座ります。

レモンサワーでいいですか?

レモンサワーで。

最近、1杯目は日本酒からレモンサワーに変わりました。
春になってきましたからね。
ちょっとスッキリしてるのが飲みたくなります。
この店は日本酒メインの店なので焼酎ではなく日本酒でレモンサワーを作ります。
日本酒を入れ、その上から炭酸をサァーっと入れます。
その上に4つ切りにしたレモンのうち2つをポンポンっと入れてくれます。
日本酒と炭酸とレモン。
コレがまた合います。

コレを一気に半分くらいグイっと飲み干します。

う~ん。ウマい。

好きですね。レモンサワー。

ウマいですね。シンプルにウマい。

いつものように店主と話をしてるとガチャッ扉が開いて結構キレイな女性が1人入ってきました。

店主が声を掛けます。

あれっ!?どうしました?

家の鍵が無くなってしまって…..。

え~~!!?

店内一同大騒ぎです。
この女性、つい先ほどまでココで呑んでいたようです。

私、ココのお支払しましたか?

もらいましたよ。

あれ~?お財布も無いんですよ。バッグも。

え~!?

1人の女性客が少し考えて言います。

えっと、たしかバッグは持ってなかったですよ。
お代はポケットから直接支払っていましたよ。

そうでしたか….私酔っぱらってしまっていて。
全然覚えてないんです。
でも、お代はお支払してるんだったらよかったです。
でも、どうしよう…..。

そりゃ、そうです。
深夜1:00過ぎに鍵が無いんですから…..。

仕方ない。

1人の男性客が立ち上がります。

じゃ、先に上がるよ~。ごちそうさま。

40代の男性客が席を立ちます。

じゃ、一緒に探してやるよ。

え~、ホントですか。ありがとうございます。
では、皆さんお騒がせしました。

2人が店を出ていきます。

もちろん店内は騒然です。

なになに?
あの二人どうすんの?
今から二人で鍵探すわけ?

店主が一言。

皆さん大丈夫ですって。
カギはあるんですって。絶対。

えっ?どういうこと?

カギは持ってるんですよ。
一回、店を出て家に向かおうとするんですが、でも一人で家に帰るのが寂しくなって店に戻ってきちゃうんですよ。
それで、鍵が無いって言って一緒に帰ってくれる人を探すわけです。

えっ…..えっ!?そゆこと!?

そうです。
このままあの二人は、どっかに行くんですよ。たぶん。
たぶんって言うか間違いなく。

今夜の相手を探すって事?あんなキレイな女性が?

まぁ、言い方悪いけど、そういう事です。
寂しくなっちゃうんでしょうね。
1人で来て、ココでみんなでワイワイ呑んで、一人で帰ると。

マヂ~。そんな世界があるんだ。

この流れはこの業界に長い事いるとよくあるパターンです。
それにあの女性は常習ですね。
本人覚えてるかどうか微妙だけど、前にもココで同じ件をやってるし。
この流れでヤッテしまうでしょ。
んで、今度またココで偶然会ったとしても、あなた誰でしたっけ?みたいな顔して知らない顔するんですよ。
このパターンはもうこの業界じゃ「あるある」です。

マヂか。
この年齢で、そんな世界がある事を初めて知りました。
つまり女性のあの言動をみて、あの常連男性客は「じゃ、相手してやるか」って事で席を立ったわけです。
そして、次回あった時はお互い何もなかったですよ。みたいな顔して別々で呑むっていう。

なんとも雅な大人な世界を目撃してしまいました。

お代は見てのお帰り。