「笑いたくない」と言えるアイドル

破竹の勢いでアイドル業界を牽引する欅坂46。

一部で「欅坂劇場」とも揶揄される彼等のスタイルは、たしかにアイドル業界に新たな形を作ったように思う。

こんなエピソードがある。

コンサートの煽りをする時、メンバーの志田が真顔でやってたので、キャプテンの菅井が「もう少し盛り上げてほしい」と言ったところ、志田が

「自分を偽ってまで笑いたくない」

と言ったという。
これはインタビュー中の笑い話のようなものでウソかホントは分からない。
けど、これって象徴的なエピソードだと思う。

インタビューでコレを言えるということは欅坂46は、自分が笑いたくない時「笑いたくない」と言えるアイドルだという事である。

かつてのアイドルは自分がツラくても応援してくれる人のために笑うし頑張るという健気さがあって、それに心を打たれたファンが神輿を担ぐという側面を持つ文化であったと言える。

欅坂46はそうではなく周りから何を言われても
「自分らしく生きる事を主張して、それに同意してくれる人は、付いてきてくれればいいし、わかってくれない人は別にいいです」というスタンスが取れる。
それはかつてないアイドルのスタイルである。

「お客様は神様です」という買い手市場であったアイドル業界に、「私達の主張やセンス、スタンスが分かる人だけ買ってくれればいいよ」という、いわゆるハイブランドの洋服のような売り手市場なチャネルを作ったと言える。

その上、さらに凄い所は、彼等にはそれだけ売り手市場になれる特質すべき点がないという所である。

歌も格段うまいわけではない。
容姿も他のアイドルとそれほど変わらない。
ダンスもそんなズバ抜けているわけでもない。
喋りがうまいわけでもない。

でも、そんな私達だけど
「他人からの評価は関係ない。自分の意思を貫くんだ」
というスタンスなのである。

「不器用で取り柄もないけど、自分の意思だけはしっかり持ちメッセージを発信する」
この部分に共感する新たなファン層を開拓したと言える。



立場は高く、腰は低く

仕事上、営業マンと言い争うことが多い。
40歳にもなると、大半が年下で後輩だったり部下だったりするので一方的にガミガミ言って終わるパターンが多い。

「お前、何年やってんだ!段取り考えろよ!」

って具合に。

そして、営業が去った後、

(あ~、アイツも子供いるんだよな。5歳だっけ。アイツも人の親なんだよな。言い過ぎたな…)

っと自己嫌悪に陥る。

やはり、仕事上どうしても頭にきて怒鳴り散らしてしまうことがあるんだけど、それってやっぱりやっちゃダメだわな。改めて思うけど。
お前、何様だよって話で。
あくまで会社と契約してたまたま隣で働く事になった人なだけだからさ。
上下はあるけど、怒鳴り散らす程の権限はない。

そういう事、お構いなしに
「オレが言ってんだからやれよ」
ってタイプの人がいる。
情けない。

立場が上に行けば上に行くほど、腰は低く低く行かないと。



正月とはなにか?

早いもので今年ももうすぐ終わりです。
今年も早かった。

年々、年を経る速度が増している気がします。
その昔、マツコデラックスさんがTVで
「人間は高齢になればなるほど、時間の進む速度にオーバードライブが掛かって速くなっていく。
そうでもないと80年も90年も生きられないわよ」
っとおっしゃっていましたが、その通りなのかもしれません。
若い頃の感度で90年も生きていたら疲れてしまいます。

ってことでお正月も近いですが、お正月ってのはNew year Greeting、年の始めを祝う月であることは間違いないのですが、神道的に歳神を迎える行事です。
歳神とは豊作の神でして、その神が各家々に来てくれるのを迎えるわけです。

年末からのスキームとしては、

人が持っているとされる108つの煩悩を
年末年始の除夜の鐘で落とします。
(だから除夜の鐘は108衝くことになっています)

各家の門戸を開き、歳神様が来るのを待ちます。
その際、餅を飾っておいて、その餅が歳神の座る場所になります。
それが鏡餅です。

その歳神様のパワーが宿った餅を食べる行事が鏡開きになります。
歳神のパワーを自分たちの体に入れる儀式になります。

一方、仏道的にはお正月は「冬のお盆」です。
お盆ですからご先祖様が帰ってくるのを迎える期間になります。
そのための儀式ということになります。

なんで違う意味があるんだよ。っと思うかもしれませんが、神道では人も動物も死ぬと魂が神になるということですので、とどのつまり、歳神様というのが自分たちの先祖だったりします。

そのように広くとらえた場合、神道的にも仏道的にも先祖を迎える期間ということになります。

日本にはこのように同じものでも違う呼び方をするものが結構ありますね。
例えば、「ぼたもち」と「おはぎ」なんてのは、両方とももち米を丸くこねたものをアンコで包んだものですが、

春の彼岸に供物として使用されるときは、春の花「牡丹」にちなんで「牡丹餅」=ぼたもちと呼ばれます。

一方、秋の彼岸の供物として使用されるときは、秋の花「萩」にちなんで「御萩」=おはぎと呼ばれます。

同様に夏は夜船。冬は北窓などと呼ばれたりします。

おもしろいですね。