嫁の壊れたメリーの件

今日も午後一、嫁から入電。

(嫁)『大変よ~~!!』

(僕)『もしもし?』

(嫁)『もぉぉ~~!大変よ~~!!』

(僕)『おい。電話先が”もしもし”って言う前に
    ”大変よ~!”をカブせんのは無しだろぉ~。
    クセになって他の人にもしてるかもしれないから
    直したほうがいいぞ』

(嫁)『なに冷静にそんなコト言ってんのよ。
    他じゃやらないわよ。』

(僕)『そんなの分からんよ』

(嫁)『そんなコトより大変なのよ!』

(僕)『相変わらず、君は”うっかり八兵衛”みたいなヤツだな。
    んで、どうしたの?』

(嫁)『ウチのミッフィーのメリーが壊れたわ!!』

(僕)『なに?壊れたの?あの貰ったやつ?』

(嫁)『そう』

(僕)『そりゃ、貰い物だもの~。そんなコトもあるよぉ~』

(嫁)『なに言ってんのよ!!
    私にとっては死活問題なのよ!
    アレがないと、この子(次男坊のコト)が
    昼間泣き止まないのよ』

そうなのだ。
我が家の生後4ヶ月の次男は、夜はよく寝るようになったのだが、
いまだに昼間はワンワン泣き続けており、
嫁はとても手を焼いているようなのだ。

彼女曰く、この写真のメリーが動いている間は
(それもしばらくすると飽きてしまい、また泣き出すらしいが)
不思議と泣き止むそうで、
そのわずかな時間に、その日どうしても片付けなければいけない
仕事をやるようにしているらしい。

(嫁)『もう、ず~~っと抱っこよ。
    抱っこ紐してると腰痛くなるし』

(僕)『そうか。なに、動かないわけ?』

(嫁)『違うのよ。動くは動くンだけどね。
    まぁ、話せば長くなるんだけどね。
    さっき、この子があまりに泣いてるんで
    メリーのスイッチを入れたのよね。
    そしたら、ウンともスンとも言わないわけ』

(僕)『ほぉ。なるほど。それで?』

(嫁)『んで、なんでかなぁ~?って思って。
    あぁ!そうか!こりゃ電池が切れてんだわ!!
    って思いついたわけよ!』

(僕)『おうおう。そうだろ。そうだろ。
    なかなかイイとこに気がついたじゃん』

(嫁)『でしょ?んでさ、ちょうど単三電池があったからさ、
    入れ替えてみたわけよ。』

(僕)『ほぅ!それで?』

(嫁)『そしたら、動き出したわけよ』

(僕)『なんだ。動いてんじゃん』

(嫁)『そうなのよ。動いたは動いたンだけどね』

(僕)『うん?動いたのになんか問題あるわけ?』

 

(嫁)『それがさ。困ったコトに
    なんか
    メチャメチャ高速回転なのよ

(僕)『なぬっ!?』

(嫁)『もう、それはそれは、
    めくるめくようなスピードでさぁ~。
    クルクルクルクル。超~~、速いのよ。
    速すぎて目で追えないくらい回っちゃってさぁ。
    この子もあまりの速さに逆に泣き出す始末で…..』

(僕)『マヂか…..。そんなコトあんのか?普通』

(嫁)『よく分かんないけど、とにかくクルクルクルクル
    回ってるのもんだからバシッ!ってスイッチOFFに
    しといたけど……..気味悪いわ……。』

(僕)『………….』

(嫁)『……………帰ってきたら見てみてね』

(僕)『………….』

我が家では、超高速回転するミッフィーのメリーが
今日もクルクルクルクル回っているのだ………



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください