白い卵、赤い卵。たまごの色で違いはあるのか?

スーパーで卵を買う時、

「白い卵にしようか?赤い卵にしようか?」

「赤い方が栄養価が高い」

とか思いながら選びますよね。
赤い方が高級なんじゃないか?なんて思ったりなんかして。

では、実際のところ、色によってどんな違いがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

衝撃の結果が!!

実は、卵の色で品質、栄養、味にほとんど違いはありません。

ほとんどというか「無い」と言った方がよいレベル。

なんじゃそりゃ!!!
それなら白に統一しとけ!

と思いますが、それはそれで難しいのです。

色の違いは鶏の違い

では、なぜ色の違いがあるか?

と言うと、それは卵を産む鶏の種類が違うからです。

鶏といっても1種類ではありません。何種類もあります。
それによって白い卵を産むもの、赤い卵を産むものがあるという事です。

では、なぜ値段が違うのか!?

それは単純に鶏の種類によって食べるエサの量が違うからです。
赤たまごが高いってのは思い込みですね。
白でも赤でも高いも安いものもあります。
鶏の種類の違いだけです。

赤いものが高級な気がするのは、市場で見かける量が違うからでしょう。
圧倒的に白が多いから。赤は貴重な気がするのですね。

思い込みとは恐ろしいですね。

ヨード卵ってのも同じなの!?

でも、ヨード卵ってのがあるでしょ。
あれは嘘なわけ?

嘘ではありません。
ヨード卵は一般的な卵に比べてヨウ素というミネラル分を多く含んだ卵であることは間違いありません。

ですが、先ほども言ったように鶏のよって差はありません。
どこで差がつくかと言うと「エサの内容」によって栄養価が変わってくるのです。

ヨード卵に関して言えば、海藻粉末などを多く含んだエサを与えられた鶏が産んだ卵です。
エサを食べた鶏の体内に多くのヨウ素が流れるため、ヨード卵を産むのです。ヨード=ヨウ素です。

最後に

まとめですが、つまり卵の価格差は

「産んだ鶏の食べたエサの量や内容によって決まる」

ということが言えます。
赤や白は関係ないという事ですね。