息子

息子の遠足

昨日、遠足だった息子。

班長に任命されたらしく一昨日の夜から鼻息が荒く、
コースの下調べなどに余念がない。

(息子)『お母さん。明日はオレ班長だから時間とかも
     オレが仕切らなくちゃいけないんだ!
     だから、腕時計していくから!』

(嫁)『ダメよ!ダメダメ!
    ど~せ壊したとか、失くしたとかいって帰ってくるんだから!』

(息子)『なんでだよ!大丈夫だって!』

実は、既に嫁コミュニティで裏情報が入っていて、
クラスで『腕時計を持っている人はしてきてもいいよ!』
ってことになっているらしく、息子はその虚栄心のために
持っていきたがっていることは嫁にはお見通しである。

学校としては子供に時間を管理することを勉強させたい意図が
あるようだが、たぶんそれは空振りとなるだろう。

でも、まぁ、そんなウンコみたいな虚栄心だって成長の証だし
誰に迷惑掛けるわけでもない。
息子の気持ちを尊重してあげるのも親の務め。

(オレ)『まぁ、いいんじゃないの。
    大丈夫だって言ってるんだから。
    持っていかせてあげれば。』

(嫁)『う~~ん..........。そうね......。
   じゃ、いいわよ。持っていっても。
   ただし、池に入ったりとかアスレチックやる時は
   外しときなよ。君の持っている時計は完全防水じゃないんだから。
   あと、何があっても自分で管理するのよ。
   何があってもお母さんに頼ったりしないこと。いいね?』

(息子)『やった~!!ありがとう!
     ちゃんと自分でやるから大丈夫だよ!!』

ってことで、めでたく遠足に腕時計をしていけることとなった息子。
よかった。よかった。

っで、遠足当日の朝.........。

(息子)『ごちそうさま~!!
     よしっ、準備をするか!』

いつもよりも気合を入れて超高速で朝食を食べ終え、
着替えと遠足の最終準備に取り掛かった。

(息子)『................う~~ん......』

(嫁)『?』

(オレ)『?』

(嫁)『なに?どうしたの?
    おなかでも痛いの?』

(息子)『.............違う.....』

(嫁)『そう。じゃ、どうしたの?
    突然だまりこんで。』

(息子)『..............う~~ん。
     あのさ~~』

(嫁)『なによ?』

(息子)『あのさ.........誠に申し上げにくいんですが......』

(息子)『腕時計ってどうやってつけるんでしたっけ?』

(嫁&オレ)『(゚Д゚;)!!?』

『自分でつけることもできないくせに
 どの口がつけてくなんて言ったんじゃ!コラッ!』

っと嫁の強烈な叱咤を受け、
出発に直前に号泣させられたことは言うまでもない...........。

お父さんはお前の遠足が楽しいものであるよう
心からを願っているぞ.........。



スポンサーリンク



-息子
-

Copyright© 目黒からブログ , 2020 All Rights Reserved.