長男、夏休みの宿題の呪縛に苦しむ

長らく続きました夏休みも、
あと1週間で終焉を迎えます。

ウチの長男の極楽生活も来週いっぱいで終わり。
まさしくサマ~見やがれって感じです。
夏だけに…….。

………….ねっ、ホラッ。
こんな丸見えの地雷を踏むくらいに夏休みの
終了を喜んでいるのです。僕は。

大体、夏休みとかいって、
一ヶ月以上も休みやがって、
挙句、遊びたい放題遊びやがって。
オレ達大人だって休みたいのに。

この時期になると小学生達の間も
ザワザワと騒がしくなってきます。

やれドコドコちゃん家でみんなで宿題するだの、
自由研究をまとめてやるだの。

最後の一週間に自分の持てる能力の全てを注ぎ
渾身の力で完了させようと動き始めるわけです。

さて我が家の長男はどんなもんでしょうか?

まぁ我が子ながら、先んじて物事を進めるようなタイプの
人間ではないですから、
間違いなくテンパりまくっているはず…….。

(オレ)『お~~い。お前宿題終わったのか?』

(長男)『……………』

(オレ)『なんか言ったらどうなのよ?
     どうせ全然終わってないんだろう?』

(長男)『ふんっ』

(オレ)『なっ、なんだ!?ふんっ!ってのは?』

(長男)『オレ、もうほとんど終わってるし』

(オレ)『あぁん!?終わってるだぁ?』

(長男)『そうだよ。ほとんど終わってるよ。
     ホラっ、コレをみてみ』

(オレ)『……..おおっ!!』

長男の夏休みの課題をまとめてある箱の中を
覗いてみると、ドリル、習字、日記、夏休みの自由研究まで
既に終了している様子。

(オレ)『お前、どうしちゃったのよ?』

(長男)『オレだって馬鹿じゃないさ。
     いつも最後の一週間でお母さんからボロカスに
     文句言われてっから今年は、やっといたんだよ』

(オレ)『おおっ、お前成長したな』

(長男)『当たり前よ~。
     まぁ、あとちょっと残ってるけど余裕のヨッチャンだから。』

と、まぁ予想に反してちゃんとやっていたようです。
まぁ、なんか拍子抜けな感じもしますがキチンとやってるなら
それに越したこと無し。

今年は何事も無く夏休みが終わりそうです。

そして本日13:00……..

ブ~~ブ~~~ブ~~。
嫁から入電。

(オレ)『はいよ~。どうした~』

(嫁)『ちょっと~~!信じられんないんだけどぉ~!!』

(オレ)『なにがぁ?』

(嫁)『今日、夏休みの宿題最後に一つ残ってるから、
    見てやってたのよ』

(オレ)『知ってる。知ってる。
     こないだ聞いたらほとんど終わってて
     あと一つだけ残ってるって言ってたよ』

(嫁)『そう。んで、それを見てやってたんだけど、
    もう超ヒドくて、どうしようもないのよ~!!』

(オレ)『ヒドイって?…….
     つか、残りの一つってなによ?』

(嫁)『えっ、アレよアレ。
    縦笛よ。縦笛。リコーダーっていうの?アレ』

(オレ)『リコーダー?リコーダーの宿題なの?』

(嫁)『そうなのよ。
    リコーダーで課題曲を吹けるようにしてくることって
    宿題なのよ』

(オレ)『へぇ~。課題曲って何よ?』

 

 

 

(嫁)『”ぞうさん”よ』

(オレ)『へっ!?なに?』

(嫁)『ぞうさん』

(オレ)『ぞうさんって……..。あの童謡の?』

(嫁)『そう』

(オレ)『えっ~~!!
     小4で”ぞうさん”なわけ?』

(嫁)『そうよ。それも”え~っ!!”って感じなんだけど。
    それよりもなによりも、このバカ、
    小4にもなって、ぞうさん吹けないのよ!』

(オレ)『え~!!マヂか!?
     だって、あいつちょっと前にピアニカで
     ミッキーマウスのテーマとか弾いてたじゃん!』

(嫁)『そうなんだけどね。
    3年生からはリコーダーやってんのよ。
    んで、ぞうさんなんか基本中の基本じゃない』

(オレ)『そっ、そりゃそうだろうね』

(嫁)『んで、さすがにコレは簡単に終わるだろうな~って
    見てたら、いっこうに吹こうとしないわけよ。』

(オレ)『ふんふん』

(嫁)『んで、なんで吹かないのって聞いたら、
    ドレミファソラシドをどう押さえるか分からないって
    いうのよ!』

(嫁)『あんた、3年からリコーダーやってんのにね。
    なんでドレミファソラシドも吹けないのよ!
    おかしいでしょ!
    今まで授業中何してたのよって問い詰めたら』

 

 

 

(嫁)『お茶を濁してた。

    とかバカな事いうから頭きてひっぱたいてやったわ!』

    
   
(オレ)『………..』

(嫁)『そしたら、悔しくて泣いてんのよ。
    バッカでしょ~。ッたく。信じらんないわ!』

 

ほとんどの宿題を納期一週間前に終え、
ほぼ完璧なスケジューリングだったにも関わらず、
まさか最後の最後『ぞうさん』でつまづくとは………
さぞや悔しいだろう。

まぁ、あまりにも自分が悪いけどね。
夏休みの宿題が、そんな何事もなく無難に終了するわけが
ないのだ。そういう星回りのわけがない。

ケイタイで嫁の愚痴を聞きながら
その後ろで、長男が嗚咽を漏らしながら吹く
調子っぱずれなぞうさんが鳴り響いていたのだった。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください