デジタル一眼カメラが欲しい

デジタル一眼レフカメラが欲しくなって半年。
いまだに買えずにいた。

欲しくなったきっかけは、
オリンパスのPENの白を渋谷のヤマダ電機で見かけたことだった。


pen.jpg


う~~ん。
なんとオシャレなフォルムか……。
何気なく手に取ってイジッていると、
次から次へと女の子がこのPENを手に取っては店員と話をしている。
一度カメラを置いて、ちょっと離れた所から観察していると
何とも不思議な光景を目にした。

ヤマダ電機渋谷のカメラコーナーは地下にあるのだが、
カメラコーナーらしく男だらけで、しかも結構オッサンが多い。
んで、カメラってのは黒が多いから並んでいる姿をみても
真っ黒で、とてもじゃないが華やかな感じはしない。
非常~に地味な感じである。

グルっと、見渡してみると、オリンパスのコーナーで
真っ白なカメラが、ひときわ異彩を放っていた。

それがPENだ。

また、スゴイことに他のカメラが大して売れてないのに
PENだけバカバカ売れているではないか。
数10分観察していただけで、その日は4台売れていた。
しかも、買ったのは全て若い女性である。

カメラ女子………。

カメラ女子だ。
あの無骨な黒いカメラは女性には持ちづらいだろうけど
この白いPENは小振りだしカワイイ。

この時、オレの心にも火がついた。

オレだってカメラ欲しい。

ベタな話だけど嫁が妊娠して二人目ができるし、、
今、使っているコンパクトデジカメも6年以上も前の化石状態だし。

でも、35歳オッサンのオレが白PENを持つことは、
若干PENにも悪いし、カメラ女子諸君にも悪い気がする。
PENは確かにカワイイが、オッサンはオッサンらしくゴツイの買おう。
と決めたのだ。

色々チェックして、初心者らしくキャノンかニコンの
エントリーモデルを買うことに決めた。
もろもろ考えると約10万円くらいかかる。

オレだって、35歳のイイ歳をしたオッサンだ。
手元に数十万の軍資金はある。
しかし、それはもしもの時の出費や、
もろもろ使うアテが無い事もない金だ。
ココでカメラなんぞ思いつきの物欲の為に
使うわけにはいかない。

アブク銭で10万集めるしかない…..。

根がマジメなオレは、その日から何とか10万を
捻出できるように節約を始めた。
昼飯を外食から手作りの弁当に変更し、
毎月の細かい出費を控え、コツコツコツコツ貯め続けた。
途中、ボーナスが出たので数万円はそこから拝借したものの
自分でも

オレって我慢強いなぁ

っと思うくらいコツコツと
ついに、今月で10万円のアブク銭を作り上げたのである!
毎月、スズメの涙ほどの小遣いともいえない程の金額から
よくもまぁ作ったものである。オレエラい!!

こうなると、アブク銭とは言えない。
血の滲むような努力によって作り上げた手垢のついた
大切な金である。

よし。
資金のメドはついた。
次はアイツだ。
嫁だ。
嫁を説得せねば。
この壁が高い。しかし、この壁を越えねば
次のステージには辿り着けない。
よし。ちょっとタイミングをはかろう。

っと、この躊躇がこの後の悲劇を生んだ。
それは、先週の土曜日の夜のこと。

(嫁)『ねぇ。ちょっとさ。』

(オレ)『んっ!?なに?』

(嫁)『そろそろ結婚記念日なんだけど( ̄▽ ̄)』

(オレ)『(;゜Д゜)ギッ、ギクッ!!』

(嫁)『10年目なんだけど( ̄▽ ̄)』

(オレ)『(;゜Д゜)………..』

まっ、まさか……!?

(嫁)『スイート10ね!( ̄▽ ̄)』

スイ~ト10入った~~~!!!!(;´Д`)

(オレ)『へっ、へぇ……。
     スイート10て……..お前狙ってるヤツって
     いくらくらいするわけ……?』

(嫁)『えっ~!?そりゃ、プラチナでダイヤ10個入ってるわけだから…..』

(オレ)『(;´Д`)・・・・・・・・・・』

(嫁)『どんだけ安くても10数万はするんじゃない?( ̄▽ ̄)』

(オレ)『(;´Д`)・・・・・・・・・・』

(嫁)『そりゃ、奥さんへの10年間の感謝を込めた贈り物だから。
    そのくらいの用意はしてるでしょうけどね!
    イイ歳したオッサンなんだから』

(オレ)『(;´Д`)・・・・・・・・・・』

(嫁)『何言おうがワタシャ買ってもらうわよ!!( ゜Д゜)』

(オレ)『(;´Д`)・・・・・・・・・・』

(嫁)『絶対に!!ヽ(`Д´)ノ』

翌日の日曜日、引きずられるように新宿に行き、
12万のクレジットカードの伝票に
オレが泣きながらサインをさせられたことは
言うまでも無い………(;つД`)

つか、10万超えてるし…….(;つД`)
何だったんだ。オレの努力は。

遠い遠い夢のカメラよ……。

※言っときますがコレは紛れも無く脚色無し正真正銘の実話です。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です