長男の三者面談

先日、長男の3者面談があった。

早いもので彼ももう中3。
中高一貫とはいえ、中学から高校へ上がるときは面接があって他の受験生と同じようなスタイルで願書を書き面接を受ける。
面接と中3までの成績を考慮し高校に上がれるかどうか検討され高校に上がる段取り。
願書を受け取ることと同時に、親も面談を受けることになる。

無論、本人には「なぜ、ウチの高校に行きたいのか?」という志望動機が聞かれ、例えば、「将来~になりたいから、こちらの高校へ進学したいです」とか「将来~になりたいので、~大学を志望していて、そのために進学校であるこちらの高校に進学したいです」といった一般的な面接をするので、その準備をするように言われ、合わせて、実際に今の段階でどこの大学を志望しているのかを聞かれたようだ。

「本人の希望は早慶との事でしたが現状の成績から考えると日東駒専が妥当です」

とのことで「それはそれで本人がそれで良ければいいです」と言っておいた。

「早慶に行くならば、ココだけの話、予備校を併用することをお勧めします。彼らはプロです」

まぁそうだろうなぁと。

正直、予備校に行かせる余裕はないし別に早慶じゃないとダメなんて一言も言ってないし。

親はココまでレールを引いてあげた。
もうこれ以上はイイかなと。
もう中3と言えば自分の将来のことくらい、それなりに判断のできる年齢だし自分で考えさせたほうがいいだろう。

僕は田舎の公立高校出身だけど今回長男が東京の私立進学校に入って思った。
地方の高校生からしてみたら、これは厳しい戦いだよなと。

地方の公立高校生と東京の私立高校生では環境が違いすぎる。
東京の私立高校生は周りの意識とか立地とか、様々な環境的に恵まれ過ぎていると思う。
正直羨ましいと思った。
自分がこの環境だったら、もっと戦っていただろうなっと。
これだけ恵まれた環境を与えられてやらなきゃ、もうやらないよね。たぶん。
あとは自分で考えてくれって感じ。
この環境をどう利用するかってのは自分次第。
ウチには下の子もいるし、上と同じことをしてやらないとさすがに可哀想だと思うので、まぁ本人(次男)が望まないなら別にいいんだけどさ。だから、そこまで一人にばかり教育費かけてられない。

私立の先生って結構転職してる人が多い。
今回の担任も私立校を何校も渡ってきててツッコんで聞いてみた所いろいろ話をしてくれた。

某偏差値70以上の学校は基本学校での勉強は気にしてない。
みんな塾の勉強メイン。
どうぞ授業は進めてください。僕たちは自分たちでこれやってますのでって感じだそうな

某60~65くらいの準進学校は、やはり上位10~20%くらいの生徒が上位校の合格実績を叩きだしていて、それ以下の子たちはそれぞれ、それなりの学校に進学している。
まぁ、それはそうだろうと。
面倒見がいいと言われている学校だとしても、そんなもんだと。
教師が生徒のケツを叩くなんてできない。
だから、やはり上位10~20%の意識が高い子達は「これはどうするんですか?」と前向きに勉強するので結果手厚くなるのだそうだ。
学校はどうあれ、やはり最終的に生徒本人の目標とか勉強への向き合い方次第だと。
それを高一の段階で意識させておかなくては間に合わないとのこと。
今の段階で、自分の立場とか今後の事を計算し、今やっておいた方が楽だろうと打算的にまた冷静に判断できる力があるかないかが、なんと言っても大きいと。早熟かどうかが大きいという事だ。これは中学受験も一緒だ。

なるほどね~。
進学校とは言っても、やはり上位が合格実績を叩きだしているわけだね。
HPに「合格実績」はのってても「進学実績」がのってる私立高校って少ないものね。

ちなみにね。都内の私立高校でHPに進学実績をのせてる所ってどこだろ。見た所、開成と武蔵はのってる。麻布、桜蔭はのってない。武蔵は男らしいよ。進学実績しかのってない。カッコいい。進学実績みると興味深いよ。



『7周年』

本日をもって、この拙ブログも7周年を迎えることができました。
ありがとうございます!

今年もあまり更新できませんでしたが、継続することに意味があると勝手に思い込んで続けております。

ウェブログなので本当はもう少し日記のように使うと後から読み返した時、感慨に浸れたりするのかもしれませんが、このブログの使い方として僕自身のどこにも吐きだせない気持ちの掃き溜めみたいになっているので、そんなバンバン日々更新することは無理そうです。

僕にとって、このブログがある事って結構精神衛生上とても大きくて実生活では吐きだせないことを根こそぎ吐きだせる唯一の場所です。

今後ものんびりと更新していきます。
お付き合い頂ける方は今後とも何卒よろしくお願いいたします。

では、恒例のヒット数ですが、昨年の3/28時点でのヒット数が145,600で
今年の3/28時点でヒット数が185,221です。
1年間で40,000弱くらい来て頂いたことになります。

