新年早々墓参りに行く

今さらですが、
良いお年をお迎えられましたでしょうか?
そして、明けましておめでとうございます。
旧年中は何度も足をお運び頂きましてありがとうございました。
是非、今年も変わらぬ御贔屓の程何卒宜しくお願い致します。

ということで、ご挨拶もソコソコに。

年末年始実家に帰省し東京に戻って早々に
嫁方のお墓参りをしてきた。

自分の所に付きあわせたら、
自ら相手の所にもお付き合いを申しいれる。
そう。それが大事。

嫁方のお墓は上野のほうにある。

10月に行って以来不精していたので、
それはそれは大変なことなっているのだろうと
予想をして、手袋とゴミ袋を用意した。

そのお墓の横には、小さいなスペースがあって
いつ行ってもその部分に雑草の類が
生い茂ってしまっているのだった。

今回もそれを予想しての手袋のゴミ袋なわけである。

嫁、長男、次男を連れ立って上野に向かう。
お寺の門をくぐり、一度、お寺の住職にお伺いを立て、
その後、お寺の軒下を通って裏手に向かう。
途中、誰でも使用できる桶やタワシをピックアップして
目的のお墓の前に到着。

その右隣を確認する。

いや~、予想通り、ちょっとした熱帯雨林地帯に
入り込んだかのような密林状態。

なんで雑草とはこんなに育ちが良いのか?

墓本体の方は嫁と子供等に任せて、
1人ゴム手袋をして、密林の奥へと手を伸ばす。
何か、ムカデとかヘビとか出てきそうで怖いが、
んなこと言ってられる状態じゃない。
無我夢中で雑草を引き抜く。
これでもか!これでもか!根絶やしにしてやるぞ!

額に汗すること約30分。
そのスペースはキレイサッパリ何も無くなった。
やった…..。全滅させてやったぜ。
これでしばらくは、生えてこないだろう。

墓本体もキレイになり一通りいわゆる墓参りを終了。

その後、帰る前にもう一度お寺にあいさつ。

(僕)『ありがとうございました~。
    無事、墓参りも済みました。』

(住職)『そうですか。それはそれは。
     新年早々、良い行いをされましたね~。
     寒い中ご苦労様でした。』

(僕)『いえいえ。では、コレで我々は失礼いたしますので~』

(住職)『そうですか。では、コレをお持ちになってください』

住職から和紙に包まれたお菓子とキーホルダーのような
ものを家族分手渡される。

(住職)『新年ですからね。ご挨拶代わりです』

そうですか。っと、ありがたく頂戴しお寺をあとにする。

帰り道、歩きながら戴いた包みを子供等に手渡す。
手元に残ったキーホルダーを見ると、
お地蔵さんのような顔の描かれたプレート状のキーホルダーだった。

いかにもって感じだな……。

ポケットに突っ込もうとして、フト思いつき、キーホルダーの裏面を見る。
そういうことかぁ……..。その瞬間いろいろ考えさせられた。
なんとそこには、

 

『なにものにも命があります。草木を大事にしましょう。』

と書かれているのだった……..。
当たり年かね。こりゃ。アワワワワ……..。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください