僕らの冤罪

部長がつぶやいた。

(部長)『昨日さ、「それでも僕はやってない」を観たんだけどさ。
     スゲェ怖くなっちゃってさ。
     今後のオレの通勤に影響を与えそうだよ』


o0515072811157058850.jpg


(僕)『あぁ~、部長、東西線ですもんね』

(上原)『東西線は冤罪の巣窟ですよ。アレは』

(澤山)『東西線は本物の痴漢なのか、
     それともどうしようもなくて触ってしまってるのか
     判断のしようがないですよね』

(僕)『そうそう。葛西から茅場町まではヤバイね。アレは』

(部長)『でね。痴漢呼ばわりされてね。
     
     「じゃ事務所まできてくれる」って言われて
     
     頭に血が上っちゃってさ。
       
     「あぁっ!ドコにでも行ってやるよ!オラッ!」
     
     なんて、事務所に入っちゃったら最後、
     もう、やってようが、やってまいが有罪みたいなもんらしいよ』

(僕)『へぇ~。そうなんですか』

(部長)『うん。だからね。できるだけ調書とったりする前の段階で
     食い止めたほうがいいらしい。
     例えば、疑いかけられたらパ~ンっと名刺なり免許なりの
     身分証明書出して、逃げも隠れもしないからココに連絡くれと。
     今は時間がないから。必要であれば後でココに連絡してくれと。
     やったほうがいいらしい』

(僕)『なるほどね。流れで事務所なんていっちゃったら、
    もう拘束されたも同然ですもんね。
    流れで警察に通報されて、流れで任意同行させられて
    調書取られたら、もう終わり』

(部長)『そういうことらしいよ。
     だから、もし事務所に行ってしまったとしても自分から
     ワ~ワ~騒がないで相手の出方を待ったほうがいいんだってさ。
     もし、駅員とかが『痴漢したんでしょ?』なんて言ったもんなら
     名誉毀損って形で反撃できるし、そのまま事務所で長時間待機って
     ことになったら逮捕・監禁罪?っての?それで反撃できるとか。
     オレ速効会社の顧問弁護士の電話番号携帯にいれたもの。マヂで』

(澤山)『なるほどね~。いろいろとテクニックがあるわけですね』

(部長)『うん。オレも又聞きだから軽く聞いといてほしいけどね』

(上原)『部長。軽くも何もその状況にならないことが先決ですよ~』

(部長)『まぁ、そうね。でも、冤罪ってのは自分は望まなくてもやってくる
     ものだからね』

(オレ)『そうですよね。抗えるものじゃない。
     タイミングの問題ですもんね』

(部長)『そうなんだよね。だから怖いよね』

(上原)『だから、アレですよね。
     女性専用車両みたいに。男性専用車両も作りゃいいんだ』

(澤山)『それはいえる。
     もういっそのこと女性、男性別々にすりゃいいんだ。
     もちろん、ラッシュ時だけね。
     大体。え~~っと、7対3くらいの割合で
     全車両、男性専用=7、女性専用=3にしちまえばいいんだよ』

(上原)『いいすね。それは。絶対に冤罪がおこらない』

(澤山)『んで、間違って乗っちゃった場合は、
     何があっても文句言えないみたいな』

(上原)『うわっ!澤山さん。なんか興奮すんな!それ!』

(僕)『アレだろ。OLが急いで列車に飛び乗って間違って
    男性専用車両に乗ってしまう。
    その場合、間違って乗ってしまったほうが悪いから、
    何があろうと仕方ない。あぁ、哀れなOLの末路。
    って、安いAVのシナリオじゃないんだから。
    バカ言ってんじゃないよ。ったく』

(部長)『お前達みたいな妄想族がいるから犯罪が起こるんだよ。
     そして、同時に冤罪が起こるんだよ。』

様々な意見が交わされた我が部署の活発な朝一の会議でした……。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください