崎山蒼志という天才

こんにちは。
ブロフロです。

見つかってしまって、かれこれ1ヶ月近く経つので、ブログに上げるのをためらっていたのですが、でもやっぱり近い未来には間違いなく世に出ると思うので記録として残しておきたいと思い一応記事にしておこうと思います。

崎山蒼志(さきやまそうし)さん。

現在高校一年生の彼を最初に見かけたのはYouTubeでした。
普段から名も無いバンドやらをYouTubeで探していた僕にYouTubeがおススメしてくれたのがキッカケです。

それは、5月9日AbemaTVで放映された「日村がゆく!」というバナナマン日村さんの番組企画「高校生フォークソングGP」に崎山さんが出演された動画でした。

この動画です。
ご確認ください。

衝撃的でした。

ギターをやってる(やってた)人だったら、一発で分かると思うんですが独学でギターやってる人間では決して思いつかないコード進行なのです。

それなりに長い事やってて、それなりに音楽の勉強をしていないと決して思いつかない進行。
だとしても「そこ行かないだろ」という感じなのです。

非常にあやうい進行。ステレオタイプな進行ではなく、そこが逆に魅力的です。
それに加え7th、sus、addとテンションコードの雨あられでございます。
よくもまぁ、こんな進行つくったなぁと感心してしまいます。

普通ね。普通のギターキッズがオリジナルで曲作ったらメジャーコードで
C —>G—>Am—>F—>G—>C
とか、
G—>C—>Am—>D
なんてのが一般的な感じです。
大体そんなもんなんです。

あくまで私見ですが、最初この動画を見ていて「おっ!」っと思ったのが、Bメロの「全ての声の針を静かに泪で濡らすように」の「泪で」から「濡らすように」への展開です。
え~っと、今ギター手元にないので裏取りしてないですが、
Em7(9) —> G7(9)へ進行。ココね。
「おっ!」ってなるでしょ。

ここまで良曲の予感がしてたものが、この展開で確信に変わるんですね。自分の中で。

んで、次に「うわ~」っとなるのが、Cメロから最後にかけてです。
歌詞で言うと

冬 雪 ぬれて 溶ける
君と夜と春
走る君の汗が夏へ 急ぎ出す

の部分。
コードで言うと、これもゴメンナサイ。ギター手元にないので確認してないんですが、CM7—>Am7—>A#m7—>Bm7—>D7って進行です。

このCM7からAm7のダイアトニックコードにいくあたりがシブい。
そこから半音上がってA#m7。
ここで「うぉっ!」ってなります。

んでCメロから最後の「急ぎだす」からCadd9への開けた感じの展開。
ココでスゲ~ってなるわけです。
実際、動画の中で日村さんもおどろいてますね。

コレをみてすぐツイートしてしまいました。

ウチの長男も今年高1なので「これ見ろ。すげぇぞ!」と動画を見せましたが、「へぇ~」っと素気ない反応。
玄人好みなのでしょうかね。いや、そんな事ないと思うんだけど。

その後は、しばらく崎山祭りです。
もう過去の動画を血眼になって見まくりました。
ついでにSound Cloudに上がってた曲もチェックしました。

その中でも、ピカイチなのがコレ。

「造花的Sutekiな夜」

曲名もなかなか逆にイイ感じなのですが、曲が良すぎるのです。
おおたりおさんというこれまた静岡の高校生(現在)シンガーソングライターの方と作った曲だそうです。
音量上げて聴いてもらえると細かい部分がより聴こえて良いと思います。
これ即音源化できるレベルで良曲です。

曲に特化して記事を書いてしまいましたが、歌詞も常人では思いつかないほど詩的です。声もイイ。

彼みたいな人を天才というのでしょうね。
圧倒的です。

始めに書いたとおり、数年のうちに間違いなく世に出てくる人なので、とりあえず記事にしておきました。はい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください