苺大福と四季

昼飯はラーメンを食べようということで
オッサン4人で人形町のほど近くまで歩き
食べ終えた帰り道、下町らしい和菓子屋を見つけた。

(西尾)『おっ!和菓子屋だ!
     ”苺大福”買ってもいいですか?』

(部長)『いいよ。それにしても中々雰囲気のある店だね』

(上原)『昔からありますよね。ココ』

(僕)『ホント、気付かなかったな』

(西尾)『すいませ~~ん。
     苺大福ありますか?』

(店主)『ごめんなさいね~。
     苺大福は季節じゃないから。今はないんですよね~。
     もう少し待ってくださいね~』

(西尾)『あちゃ~そうですか~。
     では、豆大福を4つください』

(店主)『はい。ありがとうございます』

代わりに、でっぷりと丸く大きい豆大福をいただき店を出る。

(西尾)『いや~。和菓子屋に苺大福が無いなんて
     考えられませんよ』

(僕)『そうだね。今の世の中、希望のモノが無いなんてコト
    滅多にないからな~。
    コンビニやイオンに行けばいつでも何でも売ってるし。
    ”今は季節じゃないから”って理由は新鮮だよね』

(部長)『ホントだね。
     でも、それって実はスゴク大事な感じするよね。
     モノが溢れる世の中になって一年中お望み通りのものが
     手に入るようになって確かにとても便利な世の中なわけだけど。
     便利になった代償として昔から四季がある日本の文化というか、
     習慣というか、季節を楽しむ心みたいなものが、
     徐々に日本人の中から消えていってるってことだからなぁ』

(上原)『それ言えますね。食べ物に関しては特に。
     食べる気になれば、何だって調達できますもんね。
     でも、やっぱり季節ごとに旬の美味しい物があるわけで、
     例えば、今なら栗だったり、柿、梨、きのこ類、秋刀魚とか。
     冬は、大根、みかん、りんご、魚なら鰤(ぶり)、鱈(たら)、牡蠣(かき)』

(西尾)『上原さん。詳しいですね。』

(部長)『昔は、いつでもなんでも食べられなかったから、その季節に
     美味しい物を探して食べたわけだよね。
     同時に、”この食べ物が美味しいから、この季節がやってきたなぁ”
     と感じることができたわけだね』

(西尾)『そうですね。確かに。
     僕なんて、毎日、朝飯は菓子パン。昼は蕎麦。
     夜は肉類。ハンバーグとか、餃子とか。あとはオムライスとか。
     季節に関係ないものばっかりですからね。
     しかも、内勤で外に出ないから、
     ほとんど季節を感じることはないです。』

(僕)『これからは意識的に季節のモノを食べたりするように
    心がけるとイイかもね。心が豊かになる。オレもそうしよう』

秋空に豆大福を頬張りながら歩くオッサン4人でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください