嫁の一撃

嫁、鍵を失くす

毎度毎度の嫁からの入電........。

仕事中に嫁から電話が掛かってくる時は、
ロクなことがない。

ブゥ~~ブゥ~~~

(オレ)『はい。もしもし』

(嫁)『鍵がないのよぅ~~!!!!』

(オレ)『.............』

ケイタイの通話ボタンを押して第一声がコレだ。

(嫁)『先週、金曜日にバァバの家に行った時以来
    鍵使ってないのよ~~!!
    ドコ探しても無いのよ!
    ど~しよ~~!』

(オレ)『ホントにドコにもないの?
     金曜日にいっしょにタクシーで帰ってきたでしょ。
     だから落としようがないじゃん』

(嫁)『..........そうね....』

(オレ)『家の鍵を開けたのはオレだから。
     でも、人間キーホルダーをバッグに入れといて
     突然ボトッと道に落とすことって早々無いと思うよ。
     ってことは、もし落としたとしたら
     タクシーの中かな~』

(嫁)『え~~~。だってあの時のタクシーのレシートなんて
    もう捨てちゃったわよ~。
    車体の色だって覚えてないし......』

(オレ)『う~~~ん。そしたら、もう一回家の中くまなく
     探してみなよ』

(嫁)『もう探したわよ~!これ以上探すトコないわよ』

(オレ)『っんなこと言ったってなぁ.........』

(嫁)『あのさ?』

(オレ)『んっ!?』

(嫁)『念のためだけどさ。』

(オレ)『ん、んっ!?』

(嫁)『パパのバッグの中に無いか確認してくんない?』

(オレ)『んあっ!?なぜにオレのバッグの中!?』

(嫁)『いや、念のためよ。念のため。
    もしかしたら掃除した時とかに
    何かで私の鍵をパパが移動して間違って
    自分のバッグに入れちゃったりとかさぁ。
    あるかもしんないじゃん』

(オレ)『お前~~!オレを疑ってンのか!。
     なんてヤツだ!!』

(嫁)『違うわよ。念のためって言ってんじゃない。
    一応確認してって言ってんのよ』

オレはこの瞬間確信した。

オレが電車内で痴漢の冤罪をきせられたとして、
たぶんコイツは、いの一番で

『あんたなんで人様のお尻なんて触んのよ!!
 変態男!!』

っと罵るだろう。

一番信じてもらいたい人に、
いの一番で罵られるなんて........なんてヤツだ。

考えたくもないが可能性としては、
そちらの確率の方が確実に高い......。

(オレ)『んんんん......わかった。わかったよ。
     バッグを確認しよう』

(嫁)『そう。悪いわね。ちょっと確認してみて』

(オレ)『でも、無かったときはどうすんだよ?』

(嫁)『えっ?まぁ、その時は仕方ないわね。
    諦めるしかないわ』

(オレ)『違う違う。無かった時のオレの気持ちだよ。』

(嫁)『気持ち?.......う~~~ん。
    残念って感じじゃない?』

(オレ)『...........』

(嫁)『なによ?』

(オレ)『...........まぁ、分かった。
     了解。とりあえず見るわ』

(嫁)『よろしくね』

早速、確認してみると案の定、鍵なんて見当たらない。
そりゃ、そうだ。あるわけがない。
あるとしたらトラップを仕掛けられたとしか
考えられない。

ブゥ~~~~、ブゥ~~~~~

嫁から入電。

(オレ)『もしもし』

(嫁)『鍵あったわ~~!
    良かった~~~!!』

(オレ)『.............』

(嫁)『ドコにあったと思う。
    なんとリビングのTVキャビネットの上よ!!
    全くまいったわ~~』

(オレ)『知らんがな!!お前が置いたんだろうが!コラッ!』

(嫁)『ねぇ?パパ。
    あなた未知の生物の存在を信じる?』

(オレ)『えっ!?わからんよ』

(嫁)『私は信じてるんだけどね........』

 

 

 

(嫁)『コレ、小人の仕業だと思うのよね......』

 

(オレ)『.............』

(嫁)『小人ったらイタズラ好きね.......ねっ?』

嫁よ。お前いいなぁ。
お前絶対に精神的に病んだりしなくて.........

スポンサーリンク



-嫁の一撃

Copyright© 目黒からブログ , 2020 All Rights Reserved.