降水確率50%は逃げなのか?

(上原)『ありゃ~、明日雨ですね~』

先週、会社で隣の席に座っている上原君が呟いた。

(オレ)『明日、雨なの?天気予報みてんの?』

(上原)『はい。Yahoo!見てるんですけど…….。
     雨だな。こりゃ。降水確率50%だもの』

それを聞いてその隣の澤山君が言う。

(澤山)『50%ってさ~。イメージだと、かなり降るイメージだけど。
     50%だからさ。五分五分なんだよね~』

(オレ)『おぉ~!澤山君。確かに。』

そうなのだ。
降水確率50%は確率二分の一。
『降るかどうか定かじゃないよ。五分五分だよ』ってことだ。
んっ?…………….それって?……

それって、誰でも言えるじゃんねぇ?……..

天気予報を生業としている人達が
『降水確率50%』を予測するってのは、
あまりの『逃げ』ではないか?

(上原)『確かに。逃げですよ。逃げ。
     これで商売になるならオレ毎日降水確率50%って
     予報して稼ぎますよ』

(澤山)『ってか、降水確率ってなにが基準なんだ?』

(上原)『え~~っと……降水確率ってのは、
     ”予報区画内で一定の時間内に1mm以上の雨の降る確率”
     だそうです』

ん~~。区画内か……。
例えば、『東京は降水確率50%』だったとして
東京って言ったって、北は北区とか埼玉に程近いところから、
南は大田区、東は江戸川区、西にいたっては奥多摩町。
結構広い。まぁ、武蔵野は別として区内だけで見ても
北区、大田区の距離は結構あるわけだから
『北区では雨が降る予報だけど、大田区では降らなそう』
って場合は、
『東京は降水確率50%』ってことなのかね?

たぶんそうだよね?

つ~ことは、
例えば東京の10箇所の観測地点を確認して
今後、1mm以上の雨の降りそうな所が8箇所あったとしたら
降水確率80%になるのかね?

う~~ん。そういうことなのかな?不明。

だとしたら、『逃げ』ってわけではなさそうだよね。
しっかりした割り出し方の目安があるってことだから。
逆に、100%とか、0%って言い切る時ってのは、
かなり信用できるってことになる。

(上原)『う~~ん。じゃ、とりあえず広範囲の場合は、
     逃げじゃないとして、ピンポイントの場合は
     どうですか?』

(オレ)『ピンポイント?』

(上原)『そうです。例えば、目黒区のピンポイント予報が、
     50%の時とかですよ。
     それだけ狭い範囲で50%ってのはおかしくないですか?』

(澤山)『でも、まぁ、さっき話した割り出し方をしてるとしたら
     それもありえるよね』

(上原)『それにしてもですよ。
     せめて、それだけ狭い範囲なんだから、
     10%刻みはいらないだろうっていう。』

(オレ)『あ~、なるほどね。
     つまりプロなんだから確率なんていわないで当てろ!と。
     せめて、降る、降らないの2択で答えてくれっとか
     ってことでしょ?』

(上原)『そういうことです!』

う~~ん。上原君の言ってることも分からないこともないけど、
あくまで数字で割り出してることだからなぁ……。

皆さんはどうでしょうか?





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください