息子

義母と息子のパーマンなぞなぞ

昨日は、敬老の日ということで、
近くに住む義母といっしょに食事をすることになった。

やはり歳をとるとプレゼントなんかよりも
娘夫婦や孫といっしょに食事をする方が断然嬉しいみたいで、
それでなくても以前にもココで紹介したとおり
『目黒のバッカス』との異名をとる義母だけあって、
嬉しさのあまり酒が進んで仕方がないようだ。

さぁ!宴もたけなわ。

完全にデキ上がった義母と、
日頃から藤子不二雄をこよなく愛する我が息子の『パーマンなぞなぞ』の始まりだ!

(息子)『バァバ、じゃ、問題いくよ。
     パーマン1号の名前はな~んだ?』

(バァバ)『そうね~。わかんないわね~。ヒント頂戴。ヒント』

(息子)『じゃ、下の名前は「ミツ夫」だよ』

(バァバ)『せんだみつお!!』

(息子)『ブブ~~。違うよ。須羽ミツ夫だよ。
     じゃ、パーマン2号は?パーマン2号はチンパンジーだよ』

(バァバ)『わかった~!!バブルス!!』

(息子)『違うよ~。ブービーだよ。
     じゃ、3号は~?3号は?3号は女の子だよ』

(バァバ)『田中好子ちゃん!!』

(息子)『違うよ~。星野スミレだよ。パー子とも呼ばれてるんだよ』

(バァバ)『スミレ~?随分、古めかしい名前ね~。
      両手から次々に花でも出しそうな名前ね~。
      パー子っだって!?やだわ~!よく教育委員会からクレームが
      来なかったもんね~。パー子なんて。
      やっぱり全身ピンクなの~?や~ね~。』

(息子)『そうだよ。パー子っていうんだよ。
     パーマン4号は「パ-やん」っていうんだよ~』

(バァバ)『えっ!?( ゚Д゚)』















(バァバ)『ベーヤン!?( ̄Д ̄)』


horiuchi1.jpg

『センキューッ!』

(無断転載すいません.....)


(バァバ)『ベーヤンは堀内孝雄じゃないのよ~。ウシャシャシャシャ!』

(息子)『違うよ~!パーやんだよ~!』

(バァバ)『ウシャシャシャシャシャ.........』

酔っ払いによる「言いたいだけのなぞなぞ大会」は、
ず~っと続くのだった......。

スポンサーリンク



-息子
-

Copyright© 目黒からブログ , 2020 All Rights Reserved.