あなたの知らない世界

昨晩、久しぶりに夢を見た。

普段は全く夢なんて見ないんだけど
昨夜はウチの次男坊(生後3ヶ月)が
なんと夜の12:00から今朝7:00まで
一切起きずブチ抜いた事もあってか、
久しぶりに夢を見たようだ。

たまに見るんだから、
楽しい夢にしてくれればイイのに
それはそれはイヤ~~な夢だった。

それはこんな夢である。
…………………

夢の中で僕はいつものように寝ている。

仰向けで寝ていると、
徐々に体が重くなってきて、
まぁ、だからと言って金縛りになってるとか
そういうんじゃなくて動くことはできるんだけど
どうも重い感じがする。

寝苦しいなぁっと思っていると、
今度は首が苦しくなってきて息をするのも
やっとって感じになってくる。

うぅぅぅぅ。ヤバイ。ヤバイ。
このままじゃ死ぬ……..

っと思ってパッと目をあけると

モーニング姿にシルクハットに革靴。
手は白い手袋をしていて、顔は真っ白な布で
覆われていてのっぺらぼうのような感じの
(20世紀少年のトモダチのトモダチマークの無いような顔)
大柄な男が僕の上に覆いかぶさって、
首を絞めている。

さすがにビックリして声をあげると、
その瞬間にス~ッと頭の方から蒸発するみたいに
消えてなくなるんだ。

夢の中の僕は、あまりのことに驚いて
隣に寝ているはずの嫁に声を掛けようとするんだけど
そこに嫁の姿も無く、その脇のベッドに寝ているはずの
次男坊の姿もない。
長男の部屋に行ってみても長男の姿もない。

………….っと、そこで飛び起きた。
時刻は朝6:00。うわ~、イヤな夢を見た…..。

いつものように朝の準備をしていると、
嫁が起きてきた。

(嫁)『おはよう。あぁ、よく寝た。
    この子(次男坊)昨日一回も起きなかったわね』

(僕)『ホントだな。スゴイよな。3ヶ月で』

(嫁)『ホントホント。
    なんか女の子ってこんな感じらしいわよ。
    だから楽なんだってさ』

(僕)『へぇ~』

(嫁)『……..つかさ。昨日の夜。知ってる?』

(僕)『んっ!?何が?』

(嫁)『昨日の夜中、私一回起きたのよ。
    なんか物音がして』

(僕)『ほぉっ』

(嫁)『なんだろう?っと思ったら、
    玄関の新聞受けのトコをバンバン押す音がしてさ』

(僕)『…………….』

(嫁)『その後、ドアノブをガチャガチャ回す音がするのよ。
    もちろん、鍵が閉まってるから、それで終わったんだけど』

(僕)『ほっ、ホント?んでも、なんで俺のこと起こさないんだよ?』

(嫁)『イヤイヤ、私も寝ぼけ眼で怖くなっちゃってさ。
    そのまま布団かぶって寝ちゃったのよ。
    ただの酔っ払いだって言い聞かせてさ』

(僕)『コワ~~~………』

(嫁)『ねっ?コワいでしょ?』

イヤイヤイヤ。
君のコワいと、僕のコワいのレベルは今の段階で
天と地の差がありますから……。

まさか僕の夢って、嫁が見たものの続きが
そのまま入り込んできてんじゃないだろうな?……..

これ以上、嫁をビビらすわけにもいかず、
夢の話は僕の心のブラックボックス行き。

チキンな僕は今まさに夜が怖くて仕方がない。

今夜は眠れそうもないな…….。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください