オレの毎日

カピカピのご飯粒

昼飯を食べに会社近くの立ち食い蕎麦屋へよく行く。

いつも ”かき揚げ丼+たぬきうどん” のセットを頼むのだけれど
この ”かき揚げ丼” が曲者で僕が行く昼の14:00~15:00の頃に
なると大概ご飯がカピカピになりかけていて、
カピカピなのは全然構わないんだけど、
カピカピなおかげで、最後の頃になるとご飯粒がお碗に
へばり付いてしまっていて食べ難くて仕方ない。

もう、面倒だからいいや!
っと、ご飯粒だらけのままで返してしまっていいんだけど、
イヤイヤ。お前35歳だろう。一児の父だろう。
自分の子供には、キレイに食べなさいってエラそうにエバッてる
くせに自分には随分甘いんじゃないか?
って声が聞こえてくるようで、なかなかどうしてそんな状態では返し難い。

あぁ、メンドくさいな.......
なんでご飯粒ごときのことで、こんなに悩まねばならんのだ......。

そういえば小さい頃、実家の祖母ちゃんは、
食事の最後に自分のお茶碗でお茶を飲んでたっけな。

昔は、ご飯を食べ終わった最後にお茶碗でお茶を飲み
同時にお茶碗をキレイにしてそのまま食器を洗わず、
はいお終いっていう文化があったらしい。

なんとまぁ、エコロジーかつエコノミーなことか。
そしてなんと不衛生なことか.......。

僕もお祖母ちゃんのマネをして小学校低学年の頃までは
コップを使わず食事終わりにそうやってお茶を飲んでたっけなぁ。
懐かしい。

今となっちゃ、もう無くなってしまった文化なのでしょうかね。

さすがに、ソバツユをドンブリに入れて飲むのはためらいましたが、
蕎麦屋ってことで、蕎麦湯をそのカピカピご飯粒の付いたお碗に
入れて飲み干すと、それはそれはいとも容易くピカピカになった。

”ごちそうさま~”っといつものようにお盆をカウンターに返して
気持ちよくお店を後にしたのでした。



スポンサーリンク



-オレの毎日
-

Copyright© 目黒からブログ , 2020 All Rights Reserved.