green bean to bar CHOCOLATE(グリーン ビーン トゥ バー チョコレート) NATIVO BLANCO-PERU-73%

2月14日ということでバレンタインデーです。

朝一、奥さんからチョコレートをいただきました。

green bean to bar CHOCOLATE(グリーン ビーン トゥ バー チョコレート)

NATIVO BLANCO-PERU-73% ¥1,620-
(もらったものなので、ちょっと失礼ですが!この方が分かりやすいので)

このお店、中目黒の青葉台にあり自宅から近いので一度行きたいと思っていたんですね。

ただし、チョコレート1枚で¥2,000-弱するので手が出しにくい…..。

誰かくれないかなぁ?っと思ってたところで奥さんから頂きました。感謝感謝。

“BEAN TO BAR”とは、カカオ豆の調達から選別、砕き、溶かし、練って、型に流し成型するまでを一貫生産で行う製造スキームの事です。
このお店では、それをほぼほぼ手作業で行うそうです。

そりゃ高いわ~。って気がしますね。

さらにお店についての細かい事はオフィシャルサイトでご覧ください。

https://greenchocolate.jp/

ちなみに奥さん曰く、

「この NATIVO BLANCO-PERU-73% ってチョコはサロンドショコラで賞、獲ったらしいよ」

というので調べてみると、


(引用元:https://greenchocolate.jp/archives/award/

ホントだ。
なんか賞獲ってる……。

いやが上にも期待が高まります。

実食。

う~~ん。なるほど。

コレは日本人の思っているチョコレートではないです。
僕は明治の板チョコが好きなんですが、それを思って食べると全く違うものです。

カカオ含有量も73%ですからね。

例えるならコーヒーの味に近いです。

僕はコーヒー好きなので、色々なコーヒーを飲むんですが浅煎~中煎のコーヒーの味がに近い気がします。

深煎りのコーヒーの味ではないですね。
深煎りならもっと苦みが強くなります。

このチョコレート美味いです。
お世辞抜きに僕はとても好き!

カカオの風味が抜群にいい。
口の中がカカオの香りで満たされる感じ。
甘さも控えめでカカオを食べてるって感じがします。

「カカオ風味」甘いミルクチョコレートももちろんいいんですが、このチョコレートは別物です。
「これがチョコレートだ」と言ってる感じです。

でも、いつも通り普通にチョコレートだと思って食べたら「ウッ!」っとなる思います。
全く別物なので。

あ~、今後リピートしてしまいそう。
でも手軽に買えない。

今度は自分で行って、ほかの商品も見てみたいですね。

ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

 

関連ランキング:チョコレート | 中目黒駅代官山駅池尻大橋駅

グリーン ビーン トゥ バー チョコレートチョコレート / 中目黒駅代官山駅池尻大橋駅
昼総合点★★★★ 4.0