ジョゼと虎と魚たち/田辺聖子

恒夫は叱られて所在なく、
「また、来るわ」
と立ち上がったら、
「来ていらん!もう来んといて!」
と激しくジョゼはどなった。

「・・・・・・ほな。・・・・・・さいなら」
恒夫は腰を上げなくてはしかたがない。
ドアの前でスニーカーを履こうとしたら、
「なんで帰るのんや!アタイをこない怒らしたままで!」
ジョゼが息を切らしていう。

「どないせえ、ちゅうねん」
「知らん!」
「・・・・・・帰るわ。僕」
すると、かんじきの杖が背に飛んできた。ふりかえると、
ジョゼの大きい眼に涙がたまっており、
「クミちゃん」
と恒夫がいうと、涙をためたまま、
「早よ帰り。早よ帰りんかいな・・・・・。二度と来ていらん!」

昂奮してまた息を忙しげにもつらせるので
恒夫は出られなくなってしまう。
大丈夫かなぁ、と恐る恐る寄っていったら、
「帰ったらいやや」
とすがりつかれてしまった。
「帰らんといて。もう、三十分でも居てて。
テレビは売ったし、ラジオもこわれてしもたし、
アタイ淋しかったんや・・・・・・」

「何や、僕、テレビやラジオ代りかいな」

「せや。このラジオは返事するだけマシや」

ジョゼは泣き笑いしていい、恒夫はにわかにジョゼが可愛かった。

(以上、ジョゼと虎と魚たちからの引用)

初めて田辺聖子の『ジョゼと虎と魚たち』を読んだ。
今まで、その奇をてらったようなシャレたタイトルが
ど~も好きになれず、有名なもんだから、
そこかしこで見かけるものの敬遠していた作品。

高田郁作品を全て読みきってしまい、
次の作品を物色すべく書店をウロチョロしていたところ
パッと目に付いたもんで
『じゃ、そろそろ読んでみるか~』
っと手に取った次第である。

読み始めて、とりあえず、いの一番にビックリしたことは、
『なんだよ。コレ。短編集なの?聞いてないよ~』
そう。
ジョゼ虎(もう長いので略します)は、短編集なのである。
んで、その中の一つとしてジョゼ虎がある。

映画にもなったくらいだから、それなりのページ数あるのかと
思いきやあっさりと終わり。
ホントに短編だ。
ビックリした。

けどね。けど。

小説ってのは長けりゃイイってもんじゃないってことが
今回分かりました。
いや~、よかった。グッとくるもんがあるね。

この記事の冒頭に一節を引用したんだけど、
読んでみてどうですか?どう思いますか?

こんな言い方すると無粋だけど、
読んで頂ければお分かりの通り、
この二人のやり取りは、それはもう、
ツンデレ中のツンデレ。
ツンデレの王様って感じ。

もちろん、人にもよるとは思うんだけど、
僕は基本的に『生意気な』『気の強い女性』が
好きなのでみょ~にグッときてしまいました。
特にジョゼの場合は、足が悪いのにってトコが
たまらなくいとおしい。
差別的にとられる方もいらっしゃるので、
表現が難しいですが、
いとおしい。というか、切ない。というか。
とにかく、胸が締め付けられるような
たまらない気持ちにさせます。

分かりますかね?

まぁ、とにもかくにも読んでいただきたいです。
これも即読了できると思います。

思い返してみると、
僕の好きな作品群(本だけでなく)は、どれもこれも
気の強い女性が出てきます。
やっぱりフェチなのだろうなと思う次第です。

例えば、このブログでよく登場する岩井俊二作品

・打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

あと、岩井俊二で言えば、

・LOVE LETTER

もそうですね。

それから、氷室冴子の書いた

・海がきこえる(ジブリアニメもありますね。コレは)

このように並べてみると、
どのヒロインも心に傷を抱えながらも
凛としている女性ばかり。

つ~ことは、今僕が恐妻家であることは、
運が悪かったわけでもなんでもなく、
必然であったのではないか?ということになります。

いやいや、そんなコトはない。
そんなコトはないはず。
大体、ウチの嫁に心の傷なんてもんはあろうわけがない。

くわばらくわばら……。

  

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.