名物オバちゃんを叱り付ける

取引先の担当者に60歳を優に超えたオバちゃんがいる。

ホントに業界というか同業者で知らない人はいないんじゃないか
という名物オバちゃんで、みんなから天然記念物のように崇められている。

得意先、仕入先の枠を超えて、誰からしても『頭の上がらない人』なのは
間違いないのだが、実際70歳を超えるか超えないかという人が、
今まさに最前線で仕事をしている働き盛りの20~30代の
仕事のスピードについて来れるかというとそれは明らかに無理であり、
朝、質問した答えが夕方になっても返ってこず、PCが使えず、
それどころかFAXさえも微妙に渋り、口頭で何千万という
金額の仕事を進行し、挙句の果てに言った言わないの話になって
トラブルをおこすという仕事っぷりは、
さすがにナンボなんでもツライものがあり……..

先日ついに堪忍袋の緒が切れて、怒鳴りつけてしまった。

『中井さん!あのね。
 こんなこと言いたくないんだけどね~、あえて言わせてもらいますよ。
 ちょっと返答が遅すぎるんじゃないの!?
 返答は遅いわ。やっと来たと思ったら間違いだらけだわ。
 これ中井さんじゃなかったら、もっと強く言ってるところですよ!
 御社内だってそうだと思うよ。
 中井さんだから、社長も周りの皆さんも何も言わないけどね。
 実際、他の人が同じことやったら更迭されるよ!普通は!』

ちょっと言い過ぎてるかな?
少なくとも取引先の担当者に対して感情が入り過ぎたか。
この人、たしかウチの担当になって、37年って言ってたな。
ってことは、オレがまだ精子にもなってない時から、
この位置でこの仕事をやってんのか……..。

そう考えるとちょっとスゲェな。

ちょっと、やっぱり、そんな人に対して若造が言い過ぎたかな?……..

っと電話しながら考えていたが一度開いた口が止まらず。

(オレ)『ねっ!中井さん。お願いしますよ。
    分からないなら、せめてメモくらい取って下さいよ。
    それもイヤなら、FAXしますからFAXで返信をしてくださいよ。
    面倒くさがらずに。ねっ?イイ?』

(中井)『………………………………』

(オレ)『なっ、中井さん?聞いてます?………』

(中井)『あっ、すいません。聞いてます。聞いてます。
     分かりました。これからそうします。
     でも、一つ分からないコトがあるんですが、
     教えてもらってもいいですか?』

(オレ)『なんでしょうか?』

(中井)『更迭ってなんですかねぇ?』

(オレ)『えっ!?更迭……..ですか?』

(中井)『そうです。そうです。
     さっき、おっしゃってた更迭の意味が
     私分からへんから、どういう意味なんかなぁ~?
     って思ってね』

うっ、う~~~~ん………..。

『平たく言えば”クビ”って意味ですよ』

なんて口が裂けても言えない………。

(オレ)『いや~。大丈夫ですよ……。気にしないでください。
     忘れてください。』

(中井)『そうですか?更迭ってどんな意味なんですかねぇ?
     気になって今夜も眠れへんから社長にでも聞こかなぁ~って
     思ってるんですよ。
     今日、○○さんに『更迭される』って言われたテね。』

(オレ)『あああぁぁ、ダメダメダメ!
     中井さん。それ聞いちゃダメですよ!
     イイですか?それは聞いちゃダメなことですよ。イイっ?』

(中井)『そうですかぁ?そしたら聞かんようにしますぅ~。
     ホントにいつもいつもスンマセンねぇ~。
     老いぼれ相手だと大変ですよねぇ?』

(オレ)『いやいや、そんな事なんですよ!(汗)
     いつもいつも助かってますから!』

(中井)『せやけど、さっきは”困ってる”って言ゆ~ってはったから』

(オレ)『…………ぅぅぅぅぅ』

勝てない……..。
この人、絶対に『更迭』の意味知ってるし。

故 森繁久彌の老人ブラックジョーク
『今度、病気になるのはいつだったかな?』なみの
海千山千の老獪なやり口に手玉に取られた形のオレなのであった…….。





名物オバちゃんを叱り付ける” への1件のコメント

  1. まとめtyaiました【名物オバちゃんを叱り付ける】

    取引先の担当者に60歳を優に超えたオバちゃんがいる。ホントに業界というか同業者で知らない人はいないんじゃないかという名物オバちゃんで、みんなから天然記念物のように崇められている。得意先、仕入先の枠を超えて、誰からしても『頭の上がらない人』なのは間違いない…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です