その前の年が年間で42,000来て頂いたので若干少なくなりましたが、この更新頻度ですので……。
ほとんど更新してないのに本当にありがとうございます。

次にリピート率ですが、大体約10~15%くらいです。
昨年同様、GoogleとYahoo!から検索されて来られる方がコンスタントにいらっしゃるので、1日100くらいになっています。

個人日記サイトの何を検索したら引っ掛かるんだというと。

サイトのサイドバーにある「人気記事」というとこがヒットが多い記事になります。
その辺のワードで引っ掛かってくるのでしょうね。

ちなみに、その上にある「おススメ記事」というのは拍手の多かった記事になります。
個人的にはそちらの方をおススメしたいです。はい。

今年もノンビリと継続していこうと思いますので、変わらぬ御贔屓の程、何卒宜しくお願い申し上げます。



こうして乃木坂46 橋本奈々未は絶対的存在になった。

橋本奈々未さんはアイドルグループ乃木坂46に1期生として参加。
2017年2月23日で乃木坂卒業。そのうえ、芸能界まで引退。
所属中全て選抜入りした乃木坂内でも御三家と呼ばれたメンバーでした。

アイドルになった理由もなかなか男前で。

乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE ~橋本奈々未卒業コンサート~

【乃木坂46】 橋本奈々未 バナナマンに卒業の真実を語る 「めっちゃ貧乏だった、弟の学費のメドがついたんです」20161030 HD 

貧乏だった実家の家計を考え弟を大学に行かせるためアイドルになり、そのメドがついたので乃木坂を卒業。そして芸能界を引退。

この理由で、なおかつ、その引き際の良さ。

乃木坂に興味の無い僕でもカッコいいと思ってしまう。
人気絶頂期に解散したBOOWYが伝説になったように彼女もまた伝説になるでしょう。

上でリンクした乃木坂冠番組のMCバナナマンとのインタビューや引退を表明したオールナイトニッポンを聴くと、聡明な人なんだろうなと容易に理解できます。
アイドルに興味の無い人も何か感じることがあるのではないでしょうか。

乃木坂46橋本奈々未卒業発表の様子

欅坂46の曲が非常に良くて、最近その流れで冠番組を見漁ったり、
そのまた流れで乃木坂の情報なんかも見聞きするようになったライトなファンとして、アイドルに興味のなかった者としてアイドルオタクになる人の気持ちがちょっとわかった気がします。

僕たちが若い頃ってのはアイドル=「性の対象」という位置づけがほとんどだったと思うのです。
情報と言えば雑誌のグラビアだったりインタビューだったりしてアイドルは自分のタイプの女の子でした。
情報を得る場、伝達する場が少なかった分アイドルは一番良い部分を切り取られ発信することが主流でした。

しかし、時代が流れこれだけ情報を無尽蔵に発信できる時代になり、
アイドルのスタイルは変わったのでしょう。
彼女たちの様々な部分を切り取って発信できる時代になりました。
良い部分だけでなく、悪い部分、普段の姿、日々の出来事、なんでも。
アイドルは象徴や雲の上の存在ではなく、手の届きそうな身近な女の子になったのです。

そういう意味で、今のドルオタの人たちというのは、もちろんカワイイ、自分の理想の女性としてアイドルを見ている人もいますが、そうでない人も大多数いて彼らは彼女たちを家族のように思い応援しているのです。

AKB,坂道の新人アイドルに冠番組をつけるスタイルはそのためです。
新人なのに生意気と思われますが、営業戦略的には冠番組は不可欠なのです。

新人アイドルの奮闘記、成長を記録しそれを発信するための場として冠番組が無ければ営業が成り立たないのです。
素人の女の子が頑張って成長していく姿を見て胸を打たれ彼女たちにハマっていくという構図なのですから。
AKBが会えるアイドルであったように、乃木坂や欅坂はテレビで成長を常時確認ができるアイドルなのです。
そんな普段から成長を見守っているアイドルとたまに会える、握手ができる。
否が応にもファンの興奮はピークに達しますね。そういうことなのです。

そのように普段から彼女たちの良い部分、悪い部分をひっくるめて人となりを愛しているケースが多いので、その愛情は家族に向けられるものと同じように非常に深い。
また、誰か一人というよりはグループ全体に対して愛情を持っているファンが非常に多いように思います。

それを踏まえると、今回の橋本奈々未さんの引退はファンの心中は並々ならないものがあるでしょう。
今まで家族のように見守っていた人が消えてしまったのだから。心中お察しします。

しかしアイドルがこんなに面白いとは思いませんでした。
世の中にはこんな感情になることがあるのだなっと。
まぁ、でもそこは性格的に深入りすることはないのだけれど。

あまちゃん以来朝の連ドラを見続けているのですが、それと同じように今後もライトファンとして乃木坂、欅坂の番組は見続けるだろうし、曲も聴き続けることになりそうです。

しかし連ドラとの決定的な違いがあるとすれば家族の理解が得られないことでしょう….
言ったら最後、たぶん気持ち悪がられるだけ何も良い事がなさそうな気が……